COFFEE LIFE

コーヒーの始め方【超初心者向け・最低限抑えるべきポイント】

コーヒーの始め方【超初心者向け・最低限抑えるべきポイント】
男性の口コミ
男性の口コミ
家でコーヒーを淹れたい。
趣味としてのコーヒーを始めてみたい。
女性の口コミ
女性の口コミ
でも、どうやればいいの?
道具は何を買えばいいの?
コーヒー豆はどう選べばいいの?
抽出のやり方は?
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
こんな感じで、最初はとまどいますよね。

この記事ではそんな悩みにお答えして、コーヒーの初心者がつまずくポイントを全て解説。

読むだけで、失敗無くコーヒーの第一歩を踏み出せるようになります。

自己紹介

コーヒー初心者の始め方・まずはペーパードリップ

コーヒー初心者の始め方・まずはペーパードリップ
コーヒーの淹れ方には色々ありますが、まずはペーパードリップから始めるのが定番です。
なぜなら、

  • 道具が安く揃えられる
  • 手入れが簡単
  • 微粉や油分をカットし、飲み易い

このようなメリットがあるからです。

ただ、デメリットとして

  • お湯の注ぎ方にコツがいる
  • 風味が安定しない

このようなことが言われます。

アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
でも安心してください。
この記事を読むだけで、抑えるべきポイントが分かり、簡単に美味しくコーヒーを淹れることができます。

コーヒーの始め方・最低限揃えるべき道具

コーヒーの始め方・最低限揃えるべき道具
コーヒー初心者が揃えるべき、最低限の道具をご紹介します。

ドリッパーとペーパーを買おう

コーヒードリッパーの形
まずはコレがなくては始まりません。ドリッパーを選び、それに合うペーパーを購入しましょう。
ドリッパーには台形と円すい形がありますが、ほぼ一緒なのでどちらでも構いません。

ドリッパー・ペーパーともに100円均一で購入できます。この2つだけあればコーヒーを始めるには十分です。

コーヒードリッパーの選び方【初心者向け】種類や特徴を解説
コーヒードリッパーの選び方【初心者向け】種類や特徴を解説【初心者向け】コーヒーのドリッパーの選び方。 台形や円すい形、ひとつ穴や3つ穴、リブという内側の突起物の形、樹脂やガラスなどの材質、色々と違いがあってどれか迷いますよね。でも、選ぶときの最低限抑えるべきポイントは、2つだけです。 人気のドリッパーの解説も。...

サーバーはいらない

ドリッパーとセットになっていることが多いサーバー。抽出したコーヒーを受けるガラス製の容器です。

ただ、ドリッパーはマグカップの上に直接セットできます。なのでサーバーは必須なアイテムではありません。

ただし、家族の分も一緒に淹れたい方は、サーバーも買った方がいいです。2杯以上の抽出をするときには、必要になってきます。また、コーヒーをSNSにアップしたい方も、買った方がいいかも。「映え」ます。

コーヒーを趣味とする方向け・始め方

コーヒーを趣味とする方向け・始め方
ドリッパーとペーパーがあれば、十分美味しいコーヒーを始めることができます。

でも、それじゃ満足できない。もっと本格的に始めたい。という方には、ミルとドリップポットをおすすめします。

コーヒーミルを買おう

ハリオ コーヒーミル セラミック スリム
「コーヒーを趣味に」という本格派のあなたの第一歩目は、コーヒーミルです。

コーヒーは生鮮食品です。焙煎した日から3日後〜5日目が最も香りが強く、飲み頃と言われています。特に粉にしたあとは劣化が早まります。空気と接する部分が増えるからです。

