カフェ開業

【完全版】小さなカフェ開業準備の全て。未経験でもOK!体験談あり

【完全版】小さなカフェ開業準備の全て。未経験でもOK!体験談あり

小さなカフェ開業の準備は、
何を
いつまでに
どのくらい
やればいいのか?

  • 勉強のやり方
  • 資金集め
  • テナント探し
  • 内装
  • 役所への手続き
  • 仕入れ
  • オープン準備
  • 販売促進

などをトータルに解説したまとめ記事です。

アフロ
アフロ
特に、個人で開業を目指す方に向けて、低コストで開業できるやり方を詰め込みました。
私の経験やノウハウをかなり盛り込んでいますので、割と有料級の情報かと思います。

将来カフェ開業したい夢の段階の方でも、
もうテナントを探している段階の方でも、
失敗しない為のヒントが見つかるかと思いますので、是非最後までお付き合いください。

この記事を書いた人
この記事を書いた人

カフェ開業したい方向け。
3年以内に小さなカフェを開業したい人が読む本【資金ゼロ・経験ゼロからはじめる5つのステップ】 Kindle版
副業を通じてカフェ開業に必要なスキル・お金・自信を獲得していこう、という内容です。

Contents
  1. 小さなカフェ開業までの準備スケジュールと、やることリスト
  2. 小さなカフェの開業資金はいくら必要?
  3. 小さなカフェの開業資金はどうやって集める?
  4. カフェ開業や運営を学ぶには、どうすればいいの?
  5. カフェ開業に必要な手続き・資格は?「喫茶店営業許可」が無くなった!
  6. カフェ開業準備でホームページやSNSの運用はどこまでやるの?
  7. 小さなカフェのテナント物件はどう探し、どう選ぶ?
  8. カフェの内装はどうやってやればいいの?
  9. カフェ開業に必要な厨房設備や機材は中古で揃えよう
  10. 仕入れ業者を確保しよう
  11. パッケージやプライスカードやPOP、ラベルを作成しよう
  12. 釣り銭や売り上げ金の管理について
  13. カフェ開業準備で、販促活動・宣伝はどうやればいいの?
  14. カフェ開業準備 私の体験談

小さなカフェ開業までの準備スケジュールと、やることリスト

小さなカフェ開業までの準備スケジュールと、やることリスト
まずは、小さなカフェ開業までの期間別に、必要な準備をまとめてリスト化してみました。

カフェ開業の2〜3年前

  • 開業の自己資金を貯める
  • 金融機関に行って借り入れの相談をする
  • 助成金の相談をしておく
  • SNSを運用してフォロワーを伸ばす
  • 副業で一足先に顧客と売上を確保する

できるだけ早い段階から、開業資金にいくら必要か、大体でいいので計算します。
そして、日本政策金融公庫に行って、お金をどうすれば借りられるか・いくらくらい借りれそうか相談しましょう。
具体的にいくら貯めれば開業できるかが分かるからです。

アフロ
アフロ
具体的な金額が分かっているのと、分かっていないのとでは、その後の行動が大きく変わってきます。

準備する自己資金額が分かったら、貯金したり、副業で稼いだりして貯めていきます。
同時に、SNSでの情報発信に取り組みましょう。

カフェ開業 資金ゼロからのやり方【未経験者必見です】
カフェ開業 資金ゼロからのやり方【未経験者必見です】カフェ開業したいけど、資金ゼロ。このような状態から最短で開業まで進めるステップを解説します。 未経験で自信のない人でも、貯金が苦手な人でも、少しの工夫と行動とで、何とでもなることを解説します。...

テナント物件契約前(オープンの3〜6ヶ月前)

  • テナントを探す
  • 厨房設備・機材の見積書を集める
  • 仕入れ業者の選定
  • 商品パッケージの選定
  • 食品衛生責任者取得
  • プライスカードやPOPの基本デザイン作成
  • 事業計画書作成
  • 融資申請(物件申込と同時くらいに)

かなり早いと思われるかもしれませんが、設備機材の見積書集めや商品パッケージ作り、プライスカード作りなどは、テナント物件が決まる前から行います。
テナントが決まると忙しくなり過ぎるので、時間がとれなくなるからです。

アフロ
アフロ
食品衛生講習の受講は、予約が2ヶ月先まで埋まっていたりするので、早めに申し込もう。
カフェ開業のための4つの事前準備【リストも公開】
カフェ開業の手順【5つのステップで解説】未経験でもできる!カフェ開業の手順を、未経験の方でも分かるように5つのステップに分けて解説。ここで開業後のスタートダッシュができるかが決まります。 テナントが決定した後はやることが多いので、テナント契約後からオープンまでにやるべきことリストも公開します。...

テナント物件申込後(オープンの3ヶ月前)

  • 前テナントと内装の交渉
  • 内部レイアウトの作成
  • 内装打ち合わせ
  • 融資申し込み
  • 補助金申請

テナントが決まるまでの流れは、

  1. テナント物件申込
  2. 内定
  3. 契約締結
  4. 物件引き渡し

という感じです。

物件申し込みの段階で、少し早いんですが、レイアウトを決めて内装業者と打ち合わせを行い、概算見積を出してもらうまで、やってしまいましょう。

物件を契約すると家賃が発生するため、そこからはスピード勝負です。
契約前にできることは全てやっておきます。

アフロ
アフロ
前テナントと交渉する内容は、後述します。

テナント物件契約後(オープンまで2ヶ月程度)

  • 保健所にレイアウト確認
  • 消防署に設備設置の確認
  • 内装
  • 設備機材の手配
  • ライフライン開通
  • 配送業者選定
  • ポスター・チラシの設置
  • HP・FBページ作成
  • 開業届けの提出
  • 屋号での口座開設・クレジットカード取得
  • 会計ソフト導入

