カフェ開業

【失敗しない】小さなカフェの間取りとは?カフェ運営者が解説

【失敗しない】小さなカフェの間取りとは?カフェ運営者が解説
困る人
困る人
小さなカフェを個人で経営したい。
間取りってどんな感じがいいの?
アフロ
アフロ
今日はこんな疑問にお答えします。

個人でカフェを開業するには、
「小さな間取りのテナントで
小さなカフェを運営する」

これが失敗しにくい方法です。

この記事では、
小さいカフェには

  1. どのような間取りが良いのか?
  2. それはなぜなのか?
  3. 失敗しないレイアウトは?

このようなことを解説します。

この記事を書いた人
この記事を書いた人

AmazonKindleより2冊目の本。Kindle unlimited対応。スマホで無料期間で読めます。3年以内に小さなカフェを開業したい人が読む本【資金ゼロ・経験ゼロからはじめる5つのステップ】

カフェ開業希望者向け。コーヒー豆売りの教材はコチラです。小さなカフェ開業 コーヒー豆の売り方講座【無料部分あり】

小さなカフェの作り方【準備期間3年・自己資金100万で開業する方法】
小さなカフェ開業のはじめ方【準備期間3年・自己資金100万で開業する方法】小さいカフェの作り方をイチから解説します。近い将来、カフェ開業したい方向け。 何を勉強して、どんな準備して、いくらの自己資金をつくって、どのようにテナントを探して、何の機材をそろえて、どんなやり方で、カフェ開業まで進めていけばいいのか? 現役運営者がまとめて解説します。...

小さなカフェの間取りで抑えるべきポイント

小さなカフェの間取りで抑えるべきポイント
小さなカフェの間取りを考えるうえで、
抑えるべきポイントは4つあります。

  1. 1階路面店
  2. 間口が広い
  3. 共用トイレがある
  4. 正方形に近い

重要な順になっています。

また、

  • 間口が狭く
  • 奥に細長い

という間取りは避けた方が無難です。

それぞれ、解説します。

1階路面店

間取りのことではありませんが、
1階路面店であることは重要です。

集客が容易だからです。

2階以上のテナントとは
比べられないほどの差があります。

特に、小さなカフェは
席数が限られるために
店内喫茶で売上をつくるのには
限界があります。

  • テイクアウト
  • 物販
  • 食品販売

これらで売上をつくる必要があり、
そのためには
1階路面店のテナントであることは
マストです。

間口が広い

店を外からみたとき
入り口が広いこと。

もしくは、
お店の面積が広く見えること。

こんな間取りであれば、
やはり集客に有利です。

お客様が入りやすいからです。

個人で経営する小さなカフェは、
入るのに少し勇気がいります。

多くの人は、入ることに
少し抵抗感を感じます。

間口が広く
内部の様子が外から見て分かるように
なっているお店は、
安心して入店できます。

共用トイレがある

狭い間取りの小さなカフェは、
トイレのスペース確保が大変です。

例えば
7坪のお店でトイレをつくると
1坪以上が潰れてしまいます。

それは、かなりの負担です。
単純に席数にすると
2席分以上潰れることになります。

建物の共用トイレがあれば、
その分のスペースを有効活用
することができます。

これは大きなアドバンテージです。

正方形に近い

小さなカフェで狭い間取りの場合、
正方形に近い方が望ましいです。

その分、間口が広くなりますし、
商品のレイアウトや
席のレイアウトが自由にできるからです。

特に、後で記述しますが
テイクアウトや
物販で売上をつくるためには

販売カウンターの位置と
商品ディスプレイの位置が
入り口に近い方が有利
です。

そのためには
正方形に近い間取りの方が
やりやすいです。

こんな間取りは避けたい

間口が狭く
奥に向けてタテに細長い

小さなテナント物件には
よくある間取りです。

このような間取りは
避けた方が無難です。

間口が狭くなりますし、
店舗のレイアウトが
かなり制限されます。

しかし、
それでも成功しないワケではありません。

そのような間取りでも
上手くいっている店舗はたくさんある。
ただ、やりにくいだけです。
工夫すれば、結局は大丈夫です。

テナント選びのコツとチェックポイント【小さなカフェ向け物件とは?】
テナント選びのコツとチェックポイント【小さなカフェ向け物件とは?】テナント選びのやり方とチェックポイントを公開。 小さなカフェやコーヒーショップを開業したい人向けです。初期費用を抑え、リスクを最小限にして、繁盛店を作るテナント選びのやり方を解説します。...

小さなカフェの狭い間取りの魅力とは?