蒸らしのときにブクブクと泡立ち、ハンバーグのように膨らむのは、豆が新鮮な証拠。あれをやる為にも、新鮮な豆を購入して、飲む直前に挽きたいものです。

手回しミルは、何でも性能に大差ありません。デザインや価格で選んでOKです。

ドリップポットを買おう

ハリオ V60ドリップケトル シルバー
ペーパードリップで注ぎ方にこだわりたい方は、ドリップポットを買いましょう。

狙ったところに、狙った湯量、狙ったペースで注げるようになります。ドリップが楽しくなるアイテムです。

タカヒロというメーカーのポットが良いと言われていますが、少し高いです。ただ、今は色々なメーカーがこだわりのポットを次々と販売するようになりました。安くても使い勝手がよくてデザインが良いものもあります。

1杯分の抽出ができるミニポットもおすすめです。

ハンドドリップ鉄板の器具を紹介【初心者におすすめ】
ハンドドリップ鉄板の器具を紹介【初心者におすすめ】初心者におすすめの、コーヒーのハンドドリップの器具をご紹介。パーパードリップは、まずはたった220円で始めることができます。その他、使いやすくコスパのよい周辺器具をピックアップしました。...

初心者のコーヒー豆選び・挽き方

初心者のコーヒー豆選び・挽き方
コーヒー豆選びで、初心者の方にチェックしてもらいたいのは、次の2点です。

  • 焙煎日
  • 焙煎レベル

生産国や銘柄で選ぶよりも、この2点が重要です。

コーヒー豆選びのポイント・焙煎日

コーヒー豆を買うとき、まずは焙煎日をチェックしましょう。
焙煎後3日目から飲み頃で、3週間以内には飲みきりたいです。美味しく飲むことのできる期間は限られています。

賞味期限しか記載がなく、焙煎日が書かれていないお店も多いですが、避けた方が無難です。

コーヒー豆選びのポイント・焙煎レベル

自分の味覚の傾向に合った、焙煎レベルの豆を選んでください。
スッキリした風味が好みなら、浅煎りの豆を。苦味が好きなら、深煎りの豆を。

人の味の好みはそれぞれ異なります。まずは焙煎のレベルを見ることで、好みの風味を外さなくなります

【初心者向け】失敗しないコーヒー豆の選び方超初心者向け、失敗しないコーヒーの簡単な選び方を開設します。コーヒー豆の焙煎のレベルを知ることで、簡単に自分に合ったコーヒーを見分けることができるようになります。...

コーヒー豆の挽き方

ペーパードリップの場合、通常は中挽きです。グラニュー糖より少し大きめくらいが目安となります。
中挽き
ただし好みの味によって、挽き目を調整しても良いです。

  • 苦味やコクが好き
  • ・・・少し細かめ

  • スッキリした風味が好き
  • ・・・少し粗め

コーヒー豆の美味しい挽き方【初心者向けに解説】
コーヒー豆の美味しい挽き方【初心者向けに解説】コーヒー豆の美味しい挽き方を解説します。 器具によって挽き目を調節するのはもちろんですが、お好みの味を表現する為に、挽き目を微調節することが大切です。細挽き・粗挽き、それぞれの味への影響をカンタンに解説致します。...

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆の保存方法
コーヒー豆の保存方法の基本は
「密閉した容器に入れて常温保存」
です。
空気を遮断することが、最重要。

あとは、

  • 温度変化
  • 湿気

も遮断できれば最高なので、冷暗所で保管して下さい、

ただし、豆を粉に挽いて保管する場合は、
「密閉した容器に入れて冷凍庫で保存」
するのが良いでしょう。

アイキャッチ
【決定版】コーヒー豆の保存方法と保存期間 豆を劣化させる4要素とはコーヒー豆の保存方法は?コーヒー豆の保存期間は?このような疑問に完全にお答えします。 コーヒー豆を劣化させる要素は4つ。家庭でできる簡単な方法で、この4つを遮断して風味を長期間保つ方法を解説します。 また、コーヒーの美味しく飲める期限は?香りが最も良いタイミングとは?...