テナント物件契約後は一気に忙しくなります。
時間がかかるものから優先順位をつけて手配していきましょう。

  • 動力(200V)引き込み工事
  • 特殊な機材(焙煎機など)の手配
  • などが、特に時間がかかります。

    また、内装工事前に保健所や消防署へレイアウトや設備の相談をしましょう。

    アフロ
    アフロ
    内装工事が終わってから、検査で不備を指摘されない為に、必ずやりましょう。

    内装完了、引き渡し後(オープン2週間前)

    • 設備・機材の搬入・設置
    • 保健所の検査
    • 消防署の検査
    • 設備試運転
    • 商品の試作
    • 原材料の仕入れ
    • 商品の陳列
    • 両替金・釣り銭の準備
    • プレオープン

    保健所や消防署の検査を受ける必要がありますが、検査申し込みは早めに行っておきます。

    オープン直前は、商品の陳列やプライスカード作り、レジの設定など、細かい作業が無限にあります。時間がいくらあっても足りません。

    アフロ
    アフロ
    引き渡しからオープンまで、日数にはゆとりを持ちましょう。
    カフェ開業までの流れ【失敗しない為の手順を公開】
    カフェ開業までの流れ【失敗しない為の手順を公開】カフェ開業準備は、工事や設備機材の手配、関係各所への申請など、多くのことを同時進行こなさなければなりません。 しかもこなす順序が重要です。これをやらないと、アレができない、なんてことがあるからです。この記事を読むとカフェ開業の手順の全体像が掴めます。効率よく動くコツが分かり、失敗を未然に防ぐことができるようになります。...

     

    小さなカフェの開業資金はいくら必要?

    小さなカフェの開業資金はいくら必要?
    小さなカフェの開業資金の目安は、300〜1000万程度です。
    テナント物件の家賃や内装費によって、本当にピンキリなので、なんとも言えないのが正直なところです。

    アフロ
    アフロ
    カフェ開業が夢の段階の方でも、必要資金を計算し、早めに金融機関に相談にいきましょう。

    概算で良いので開業資金を計算し、

    • 融資を受けられそうな限度額
    • 自分で用意しなければならない自己資金額

    がいくらになるのか、見積もっておきましょう。

    開業資金の計算方法。物件取得費・内装費・設備費が7割

    カフェ開業資金の内訳の大半、7割くらいが

    1. テナント物件取得費用
    2. 内装工事費
    3. 設備・機材費

    この3つで占められます。

    1. テナント物件取得費
    2. 家賃の12倍程度を見込みます。
      内訳は、
      ・保証金(家賃の6〜10ヶ月くらい)
      ・礼金(家賃1ヶ月)
      ・仲介手数料(家賃1ヶ月)
      ・家賃の前払い(家賃1ヶ月)
      こんな感じです。

    3. 内装工事費
    4. テナントの坪数×40万円程度、という計算で見込みます。
      例えば10坪の広さのテナントの場合、400万円です。

      ただし、これも本当にピンキリです。
      100万円かからないこともあれば、500万円以上かかることも。

    5. 設備・機材費
    6. 冷蔵庫などの厨房設備や、コーヒーマシンなどです。
      新品で買うと高くなるので、中古で状態の程度の良いもので、見繕います。

      小さいカフェであるならば、100万円以内で十分収まります。
      ※ただし、本格的なエスプレッソマシンやコーヒー焙煎機を導入する場合には、プラス100万円以上を見込みます。

    小さなカフェ経営するには開業費用はどのくらい?売上はいくら必要?
    小さなカフェ経営するには開業費用はどのくらい?売上はいくら必要?小さなカフェ経営に必要な費用などお金に関するお話しです。 カフェ開業の初期費用、毎月のランニングコスト、黒字化するには売上がいくら必要か、現役運営者が解説します。 また、運営に失敗しないためのコツも。...

    カフェ開業資金を安く抑えるためには?

    開業資金を安く抑えるためには、上記の

    1. テナント物件取得費
    2. 内装工事費
    3. 設備・機材費

    これらを抑える必要があります。

    テナント物件取得費のコストカットは難しいです。
    良い物件は、そのまま集客力につながるため、ここはケチるべきではありません。

    なので、内装工事費と設備機材のコストを、可能な限りカットしていきます。

    アフロ
    アフロ
    後ほど、やり方を詳しく解説します。

     

    小さなカフェの開業資金はどうやって集める?

    小さなカフェの開業資金はどうやって集める?
    カフェ開業資金は、全て自己資金で用意する必要はありません。
    金融機関から借りることができます。

    借りられる金額の目安としては、

    • カフェでの勤務経験が無い方なら、自己資金と同額〜2倍。
    • 勤務経験がしっかりとある方なら、自己資金の3〜5倍。

    このくらいを考えておくと良いかと思います。

    都市銀行からは借り入れは難しいので、日本政策金融公庫や信用金庫などから融資を受けることになります。

    日本政策金融公庫には「新創業融資制度」があり、もちろん審査がありますが、無担保・無保証人で融資を受けることができます。

    カフェ開業で融資を受けるやり方【日本政策金融公庫に行ってみた】
    日本政策金融公庫でカフェ開業資金について聞いてみた【体験談】カフェ開業の資金を借りたい方向け。 融資のやり方や条件は?いくらまで借りられるのか?自己資金はいくら用意すればいいのか?提出書類ってどんなものがあるの? 実際に日本政策金融公庫に行って、話を聞いてみました。 融資のハードルが思ったよりも全然低くて驚きでした・・・。...

