【動画講座】コーヒーショップの作り方 〜7店舗・自家焙煎11年の集大成を完全公開〜

【動画講座】コーヒーショップの作り方 〜4店舗・自家焙煎11年の集大成を完全公開〜

こんにちは。
アフロの焙煎屋のいっちーと申します。

私は都内で4店舗の自家焙煎コーヒー専門店を運営しております。
坪月商(ひと坪あたりの月の売上)は最高で90万円と、繁盛店となっています。
前職では、有名自家焙煎コーヒーチェーンで勤務しており、それから数えると7店舗のお店の立ち上げを行いました。

コロナ禍でも売上は非常に好調で、現在新たな出店計画も進んでいます。

今回お伝えするのは、いくつものコーヒーショップや喫茶店の立ち上げをしてきた私の経験をもとにした、
「できる限り少ない開業資金でコーヒーショップを開業する方法」
と、
「安定した売上をつくる方法」
です。
つまり、「安全にコーヒーショップを開業する方法」です。

非常に大事なことをお伝えしますので、このページはお気に入りなどにいれて是非、何度も読んでいただけたらと思います。
「知っているか知らないかで、大きな差がつくポイント」を、今から無料で公開していきますので。

また、最後に新しい講座に関しての案内もします。
私のノウハウや経験を全て込めた、集大成となる教材を作りました。

ただの教材ではなく、

  • 具体的で
  • ステップバイステップで
  • 未経験者でも迷いなく開業するための

他に無い、ユニークな教材です。

「細かいことはいいからさっさと参加したい!」
という場合は、一番最後から申し込みができます。

しかし、申し込み後でも構いませんので、一応読んでおいてください。
読むだけでも、未経験の方でも安全に開業する多くのヒントが得られるはずです。

 
自分サイズのコーヒーショップを作り、地域社会に貢献する
コーヒーショップを立ち上げて良かったなあと思うことは、出店した地域の方々が喜んでくれることです。

テナントのビルのオーナーも喜びます。
同じビルに入居している他のテナントの方々も喜びます。
近くで勤務しているサラリーマンも喜んでくれます。
近所の主婦の方も喜びます。
最近は、大学生など若い年代の方も喜んで来店してくれます。

みなさん、

  • 食後の一服のためだったり、
  • 仕事の合間のリラックスのためだったり、
  • 残業前のちょっとした息抜きためだったり、
  • ご自宅でのコーヒータイムを充実させるためだったり、

日常のちょっとした癒しを求めて、毎日のように利用してくださいます。

この
「ちょっとした癒しを提供できること」
これが、コーヒーショップの本質的な価値ではないかと、私は思っています。

癒しを提供することでお客さまの日常の一部となり、コーヒーショップは街の機能の一部として必要とされる存在になります。

 
リスクはできる限り少なく、安全に開業する
そんな、街に必要とされるお店になりますので、コーヒーショップは手堅い商売だと、個人的には思います。

とはいえ、商売を自分でやったことがない人が、開業するのは怖いです。
周囲の人に相談しても、大抵はネガティブな反応が返ってきます。

かつての私もそうでした。
サラリーマン家庭に生まれた私は、商売とは縁のない人生でした。

さらに、私は石橋を叩いて渡らないタイプの、臆病な人間です。
とある有名な自分の資質を把握するテストでも、第一の資質が「慎重さ」でした。
ドラクエなどRPGゲームをやるときには、まずはじめに攻略本を隅から隅まで読み込む性格です。

そんな私なので、リスクを抑えて安全にコーヒーショップを開業することに関しては、人の数倍は試行錯誤を重ねてきました。

そして、今まで数々のお店を立ち上げてきた今の私の意見としては、ポイントを押さえれば、コーヒーショップの開業は怖くないです。
それどころか、ここまで安全に開業できる業種はあまり無いのではないか、とすら思います。

