自宅で焙煎③ Hottop Coffee Roaster とは

アフロのレビュー

自宅で焙煎③ Hottop Coffee Roaster とは

自宅で焙煎③ Hottop Coffee Roaster とは
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
こんにちは。今日はHottop Coffee Roasterの解説したいと思います。ほとんどまだ情報の無いマシンですね

メーカー 日本ニーダー

安心の日本メーカーです。台湾に工場があるようです。

Hottop Coffee Roasterの焙煎

Hottop Coffee Roasterの焙煎
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
前置きが長くなりましたが、レビューします。

電気ヒーター式

電気のヒーターで焙煎します。電気のオーブンの中で焙煎するような仕組みです。

ドラム式攪拌

中でドラムが回転して攪拌します。本格的な焙煎機と同じ攪拌のやり方です。

一度に大容量250g焙煎可能

焼き上がり200g以上の豆を一度に焙煎できます。

焙煎をプログラム制御可能

焙煎をプログラム制御可能
パネルで焙煎を制御できます。時間と火力を調節してお好みのプロファイルで焼き上げることができます。オートモードもありますので、初心者でも安心。

一度の投入量は250g。焼き上がりは約200〜220g。

これはコーヒー16〜20杯分程度です。2週間は飲めるコーヒーを一度に焙煎できます。

メンテナンス

メンテナンス
下のトレーからチャフが簡単にとれます。
また、リアフィルターが定期的に交換します。フィルターだけの購入ももちろん可能です。

この製品の短所

この製品の短所
家庭用焙煎機にしては価格が高いことがネックです。プログラム制御や焙煎の効率など、味作りに関して満足度の高いマシンです。
チャフがマシンだけでは取り切れないので、団扇などでチェフを飛ばす作業も必要になります。

マシンスペック

メーカー 日本ニーダー
製品名 Hottop Coffee Raster<
外寸(サイズ) 483×254×356(mm)
重量 9kg
動力源 100V/740W

アフロからひとこと

アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
いかがでしょうか?
焙煎の細かな制御が可能で、こだわる方にはいいですね。マシンもかっこいいです。
いいお値段しますが、フジローヤルのディスカバリーと比べると割安感がありますね。

今回は以上です。
ありがとうございました。
«家庭用焙煎機のランキングに戻る