    そして、自己資金は貯金で貯めるのではなく、「副業で稼ぐ」ことをおすすめします。

    アフロ
    アフロ
    その方が、事前にカフェ開業を成功させるための力を獲得することができますし、融資の際にも有利に働くからです。
    【貯金が苦手な人の為の】開業資金の集め方・自己資金の貯め方を解説 
    【貯金が苦手な人の為の】開業資金の集め方・自己資金の貯め方を解説 開業資金の集め方・自己資金の貯め方を解説しました。 貯金が苦手な人でも確実にできる方法とは?それは、「副業で稼ぎ、つみたて投資をすること」です。...

     

    カフェ開業や運営を学ぶには、どうすればいいの?

    カフェ開業や運営を学ぶには、どうすればいいの?
    カフェ開業のために必要な勉強は色々ありますが、本当必要なコアスキルは「マーケティングスキル」です。

    ・コーヒーの抽出(バリスタのスキル)
    ・コーヒー焙煎
    ・フード調理
    ・スイーツ製造
    などのスキルは、あまり重要ではありません。

    カフェの学校に行って勉強したり、
    カフェでアルバイトして修行したり、
    そのような方が多いですが、おすすめはできないです。

    コスパの悪い努力だからです。
    そのようなことをしても、マーケティングは身につきません。

    カフェ開業に本当に必要な勉強は、「副業」することによって学べます。

    1. 自分で商品をつくり
    2. SNSなどで情報発信して
    3. 自分で集客して
    4. 自分で売ってみましょう

    これらを実践することによってはじめて、マーケティングスキルが身に付きます。

    しかも、独学で十分です。
    本を読むのもいいし、ネット上でもノウハウが無料で公開されています。
    このブログでも発信しています。

    学びながら、同時進行で副業にチャレンジしましょう。
    副業で結果を出すことには、たくさんのメリットがあります。

    • カフェを成功させるマーケティングスキルが身に付きますし、
    • 開業資金が貯まりますし、
    • 開業後のお客様も一足先に獲得できますし、
    • その実績が融資にも有利に働きます。
    アフロ
    アフロ
    事業を成功される人は、独学で学び、学んだことを即実践。
    結局はこれが一番、力が付きます。
    小さなカフェ開業におすすめな本 10選 【未経験者必読】
    小さなカフェ開業におすすめな本 12選 【未経験者必見】カフェ開業のノウハウ本て、いろいろあり過ぎて迷いませんか? こちらの記事では、小さいカフェ開業したい方向けの本、しかも本当に役に立つ良書をピックアップしました。 開業のマニュアル的な本から、集客ノウハウ、デザイン集まで、トータルにご紹介します。...
    コーヒー豆を焙煎して販売するやり方のまとめ【副業にもおすすめ】
    コーヒー豆を焙煎して販売するやり方のまとめ【副業にもおすすめ】コーヒー豆を焙煎して販売するために、必要なことを全て解説しました。 必要な届出や資格・自家焙煎する方法・コーヒー豆の販売方法や集客のやり方、副業での取り組み方、など、プロの焙煎屋がノウハウを公開します。...

     

    カフェ開業に必要な手続き・資格は?「喫茶店営業許可」が無くなった!

    カフェ開業に必要な手続き・資格は?「喫茶店営業許可」が無くなった!
    まずは保健所に、「飲食店営業許可」の申請が最低限必要になります。

    2021年(令和3年)6月1日より食品衛生法のが改正になり、「喫茶店営業許可」がなくなりました。
    その為、カフェ開業において店内でドリンクの抽出や調理を行う場合には、「飲食店営業許可」を申請して取得することになります。

      カフェ開業に関わる許可・届出としては、

    • 飲食店営業許可
    • コーヒー製造業の届け
    • 防火管理選任届け
    • 開業届け
      カフェ開業に関わる資格としては、

    • 食品衛生責任者
    • 防火管理者

    などがあります。

    色々とありますが、必ずしも全てが必要というわけではありません。
    該当するもののみ、取得や申請をしていきます。

    保健所には、テナント契約後すぐに訪問しよう

    カフェの開業に「飲食店営業許可」が必要です。

    取得には色々と条件があり、

    • 食器洗い用シンクの設置
    • 手洗い用シンクの設置
    • トイレの設置
    • カウンターの設置
    • 食器用戸棚の設置
    • お客様からトイレへの動線の確保

    などなど、けっこう複雑です。

    お店のレイアウトや内装にダイレクトに関わることです。
    なので、内装業者さんとの打ち合わせと並行して、必ず保健所の窓口に事前に相談しましょう。
    その時に、その時点で考えている店内レイアウト図を持参してください。
    シンクやカウンターの配置など、具体的なアドバイスが受けられます。

    アフロ
    アフロ
    内装工事が終わってから保健所に是正の指摘を受けて、工事をやり直す、なんてことの無いようにしましょう。

    この資格があれば、調理もできますし、お酒の提供も可能です。

    飲食店営業許可の取得には、1名の食品衛生責任者の資格保持者が必要になります。
    各都道府県の食品衛生協会が開催する講座を1日受講することで、資格を取得できます。

    そして令和3年6月より、コーヒー豆の販売をする場合には「コーヒー製造業の届出」も必要になりました。
    これも、保健所に対して届出を行います。

    焙煎をしたり、粉に挽いたり、豆の加工を店内で行う場合には、必要です。
    ただし、袋に入ったものを仕入れてそのまま販売する場合には、届出は必要ありません。

    消防署にも、場合によっては届出が必要に

    テナントとして入る建物の大きさがある一定以上の場合、防火管理者の選任が必要になり、最寄りの消防署へ届出を行うことになります。
    ざっくりとですが、50人以上の人が出入りするような規模のビルの場合には、必要になります。

    この場合、防火管理者という資格取得者が1名必要になります。
    この資格は、消防署で2日間の講習を受けることによって、取得できます。

    税務署に開業届を提出する

    開業までに、税務署に「開業届け」を提出します。
    同時に、「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておくと良いでしょう。特別控除が受けられることになって、後々税金面で有利になります。