なぜかというと、

  1. 少ない投資で、良いお店が作れるからです。
  2. テナント取得費も、内装費も、設備費も、安価に抑えることができるからです。
     
    しかも、

  3. ランニングコストもあまりかかりません。
  4. さらに言うと、最初は自分一人分でお店を回せるので、人件費もかかりません。

    それでも、

  5. 大きな売上をつくりやすいです。
  6. コーヒーショップは売上をつくる手段が多く、立地に合わせてカスタマイズしやすいです。

つまり、コーヒーショップは開業しやすく、潰れにくい経営ができる業種と言えます。

 
コーヒーショップは個人の開業に適している
そんな訳でコーヒーショップは、個人での開業に適しています。

①何といっても、資金をあまりかけず、小さくはじめられます。
②家賃も人件費も抑え、ランニングコストも少なくできます。
③売上をつくる手段も多く、立地に合わせたサービスのカスタマイズができます。

さらに言うと、テナントの大家さんはコーヒーショップを歓迎してくれます。
これはすごく大きなことです。

良いテナントというのは、申し込みが殺到します。
そうなると通常では、個人店は信用の面で不利です。
しかし、お店の業種がコーヒーショップであれば、大家さんに選ばれる可能性が高いです。
通常の飲食店よりも、歓迎されるからです。

つまり、
④個人でも良いテナントを獲得しやすく、集客にも有利です。

しかし、未経験の方がコーヒーショップ開業するのは、ハードルが高いように感じがちです。

  • コーヒーの焙煎って難しそう・・・
  • バリスタの修行をしなければ・・・
  • 内装費や機材の購入が高そう・・・
  • マシン類の扱い方やメンテナンスが分からない・・・
  • 本当に売上をつくれるの・・・?

色々と不安な点がありますよね。
このような不安が参入障壁となっています。

しかし、これらの不安はすべて幻想です。
コーヒーの焙煎や抽出は難しくありません。
機材も安く手に入ります。
扱い方やメンテナンスも、とても簡単です。

コーヒーショップは、
⑤参入障壁が高いかのように思われているが、実は低いです。

 
お店は小さくはじめて、大きく育てよう
私はこれまで、自分の手で7店舗のお店を立ち上げました。
そこでは当然、数々の失敗をしました。
数多くの業者さんとお付き合いして、学ばせてもらいました。
内装業者さんひとつとっても、すでに4社との付き合いがあります。
店を立ち上げる毎に経験が蓄積され、初期投資額もかなり抑えることができるようになりました。

7店舗のお店は、

  • ビジネス街
  • 高級商業地域
  • 住宅地
  • 駅前
  • 商業施設内
  • 商店街

と、いずれもカラーの異なる立地です。
当然売れる商品も違うので、試行錯誤の連続でした。

しかし店を出す毎に商売の精度も上がり、直近のお店では開業2ヶ月目から黒字転換することができました。
 
その経験から得た学びは、

  • 最初から100%を目指さない
  • できるだけ小さく、スピーディに始める
  • 最初は設備もミニマムで良い
  • 味作りも60%の出来でスタートして良い
  • やっていくなかで、お客様の反応をもとに変化していく
  • 求められるものに取り組み、確実に売上を作っていく

 
そして営業を続けていくなかで、

  • 商品点数を増やしたり
  • 設備を増強したり
  • お店を改装したり

儲けのなかから、必要な投資を行い、改善していきます。

個人のコーヒーショップの開業には、このようなフットワーク軽めの考え方が適しているのではないか、と思います。

 
そうはいっても、具体的な細かいノウハウでないと、未経験者には分からないし、不安かと思います。
そこで、今回私がお伝えしたいのは、コーヒーショップを開業する方法の「基礎・基本」です。

以前作った教材「コーヒー豆の売り方講座」にて「豆の売り方」についてお伝えしましたが、
「その前に、コーヒーショップ開業の具体的な方法が知りたい!」
というお声もいただきました。

たしかに、

  • テナント探しで不動産会社になんて伝えたらいいの?
  • 内装業者さんに見積もりを依頼するには、何をどこまで伝えたらいいのか?
  • コーヒーマシンなど設備は、何をどうやって買えばいいのか?
  • コーヒーショップで売れる商品て、どんなものがあるの?