コーヒー初心者・ドリップの始め方

コーヒー初心者・ドリップの始め方
それでは、実際にドリップです。難しく考えることはありません。

しっかり蒸らしを行い、ゆっくりと粉全体にお湯がかかるようにドリップする。まずはこれだけでOKです。

①粉を計る

1杯分は約10gです。
コーヒーのメジャーカップ1杯分は10gの設定になっています。豆でも粉でもすりきりで10gになります。

色々なレシピがありますが、私のおすすめは豆12gに対してお湯200ml(蒸らし含む)です。

②お湯の温度

お湯は沸騰直後のものを使うのではなく、少し冷ました状態で使用します。
80度〜90度くらいの湯温が適正です。

温度計が無い場合、沸騰後3分くらい待ってからドリップしましょう。

③蒸らし

お湯が粉全体に浸る程度注ぎ、30秒から1分待ちます。これが蒸らしです。

コーヒーの旨味成分をより抽出しやすくする為の工程です。

④抽出

お湯を粉全体にかけるように、ゆっくり細く注ぎます。

ある程度の量を注いだら、いったん待ち、ドリッパー内の水位が下がってきたら、また継ぎ足します。これを3回くらい繰り返すイメージです。

お湯の注ぎ方を神経質になる方が多いですが、実はここではあまり味に差が出ません。適当でも大丈夫です。

⑤美味しく淹れるコツ

美味しくないと感じる原因の多くは、「濃度」です。
初心者はまず濃いめに抽出し、あとで味見をしながらお湯を足して濃度調整すると、失敗しません。簡単なので、おすすめです。

約3分の動画に簡単にまとめました。

【ハンドドリップとは?】初心者向けに簡単にやり方を解説 アイキャッチ
【ハンドドリップとは?】初心者向けに簡単にやり方を解説超初心者向けにハンドドリップのやり方。現役コーヒーショップ運営者が、超簡単でおいしく淹れるやり方を解説します。動画解説つき。ちょっとしたコツ、おすすめの器具も紹介。...

おうちコーヒーの始め方 まとめ

おうちコーヒーの始め方 まとめ
コーヒーの始め方、初心者が抑えるべきポイントをまとめます。

・道具編
まずはドリッパーとペーパーだけでも良い。

次に買うのはミルとドリップポット。

・豆選び編
買うときにチェックするポイントは、

  • 焙煎日
  • ・・・できるだけ焙煎直後の豆を買う。賞味期限しか書いてないお店は避けよう

  • 焙煎レベル
  • ・・・自分の味覚に合う豆は焙煎レベルで選ぶと、好みを大きく外さない。

浅煎り・・・スッキリ
深煎り・・・苦味とコク

・淹れ方編
1杯分は10〜12g
湯量は200ml

湯温は低め。沸騰後3分待つ。

濃度がポイント。
濃かったら、お湯で薄めて調整する。

コーヒーの風味に影響が大きいのは、

  1. 豆の品質
  2. 焙煎日からの鮮度
  3. 抽出濃度

です。

お湯を注ぎ方など抽出の技術的なことは、実は影響が少ないです。あまり神経質にならずに、まずは気軽に楽しみましょう。

コーヒーは、

  • 香りで、人の神経をリラックスさせる効果
  • カフェインで、神経を覚醒させる効果

があります。

コーヒー豆を挽いているとき、ドリップしているとき、その香りでまずは気持ちを緩めます。その後、コーヒーを飲むとカフェインの作用で覚醒し、シャキっとします。

緩めて、締める。
とても合理的な飲み物と思いませんか

香りのリラックス効果を最大限に受ける為には、ご自身で豆を挽き、ペーパードリップされるのが一番です。

まだの方は、是非コーヒーを始めてみてください。

今回の記事は以上です。
ありがとうございました!

コーヒー初心者向けブログアイキャッチ記事【まずはここからはじめよう】
コーヒー初心者向けブログ記事【まずはここからはじめよう】コーヒー初心者向けのブログ記事です。 家で飲むコーヒーの始め方。おすすめの器具や、抽出の基本、豆の保存方法など、初心者向けの基礎知識を網羅的にまとめてみました。 これらの記事を読めば初心者レベルを脱し、マスターすれば中級者レベルに到達します。...