    開業届けや申請書は、税務署に行けばもらえますし、国税庁のHPからダウンロードすることもできます。
    クラウド会計ソフトFreeeeを利用すると、無料で開業届けが作成できます。

    小さなカフェ開業に必要な資格は1つだけ【資格や届出を一挙解説】
    【保存版】小さなカフェ開業に必要な「資格・許可・届出」の総まとめ小さなカフェ開業に必要な資格は「食品衛生責任者」ですが、必要な届出はいくつかあります。 それぞれの取得方法や役割、必要な条件などを一挙解説します。...
    コーヒー豆の販売に許可は必要?【豆の個人販売のやり方も解説】アイキャッチ
    コーヒー豆の販売に許可は必要?【個人のネット販売のやり方も解説】コーヒー豆を個人で販売したい方向け。 ネットやお店でコーヒー豆を販売するのに、何かの許可は必要なのか?ラベルの表示など、どのようなルールがあるのか?この記事を読めば、コーヒー豆販売に必要なルールが全て分かります。...

     

    カフェ開業準備でホームページやSNSの運用はどこまでやるの?

    カフェ開業準備でホームページやSNSの運用はどこまでやるの?
    カフェ開業で、ホームページの作成はテナントの契約を済ませてからで大丈夫です。
    ただし、SNSの運用とネットショップでの販売は、開業の2〜3年前から取り組むべきです。

    ネットショップで副業に取り組む

    カフェ開業準備の早い段階で、ネットショップを開設して副業に取り組みます。

    カフェ開業希望者のおすすめの副業は、

    • コーヒー豆
    • 焼き菓子
    • 雑貨類

    などです。
    カフェを開業したときに、売上の柱のひとつになるものが望ましいです。

    ネットショップは、BASEを利用すると、誰でも30分ほどで簡単に開設できます。

    カフェ開業時の商材となるものを、副業でいち早く販売しておくと
    ・顧客
    ・開業資金
    ・マーケティングスキル
    を獲得することができ、非常に効果的です。
    また、売上がある程度見込めるようになると、融資にも有利に働きます。

    コーヒー豆焙煎を副業にする方法【月3万円を目指そう】
    コーヒー豆の焙煎・販売を副業にする方法【月3万円を目指そう】コーヒーを副業に。自宅でコーヒー豆を焙煎、ネットで販売して副業としたい。そんな方向けの記事です。 この記事を読むと、①コーヒー豆焙煎を副業にする方法が分かります。②必要な器材やコストが分かります。③ネットショップの作り方や集客方法が分かります。現役焙煎士が解説します。...

    SNSも本気で取り組み、販売に繋げる

    SNSも本気で取り組み、販売に繋げる
    ネットショップを開設しても、最初は売れません。
    誰もアクセスしてくれないからです。

    そこで、TwitterやInstagramのフォロワーを伸ばし、発信力を高めます。
    今はBASEなどで、ネットショップとSNSが連動しています。
    インスタやフェイスブックから販売につながるようになっています。

    アフロ
    アフロ
    つまり、誰でも簡単に自分のショップを持ち、SNSで集客し、売上がつくれるんです。

    フォロワー数がそれなりに増えてくると、ダイレクトに売上に響きます。

    SNSでフォロワーを獲得するにはコツがあり、それを身につけるのも時間がかかります。
    2〜3年かけてじっくり取り組む必要があり、カフェ開業前の早い段階から取り組みましょう。

    テナント契約したら、お店のHPを開設する

    テナントを契約したら、HPの開設し、Facebookでもお店のページを開設しましょう。

    HPの開設は、できればオリジナルドメインを使用したいところです。

    【オリジナルドメインとは】
    ○○.com のように、お店オリジナルのアドレスのことです。
    自分でサーバーを契約し、WordPressでHPを開設すると一番安いですが、少し難易度が高いです。
    そこで、BASEのオリジナルドメインサービス(有料)を利用したり、カラーミーショップなどのHPサービス(無料あり)を利用すると良いでしょう。

    40代以上の年齢層には、Facebookからの訴求が有効です。
    そこで、フェイスブックでお店のページを作り、それをお客様にフォローしてもらうように、作り込んでいきます。

    カフェのホームページの作り方【オリジナルドメイン・無料あり】
    カフェのホームページの作り方【オリジナルドメイン・無料あり】カフェ向けのホームページやネットショップの作り方って、未経験の素人にとっては難しいことのように思いませんか? 実は、いまでは直感的な操作で誰でも簡単にできてしまうやり方があります。初心者向けに、分かりやすくて・使いやすく・無料で試せるサービスを3つ、比較しながらご紹介します。...
    カラーミーショップとは? 初心者向けの使い方やBASEとの比較も解説。
    カラーミーショップとは? 初心者向けの使い方やBASEとの比較も解説。国内No.1ネットショップ作成サービスの【カラーミー】とは? BASEとの機能やコスト比較、カラーミーの使い方、などを様々なネットショップサービスを試してきた私が解説してみました。 結論として、「初心者だけど、本格的にやってみたい」という方向けのサービスです。...

     

    小さなカフェのテナント物件はどう探し、どう選ぶ?

    小さなカフェのテナント物件はどう探し、どう選ぶ?
    テナント選びは、カフェ開業の一番大切な部分です。
    良い物件には条件があり、またテナント探しにはちょっとしたコツがあります。

    カフェに良いテナントとは?