このような具体的ことをステップ毎に解説しないと、動きづらいだろうな、と思いました。

そして、そのステップ毎に、
「知っているか知っていないか」だけで、かなり大きな差がつくポイントがたくさんあることに気づきました。 

そこで、「未経験者でもやれてしまう、コーヒーショップ開業のやり方の徹底解説」という内容の教材を作りました。

 
【動画講義】コーヒーショップの作り方とは
この講座の目指すところは、未経験者でも分かりやすいように
「少ない資金で集客に有利なお店を作り、売れる商品を揃えて安定した経営を目指すこと」
コーヒーショップの開業と経営の、一番大事なエッセンスがギュッと詰まっています。

内容としては、

  • コーヒーショップを立ち上げるための全ての方法を解説します。
  • できるだけコストをかけずに、開業できる方法をお伝えします。
  • 失敗しないためのテナントの選び方・内装工事の進め方・厨房機材の選び方など全て公開。
  • 仕入れ先商社、商売におすすめの売れ筋コーヒー生豆の銘柄も公開。
  • コーヒーショップの繁盛店をつくるコツも解説します。
  • 目標は安定した経営。売上作りのための多くの引き出しを用意。
  • 完全初心者にも対応。イチから順番に解説しています。

以上のことを28本の動画講義で、できるだけ分かりやすくお伝えします。
ボリュームはそれなりにありますが、これでも圧縮してノウハウを詰め込みました。

例えば、テナントの探し方・選び方ひとつとっても、多くの経験とノウハウが詰まっています。
一回では吸収しきれないと思いますので、気になる動画は繰り返し見ていただければと思います。

動画ですが、聞き流しでも大丈夫です。
スキマ時間の耳勉としても、お使いいただけます。

コーヒーショップの立ち上げには、
「知っているか・知っていないか」
これだけの違いで、大きな差が出るポイントがたくさんあります。

ひとつのチャプターの内容を実践するだけで、数十万〜数百万のコストカットに繋がることもあるでしょう。
エッセンスがギュっと詰まっていて、濃い内容となっています。

 
お値段は「24,000円」です。

「ゼロ一つ少なくないですか?」
と思われた方、良い感覚をお持ちかと思いますw

当初は、若干のコンサル込みで、20〜30万円の価格設定にしようかと思ってました。
それでも安いかな、と思っていたくらいです。
カフェスクールなどに通うともっと高い金額を取られますし、費用対効果でいったらカフェスクールより段違いに優れているつもりです。

ただ、今回の目的は
「コーヒーを仕事にしたい方に、多くの機会を提供する」
「業界でスタンダードとなる、圧倒的なものを作る」

ということで、多くの人の手に取ってもらいたいなと思いましたので、この価格にしました。

ただし、実際の価格は24,000円ですが、「24万円を払う」くらいの気持ちで受講してもらえたらと思います。
逆に言えば、今回の記事を読んで、24万円払う価値が無いと思われるなら、申し込まない方が良いかもしれません。

24万円は、普通の社会人が半年から1年、頑張って貯金して払える金額です。
ただし、この講座を受講してノウハウを吸収し、コーヒーショップを開業した時、あなたの人生のクオリティが大きく上がるでしょう。
もしかしたらこの24万円が、数千万円、あるいはそれ以上になって返って来るかもしれません。

そう考えた時に、24万円というのは、非常に良い投資だと思いますし、もし自分がコーヒーショップを開業するときに、この講座があったらどんなに良かったか・・・と純粋に思える金額です。