    良いテナントとは、とにかく、集客に有利なテナントです。
    そのために重要なポイントは3つ。

    1. 人通りが多い通り沿いであること
    2. 1階路面店であること
    3. 間口が広く開放感があること

    しかしこのような良い物件は、当然家賃が高いです。
    そこで、狭いテナントを探します。

    もちろん、良い立地で狭い坪数のテナントは人気です。
    早い者勝ちとなります。
    そのため、ネット上に公開され募集されることは、ほぼありません。

    アフロ
    アフロ
    ネット上で公開されているテナント募集の案件は、借り手が見つからない物件であることがほとんど。
    良い物件は、公開前に申し込みが入ってしまいます。
    カフェなど飲食店テナントの探し方 アイキャッチ
    カフェなど飲食店テナントの探し方【ネットで探すだけではダメです】カフェテナント物件の探し方。ネット上に公開されているテナント情報は、地雷物件ばかりというのはある意味本当です。その仕組みを公開。また、プロに負けないために、素人でも確実に優良物件に出会える方法を解説します。...

    カフェテナントの探し方

    ネット上にはメールアドレスを登録しておくと、飲食店のテナント物件情報を流してくれるサイトがあります。
    それを利用しつつも、やはり自分の足で探すことが必要となります。

    出店したいと思う地域を歩き回り、その地域に店舗がある不動産業者には全て訪問しましょう。
    希望条件を伝えておき、該当する物件が出たら連絡をもらえるように頼んでおきます。
    カフェだとテナントの大家さんが喜んでくれる場合が多く、業者の方も覚えておいてくれます。

    ただし、良いテナントが出てくるまで、平均3〜6ヶ月はかかると思っておいてください。
    狙っている地域の不動産屋さんには、定期的に顔を出すようにすると完璧です。

    【失敗しない】小さなカフェの間取りとは?カフェ運営者が解説
    【失敗しない】小さなカフェの間取りとは?カフェ運営者が解説小さなカフェの失敗しない間取りを、現役カフェ運営者が解説しました。成功するカフェには、その間取りに大きな秘訣があります。 良い間取りの条件と、失敗しないレイアウト例も。...

    スケルトンと居抜きの違い

    テナント物件にはスケルトンと居抜きがあります。

    スケルトンとは、全ての造作物が取り除かれており、コンクリートが剥き出しの状態です。
    基本的にテナント物件は退去するときに、スケルトンにすることを求められます。

    居抜きは、前テナントが営業したいた状態を、そのまま引き継ぐことです。
    造作代として、費用が請求されることが多いです。

    一番良い方法は、前テナントが退去する前に交渉することです。
    もし交渉が可能であれば、使えるものだけ残してもらいましょう。
    ・エアコン
    ・トイレ
    ・テント
    ・入り口のサッシュ
    これらを残してもらえたら、内装費を大幅に節約できます。

    テナント選びのコツとチェックポイント【小さなカフェ向け物件とは?】
    テナント選びのコツとチェックポイント【小さなカフェ向け物件とは?】テナント選びのやり方とチェックポイントを公開。 小さなカフェやコーヒーショップを開業したい人向けです。初期費用を抑え、リスクを最小限にして、繁盛店を作るテナント選びのやり方を解説します。...

     

    カフェの内装はどうやってやればいいの?

    カフェの内装はどうやってやればいいの?
    カフェの内装は、多くの費用がかかる部分です。
    ただし、以下の4つのポイントを抑えることで、大幅に費用を削減することが可能です。

    1. 前テナントに残置物の交渉をする
    2. 相見積もりをとる
    3. できるだけ自分で手配する
    4. 家具はヤフオクを活用

    前テナントに残置物を残してもらえるように交渉する

    前テナントが退去前、原状回復前でしたら、必ず交渉しましょう。
    上でも書きましたが、

    • エアコン
    • トイレ
    • テント
    • 入り口ドア・サッシュ
    • 壁の石膏ボード
    • 照明

    などなど、
    使えそうなものがあれば、できるだけ残してもらいます。

    うまくいけば、これだけで100万円以上の内装費の節約につながります。

    小さなカフェの内装費用の相場と費用を抑えるやり方【体験談あり】
    小さなカフェの内装費用の相場と費用を抑えるやり方【体験談あり】10坪店舗の内装費用の相場、坪単価、費用を抑えるやり方を、コーヒーショップ運営者が解説します。 内装業者さんとのやり取りの方法、見積もりで見直すべきポイントなど、初めての方でも失敗しないノウハウも。...

    内装業者への見積もりのとり方

    内装業者さんは、3社くらいに声をかけて概算見積を出してもらいましょう。
    概算見積を見比べ、1社に決定した後に正式な見積を出してもらいます。

    手順としては、

    1. 店内のレイアウトを考え、手書きで良いので図面にする
    2. 厨房設備や機材の配置も、図面に盛り込む
    3. 電源や照明、上下水の接続の有無も図面に盛り込む
    4. 内装業者さんと現地で打ち合わせる
    5. やって欲しいことを図面をもとに細かく伝える
    6. 最後に、予算を伝える
    7. 概算見積を提示してもらう
    8. 1社を選び、正式な見積を依頼する

    こんな流れとなります。

    コツとしては、やって欲しいことを細かく全て伝え、その後に希望の金額を伝えましょう。
    この伝える順番が大切です。

    こうすることによって、内装業者さんの言いなりになるのを予防できます。
    多少厳しめの金額を伝えて、内装業者さんが知恵を振り絞って、なんとかやりくりしてくれるように仕向けるのです。

    内装業者はクラフトバングを使えば探せます。
    東京都内であれば、私が紹介できる業者さんもおりますので、お問い合わせよりご連絡ください。

    小さなカフェ開業の坪単価はいくら?【経験者が安く抑える方法を暴露】
    小さなカフェ開業の坪単価はいくら?【経験者が安く抑える方法を暴露】こちらの記事を読む方が知りたいのは、カフェ開業時の内装費用を安く抑える方法と、その場合の坪単価だと思います。そこで経験者にしか書けない、カフェ開業時の坪単価を20万以下に抑える方法を公開します。 小さい店は不利と言われますが、そんなことはありません。むしろ有利です。 ...