 
本講座の内容
講義の内容としては、次のとおりです。

    第1章・準備編

  1. 未経験でも自家焙煎コーヒーショップはできるの?
  2. なぜ自家焙煎コーヒーショップは潰れないのか?
  3. コーヒーを自家焙煎するメリット
  4. カフェ開業準備には、何を勉強して何に挑戦しておくべきか?
  5. 開業までの2年間でコーヒーの副業に取り組む
  6. コーヒー豆の売り方(SEO編)
  7. 繁盛店を見て回るときのチェックポイント
  8.  
    第2章・開業実践ノウハウ編

  9. 自家焙煎コーヒーショップの開業資金はいくらかかる?
  10. 金融機関からの借入はどうすればいい?
  11. 自家焙煎コーヒーショップ開業に必要な資格・免許・届出とは?
  12. コーヒーショップ向けテナントの条件とは?
  13. テナントの条件補足(地下や2階のテナントの選び方)
  14. 優良物件を探し出す方法
  15. テナント内見のポイント、やるべきこと
  16. 内装業者の探し方、依頼のやり方
  17. 内見〜内装工事〜オープンまでの流れ
  18. 厨房設備、機材の購入 まとめ
  19. 業務用エスプレッソマシンの選び方の基本
  20. 焙煎機の選び方
  21. 焙煎機の設置方法
  22. 原材料、資材の仕入れ先 まとめ
  23. コーヒー生豆 おすすめ商社とおすすめの豆
  24.  
    第3章・運営ノウハウ編

  25. オープン後の売上の推移
  26. コーヒー豆売りの接客術
  27. ドリップバッグの活用方法
  28. コーヒーショップに相性の良いスイーツとは?
  29. 夏場の売上減をカバーする商品作り
  30. コーヒーソフトクリームの導入方法

上記に加えて、特典もついています。

  • 専用質問フォーム
  • 今後の追加コンテンツは全て無料
  • 開業フォローアップ・コンサルサービスの割引

私が言うのもあれですが、例えば内装工事についての動画だけでも、数十万の価値はあると思います。
内装工事費が簡単に100万円単位で削減できるからです。

また、コーヒーショップとして売上をつくれる商材の作り方も、いくつか解説しています。
月に数万円〜数十万円の売上を作れる商材達なので、安定経営の大きな後押しになります。

このように学習効果・投資効果の高い内容が揃っております。

現在、動画講義は28本の内容となっています。
コンテンツは追加していく予定です。

今後コンテンツを追加すると、それに準じて価格を上げていきます。
(私のひとつめの教材「コーヒー豆の売り方講座」の価格は、最初2,400円でしたが、現在は8,800円です。)

この価格で購入できるのは、今だけです。
購入された方は、今後の追加コンテンツも追加料金なしでご受講いただけます。

 
まとめると、

  • 動画講義28本
  • 今後の追加コンテンツはすべて無料
  • 質問もできる
  • 開業フォローアップの割引あり
  • 価格・24,000円

です。

 

講座を申し込む前の注意点があります。
以下の3つです。

  • 教材を買っただけでは繁盛店は作れません
  • 再現性は100%ではありません
  • 細かなカスタマイズは必要になります

当たり前の話ですが、念の為です。

教材を買っただけで、上手くいくことはありません。
それではカフェの専門学校に通った人は、全て成功することになってしまいます。
行動し、試行錯誤を重ねて、改善を繰り返すなかで商売は立ち上がっていきます。

次に再現性ですが、商売は時代やエリアによって大きな影響を受けます。
コーヒーショップ開業の基本的かつ本質的な部分をお伝えしているので、普遍性はある程度はあるかと思います。

ただし、全てのひとに100%適応できるかというと、そうではありません。
ご自身で教材内のノウハウの取捨選択は行ってください。

 
コーヒーショップ開業を目指すにあたって
コーヒーショップ開業を目指す多くの方は、多くの不安を抱えるかと思います。

  • コーヒーは修行して職人芸を身につけなければ・・・
  • テナント探しや契約で、何か落とし穴ってないの?
  • 機材は何を選べばいいの・・・?
  • 内装ってどうやって考えればいいの・・・?
  • 最高の豆を仕入れたいんだけど、自分でもできるの?
  • 果たして、潰れずに長くやっていけるの?

これらの不安は、全て無知からきている幻想です。

例えば、焙煎も抽出も、決して難しいものではありません。
何日か練習すれば、誰だってお客様に「美味しい」と言ってもらえるものはできます。

確かに焙煎も抽出も奥深いものですが、それは開業してから追求していけばいいものです。

現に、私が開業前までに本格的な焙煎機を扱ったのは、たった1回だけです。
オープン日5日前にに焙煎機が納品されましたので、それからの5日間で練習しただけでした。
でも、何も問題はありませんでした。

焙煎機の性能が良くなった今、誰でも最初から上手に焙煎できるんです。

他にも、

  • テナント探しや内装の考え方
  • 設備や機材の選び方
  • 最高の豆の仕入れ方

実は、これら開業に必要なことって
「情報として知るだけで、クリアできる問題」
です。
そしてそれは、この講座内で学ぶことができます。

大切なことは、「小さくはじめて、長く続けること。」
これが私たちを、高いところまで成長させてくれます。

最初から完璧を求めるべきではありません。

  • できるだけ開業資金を抑えて、安く・早く始める
  • ランニングコストは抑えて、安全に営業を続ける
  • 儲けのなかから新たに投資して、良い機材を買っていけば良い
  • 徐々に商品を増やし、品質を上げて、お店をレベルアップさせていく

このような考え方が一番良いですし、結局は安全です。

その為には、いくつかのコツが必要です。

テナント選びは、開業においては一番重要です。
また、内装工事のやり方を理解すれば、大幅に開業資金がカットできます。
機材や設備も、少しの工夫で驚くほど安く揃えられます。
そして最小限の労力で大きな売上を作るには、売りやすい商品にまずは注力しなくてはいけません。

この講座では、それらのやり方を全てお伝えしています。
それでは、講座内でお会いしましょう。

 

 

よくある質問
Q・スマホでも受講できますか?
A・はい。できます。
動画はYouTubeの限定公開機能を利用していますので、スマホで見ることができます。
ボリュームが多いので、耳勉強で何度も繰り返し再生されることをおすすめします。

 
Q・コーヒーの焙煎は教えてくれますか?
A・この講座内では焙煎については、触れません。
焙煎については独学で十分に学べます。
色々な本も出版されています。
さらにYouTubeなどで、焙煎については多くの情報が公開されています。

私のブログやYouTubeチャンネルでも無料で公開しています。
ただし、焙煎機の選び方については、本講座内で取り上げています。

 
Q・バリスタの技術も習えますか?
A・上と同じ理由で、講座内では取り上げません。

焙煎もバリスタの技術も、やれば一瞬で覚えられるものです。
十分、最初から美味しいものは提供できます。
確かに奥深いものではありますが、開業後に試行錯誤して、徐々に100点に近づけていけば良いです。

エスプレッソマシンの選び方については、本講座内で取り上げています。

 
Q・コーヒー豆は、なかなか売れないって本当?
A・確かに、普通にカフェ営業するとコーヒー豆は売りにくいです。
「コーヒー豆売り店」として営業する必要があります。

本講座では、「コーヒーショップの作り方」に特化した教材です。
豆の売り方については、別教材「コーヒー豆の売り方講座」にて詳しく解説しています。
有料ですが、無料部分もボリュームがあって有益です。
よかったらご一読ください。

 
Q・購入後の流れを教えてください。
A・購入後には自動返信メールが送られてきます。
そのメール内にで、講座へのリンクとパスワードを記載しております。
そのリンクにアクセスして、パスワードを入力してください。

また、ファイルのダウンロードボタンが表示されますので、そちらをダウンロードしていただくとテキストメモになっており、同じ内容が記載されています。
(ダウンロードはしなくても大丈夫です。)