    電気・水道・ガス工事などは自分で手配する

    電気・水道・ガス工事などは自分で手配する
    自分で手配できることは、できる限り自分で行います。

    • 電気工事
    • 水道工事
    • ガス工事
    • オーニングテントの設置
    • 看板の設置

    通常、これらは内装業者さんが手配されますが、これも自分でやってしまいましょう。

    クラフトバンクを使えば業者さんは見つかります。
    これで、数十万円は節約できます。
    デザインなど自信がなくても大丈夫です。
    業者さんもプロなので、手書きのイメージを書けば伝わります。

    ただし、事前に内装業者さんに、電気工事などは自分で手配したいことを伝えておきましょう。

    家具は自分で作るか手配しよう

    カウンターやテーブル、棚などを内装業者さんに発注すると、かなり費用が高くつきます。
    大工さんを雇って作るからです。
    そこで、ヤフオクやminneなどで家具のセミオーダー業者さんを探し、そちらに発注しましょう。

    簡単な棚などは、自分で作ってしまうのが一番です。
    この際、性能の良い電動ドライバーをひとつ購入しておきましょう。
    これから頻繁に使うことになります。

    カフェ開業の内装を自分でやる方法【カフェ運営者が細かいノウハウを公開】
    カフェ開業の内装を自分でやる方法【有料級・カフェ運営者がノウハウ公開】カフェ開業の内装を自分でやる方のための記事です。 資材や各業者さんの手配のやり方。電気や水道工事など、どのように依頼したら良いのか?消防署への届出は? 素人でもできるように、分かりやすく解説します。...
    カフェ開業を可能な限り低資金で!【極限まで初期費用を圧縮するワザを公開】
    カフェ開業を可能な限り低資金で!【極限まで初期費用を圧縮するワザを公開】カフェ開業にあたって一番お金がかかる内装費。小さなカフェでも通常は500万かかると言われています。しかしこれを3分の1以下に抑える方法があります。5つの手法を使って、内装費150万を実現する方法を解説します。...

     

    カフェ開業に必要な厨房設備や機材は中古で揃えよう

    カフェ開業に必要な厨房設備や機材は中古で揃えよう
    カフェ開業に必要な厨房設備や機材は、一般的には以下のようなものになります。

    • 冷蔵庫
    • 冷凍庫
    • 製氷機
    • 給湯器
    • 浄水器
    • コーヒードリップマシン
    • コーヒーグラインダー
    • アイスディスペンサー
    • 電子レンジ
    • コンロ
    • レジ
    • エアコン

    このほか、必要であれば

    • エスプレッソマシン
    • コーヒー焙煎機

    などを導入することもあります。

    小さいカフェ開業の必要な設備・機材とは【チェックリストあり】
    小さいカフェ開業の必要な設備・機材とは【チェックリストあり】小さいカフェ開業に必要な設備とは? 業務用の厨房設備は普通に購入すると高くつきます。また、製氷機などもどのくらいのサイズを選んで良いか分かりにくいですよね。 この記事では、必要な設備一覧、設備の選び方のポイント、安く購入する方法などを解説します。 ...

    テナント物件探しと同時進行で、必要な厨房設備や機材の見積を集めましょう。
    融資を申請する際に必要になります。
    見積は中古でも新品でも構いません。

    テナント契約後くらいのタイミングで、実際に購入していきます。
    ヤフオクなどには中古取扱業者が多数出品しています。
    テナントを契約したら、すぐに購入していきましょう。
    購入後、1ヶ月くらいなら取り置きに対応してくれます。

    購入するものは、大手メーカーの中古をおすすめします。
    業務用冷蔵庫や製氷機は、新品だとかなり高いです。
    中古であれば、その何分の1の価格で手に入ります。

    アフロ
    アフロ
    中古の購入でも、ホシザキなど大手メーカーであれば、故障しても修理してもらえますので安心です。

    内装がある程度進んだ段階で、搬入のスケジュールを組んでいきます。

    注意点がひとつありまして、水道工事が入る前に製氷機は必ず搬入しておくようにします。
    浄水・下水との接続が必要だからです。

    【note記事】カフェ開業準備 内装工事中に水道工事を入れるタイミングについて

    小さなカフェ開業向けのコーヒーマシン 焙煎士が一挙紹介
    小さなカフェ開業向けのコーヒーマシン 焙煎士が一挙紹介小さいカフェを開業する方向け。コーヒーマシンの選び方と、タイプ別おすすめ機種を紹介します。 コーヒーマシン、種類あり過ぎてどうやって選んでいいのか分からないという方は必見です。美味しく抽出でき、価格が安いモデルを焙煎士が厳選してピックアップしました。...
    コーヒーグラインダー 業務用のおすすめ【小さなカフェ向け】
    コーヒーグラインダー 業務用のおすすめ【小さなカフェ向け】小さなカフェ開業向け、おすすめのコーヒーグラインダー・コーヒーミルを焙煎士がご紹介します。 小さなグラインダーでも、業務用以上のクオリティを持つものがあります。...
    カフェ開業 レジスターの失敗しない選び方【無料POS・タブレット型は危険】
    カフェ開業 レジスターの失敗しない選び方【無料POS・タブレット型は危険】カフェ開業に必要なレジスターってどのようなものでしょうか?どのような機能が必要なのか?エアレジなどタブレット型のレジって使えるの?こんなお悩みにお答えします。 この記事を読むと①カフェのレジに求める機能②いらない機能③おすすめのレジの機種、このようなことが分かります。...

     

    仕入れ業者を確保しよう

    仕入れ業者を確保しよう
    カフェ開業に必要な仕入れ業者を確保していきましょう。

    • 食材なら西原商会
    • 乳製品ならタカナシ
    • パッケージ関連はニコノス

    などが代表的なところです。
    比較的小さい単位での取引もしてくれるので、小さいカフェ向きの業者さんです。

    卸売り業者から仕入れるのは、便利です。
    配送してもらえますし、サンプルをもらうことができたりします。
    ただし値段は、ほぼ定価です。
    安く仕入れたいのであれば、スーパーなどを利用した方が良い場合が多いです。

    コーヒー豆の焙煎をするのであれば、コーヒー生豆の卸売り業者が必要になります。
    少量の生豆の取引では、ユーエスフーズセラードコーヒーが便利です。
    ユーエスフーズからは、コーヒー関連の器具も卸してもらうことができます。

    【コーヒー生豆の仕入れ方】取引の流れと仕入れ先を焙煎士が解説
    【コーヒー生豆の仕入れ方】取引の流れと仕入れ先を焙煎士が解説コーヒー自家焙煎カフェを開業する方向け。コーヒー生豆の仕入れ方を解説した記事です。どんな流れで仕入れるのか?どんな業者さんから仕入れるの?取引の流れは? 仕入れで失敗しないためのチェックポイントも。...
    カフェ開業の仕入れ先【コーヒー・食材・パッケージ】を全て紹介
    カフェ開業の仕入れ先【コーヒー・食材・パッケージ】を全て紹介カフェ開業で、仕入れ先はどのように探して選べば良いのでしょうか? コーヒー豆・野菜や肉・調味料・スイーツ・乳製品・テイクアウト用のパッケージ・コーヒー器具・・・。色々とありすぎて戸惑いますよね。 この記事では、分野別に分かりやすくまとめてみました。特にコーヒー豆の仕入れについては、生豆と焙煎した豆に分けて詳しく解説しています。...

     

    パッケージやプライスカードやPOP、ラベルを作成しよう

    パッケージやプライスカードやPOP、ラベルを作成しよう
    気が早いと思われるかもしれませんが、商品パッケージの選定・プライスカードやPOPの作成は、テナント探しを並行して行います。
    物件を契約してからは、やることが多過ぎて、時間がいくらあっても足りない状態になるからです。

    カフェ関連のパッケージ業者は、以下のところが有名です。

    東京在住であれば、シモジマが実店舗があるので、一度行ってみることをおすすめします。

    デザインに関しては、イラストレーターなどを使えるようになるのが一番です。
    ただし最近は、無料デザインサイトも優秀です。
    Canvaなど使えば、簡単におしゃれにデザインすることができます。
    ちょっとしたPOPなどであれば、Excelでも十分です。
    作ったプライスやPOPは、ラミネートして切り取ると、プロっぽい仕上がりになります。

    プライスカードの作り方【テンプレートも無料配布します】
    カフェに使えるプライスカードの作り方【コーヒーショップ向け素材集販売開始】カフェや雑貨店などで使用されるプライスカードの作り方。 パソコンでデザインし、プリントアウトしてラミネートし、切りとって使うところまで解説します。 素材テンプレートも無料で配布しています。 POPやポスターにも応用が効きますので、これを知っておくと便利です。...

    またラベルシールは、エーワンのラベル屋さんというサイトを使うと自宅でも簡単に作成できます。
    ただし、高級感を出すのであれば、ラクスルなどに発注すると良いでしょう。

    ラベルシールはエーワンが激安でおすすめ!自宅でも簡単に作れます。
    ラベルシールはエーワンが激安でおすすめ!自宅でも簡単に作れます。自宅でオリジナルラベルの作り方の解説記事です。エーワン(A-one)のラベルシールを利用し、「ラベル屋さん」というデザイン作成の無料ソフトを利用します。 この記事を読むと、誰でも・簡単に・激安でオリジナルラベルを作ることができるようになります。...
    【簡単】ラクスルでのシールの作り方 プロ並みのラベルが作れる!
    【簡単】ラクスルでのシールの作り方 1枚20円〜プロ並みのクオリティで作れるラクスルのシール作成サービスを使用すれば、簡単にプロクオリティのオリジナルラベルを作ることができます。 完全初心者でも分かりやすいように、20枚の画像を使って丁寧に解説してみます。...

     

    釣り銭や売り上げ金の管理について

    釣り銭や売り上げ金の管理について
    釣り銭や売り上げ金、電子マネーなどの取扱について説明します。

    釣り銭や両替金について

    オープン前になったら、釣り銭や両替金の準備を行います。

    10万円くらいの売り上げが見込めるようなお店で、
    釣り銭は5、6万円程度
    両替金は3〜5万円分程度
    あれば安心かと思います。

    それぞれ、必要そうな小銭にしておきます。

    また、両替は日常的に行うことになりますので、近くの銀行で両替カードを作っておきましょう。

    売り上げ金の管理について

    売り上げ金は、1日毎にまとめて小分けの袋に入れておくと良いでしょう。
    後の管理に便利です。

    また、エクセルで表を作って、項目別で数字を管理していくことをおすすめします。
    項目としては、
    ・総売上
    ・消費税
    ・ドリンク
    ・コーヒー豆
    ・フード
    ・雑貨
    ・通販
    などです。
    自分で売上を知りたい項目があれば、追加していきます。

    電子マネーやクレジット決済について

    昨今では電子マネーやクレジットカード決済が、かなりの割合を占めるようになりました。
    もはや、利用しないわけにはいきません。

    などなど、色々な会社があります。

    端末は基本的には無料で借りることができ、手数料を3〜4.5%ほど取られます。
    つまり、1万円の決済に対して、400円ほどの手数料がとられます。

    アフロ
    アフロ
    けっこう大きいですよね・・・。月間数万円とられることになります。

    ほぼ全ての決済端末が、主要なクレジットカードと主要な電子マネーをカバーしています。
    手数料の率も、どの会社も同じようなものです。
    ですので、好きな端末を選んでもらって大丈夫です。

    決済端末の申し込みから開通までは、2ヶ月くらいの期間がかかります。
    テナントを契約したら、早い段階で申し込みを済ませましょう。

    ちなみに、今のところPaypayは、利用してもしなくても、どちらでも良さそうです。
    Paypayを使っている人は、電子マネーも同時並行で使っていることが多いからです。

    会計ソフトを導入する

    経費や売上の計算は、会計ソフトが便利です。
    初心者でも簡単に扱えるように、ユーザーフレンドリーな作りになっていてわかりやすいです。

    日々の売上や、仕入れなどでかかった経費を入力していくだけです。

    会計ソフトは、弥生とFreeeeが有名です。
    小さなカフェであれば、BASEなどのネットショップと連動できるFreeeeが便利かと思います。
    無料期間がありますので、まずはいじってみることをおすすめします。

     

    カフェ開業準備で、販促活動・宣伝はどうやればいいの?

    カフェ開業準備で、販促活動・宣伝はどうやればいいの?
    カフェの開業の販促活動は、SNSやチラシ・ポスターで行います。

    SNSの活用は開業2〜3年前から

    Instagram・Twitterに関しては、開業2〜3年前から取り組みたいです。

    フォロワーを伸ばし、アカウントの影響力を獲得するには時間がかかるからです。
    ただし、アカウントが伸びるとダイレクトに売上につながります。
    3,000人のフォロワーをまずは目指して運用を頑張りましょう。

    いかにも宣伝っぽい投稿をするのではダメです。
    フォロワーさんに役立つ、有益な情報を発信する必要があります。
    SNSを伸ばすコツについては、ネット上に無料でノウハウが出回っています。
    探して勉強してみてください。

    チラシやポスターを作ってみよう

    店舗を契約して引き渡されたら、すぐにポスターを貼り、チラシを置いて宣伝するべきです。
    近隣の人も新しい店舗には興味を持ってくれるので、チラシを置いておくと、かなりの勢いで持っていってくれます。

    また、オープン直前には、チラシを大量に刷って近所にポスティングしても良いと思います。
    オープニングセールのお知らせをしたり、割引券を付けて配布することも、非常に効果的です。
    そのようなことを行って、テナント契約からオープンまでの間で認知度を上げていきます。

    これらも、イラストレーターかCanvaなどでデザイン作成できます。

     

    カフェ開業準備 私の体験談

    カフェ開業準備 私の体験談
    私はカフェ開業までの準備として、サラリーマンを辞め、実際にコーヒーショップや喫茶店での勤務を経験しました。

    ただ、今から振り返ると、これらの勤務経験はあまり意味がなかったように感じます。

    • 焙煎とか抽出とか、
    • キッチン作業とか、
    • マシンのメンテナンスだったり、
    • 店の運営だったり、

    いろいろと経験させてもらいました。

    しかしこれらは、カフェ開業しながらマスターしていけば十分だったと思います。
    一瞬でマスターできますので。

    このために、何年もかけて修行したのは、ほんともったいないことしたと思います。

    カフェ開業準備で一番必要なものは、マーケティングスキルを身につけることです。
    言い換えると、

    • 商売に有利なテナントを見極めることだったり
    • 売れる商品を作ることだったり
    • 集客ができることだったり
    • 販売して売上をたてることだったり
    • マーケット感覚を身につけることだったり
    • 売上をつくる力を身につけることだったり

    このようなことに取り組む必要があります。
    ただ、これらはカフェなどで普通に働いても、身につけることはできませんでした。

    カフェ開業に必要なマーケティングスキルを身につけるには、次の4つが重要です。

    1. 繁盛店をよく見て回ること。
    2. テナント募集物件を数多く見ること。
    3. 副業を通して商品を販売すること。
    4. SNSなどで情報発信を継続しアカウントを育てること。

    これらに取り組み、
    良いテナント物件を見極める目利き力を持ち、
    売れる商品作りと店作りができ、
    情報発信で集客力を高めれば、

    カフェ開業がギャンブルではなくなります。

    アフロ
    アフロ
    • 準備期間を2年程度設け、勉強と挑戦に取り組むこと。
    • 副業を通して自分の事業を小さく始めてしまうこと。

    今、私が過去の自分に会ったら、このようにアドバイスをします。

    カフェ開業を目指す方の参考になれば嬉しいです。
    ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

    小さなカフェの作り方【準備期間3年・自己資金100万で開業する方法】
    小さなカフェ開業のはじめ方【準備期間3年・自己資金100万で開業する方法】小さいカフェの作り方をイチから解説します。近い将来、カフェ開業したい方向け。 何を勉強して、どんな準備して、いくらの自己資金をつくって、どのようにテナントを探して、何の機材をそろえて、どんなやり方で、カフェ開業まで進めていけばいいのか? 現役運営者がまとめて解説します。...
    【永久保存版】自家焙煎コーヒーショップ開業の準備・やり方まとめ
    【永久保存版】自家焙煎コーヒーショップ開業の準備・やり方まとめ将来、コーヒーショップや小さいカフェをやりたい方向け。 コーヒーショップ開業までの流れ・準備・やるべきことをまとめてみました。 席数少なくていいから、カフェスペースも作りたい。自家焙煎したコーヒー豆を売りたい。でも、経験も自信もないし、どうやっていいか分からない。という方は、是非お読みください。 ポイントをまとめてみました。 将来小さいロースタリーカフェをやりたい人は、 この記事をまずお読みください。 ...

    カフェ向けのコーヒー豆売りの教材はコチラ。
    【小さなカフェ開業 コーヒー豆の売り方講座】
    無料部分もボリュームが多く、比較的有益かと思いますので、その部分だけでもよかったらお読みください。