小さなカフェの狭い間取りの魅力とは?
狭い間取りの小さなカフェは、
個人で開業するには
とても優れたやり方です。

理由は3つです。

  1. 初期投資が抑えられる
  2. 集客に有利
  3. 経営しやすい

小さなカフェの間取りは初期投資が抑えられる

狭い間取りだと
保証金と内装費を抑えることができます。

なので、初期投資額が少なく
開業のリスクを最小限に抑える
ことができます。

保証金を抑える

狭い間取りなので
家賃が抑えられます。

すると当然、保証金が
少なくて済みます。

通常、飲食テナントは
契約時に家賃の10ヶ月程度の
保証金を入金しなくては
いけません。

これは初期投資額の半分程度
占めるくらい大きなものです。

内装費を抑える

内装費を抑えられる
狭い間取りだと、
内装費も抑えることができます。

狭い分、
内装の坪単価は上がる
傾向がありますが
トータルの金額は
少なくて済みます。

カフェ開業の内装を自分でやる方法【カフェ運営者が細かいノウハウを公開】
カフェ開業の内装を自分でやる方法【有料級・カフェ運営者がノウハウ公開】カフェ開業の内装を自分でやる方のための記事です。 資材や各業者さんの手配のやり方。電気や水道工事など、どのように依頼したら良いのか?消防署への届出は? 素人でもできるように、分かりやすく解説します。...

小さなカフェの間取りは集客に有利

小さな間取りなら
家賃を抑えられるので、
少々、家賃の坪単価が上がっても大丈夫。

そのため、
立地の良い場所に出店が可能になります。

人通りが多い通り沿いで
1階路面店への出店がおすすめです。

圧倒的に集客に有利ですし、
店内喫茶以外の売上作りには
マストな条件となります。

小さなカフェの間取りは経営しやすい

小さな間取りは経営しやすいです。
理由は2点

  • ランニングコストが低い
  • 売上を作りやすい

それぞれ説明します。

ランニングコストが低い

まず、狭い間取りなら
家賃を抑えることができます。

また、狭い店舗では
運営のオペレーションが楽なので
雇用するスタッフ数が最小限で済みます。
自分ひとりで店を回すワンオペも、
場合によっては可能でしょう。
そのため、
人件費を抑えることができます。

カフェの運営の毎月のランニングコストで
大きいものは、

  • 家賃
  • 人件費
  • 原価

です。

そのうちの2つを
最小限にすることができ、
経営が安定します。

売上を作りやすい

狭い間取りだと
テイクアウトや物販での
売上がつくりやすい
です。

お客様にとって、
お店に入りやすいからです。
(ただし、1階路面店であることが
マストな条件です。)

また、狭い間取りでは
お客様との距離が近く
自然と会話が生まれます。

お客様と仲良くなれるので
接客が楽しく
さらに売上にもつながります。

以上のような理由から
ランニングコストを抑えつつ
大きな売上を作りやすいため、
経営が安定します。

狭い間取りのカフェは、
商売を軌道に乗せやすいです。

カフェ経営は難しい?小さなコーヒー屋を成功させる6つのポイント
カフェ経営は難しい?小さなコーヒー屋を成功させる6つのポイント将来小さいカフェやコーヒーショップを開業したい方向け。 カフェ経営はなぜ難しいと言われるのか?その原因と、それを避ける方法を、6つのポイントで解説します。 カフェ経営はポイントを抑えれば、難しくはありません。...

集客に有利な小さな間取りのレイアウト例

集客に有利な小さな間取りのレイアウト例
小さなカフェは
店内喫茶で売上を作るには
限界があります。

スペースの都合上、
客席の数が限られるからです。

そこで、

  • テイクアウト
  • 物販
  • 食品販売

これらで大きな売上を
作る必要があります。

そうなると
レイアウトの中心になるのは
客席ではなくなります。

物販や食品販売のディスプレイを
レイアウトの中心に考える
必要があります。

また、テイクアウトを伸ばすためには、
販売カウンターをできるだけ
店の入り口に近づけた方が良いでしょう。

アフロ
アフロ
具体的に考えてみます。

販売したい、

  • 雑貨などの物販
  • お菓子やコーヒー豆などの食品

これらのディスプレイは
お店の入り口近くに
大きくスペースをとって
目立つようにディスプレイします。

売上を作りたいもの順に
良い位置で
大きくスペースを
とるようにします。

その次に優先度が高いのは
テイクアウト需要を取り込むための
販売カウンターの設置。
これも入り口にできるだけ
近い方が有利です。

そして最後に、客席。
客席はお店の奥で構いません。
または、余ったスペースで
客席を設置するようにします。

狭い間取りで大きな売上をつくるため、
優先度を間違えてはいけません。

  1. 商品のディスプレイ
  2. 販売カウンター
  3. 客席

優先度はこの順となります。

その優先度に基づいた
レイアウト例は次のようになります。
レイアウト例
優先度の高い、物販や食品販売の
商品ディスプレイは入り口近くに
大きくスペースをとります。

その次に、販売カウンター。
奥の余ったスペースに、
客席を設置します。

入り口は開放感があった方が良く、
スライドドアがベスト。
営業中は開けっ放しにして
店への入りやすさを演出します。

【失敗しない】小さなカフェの間取りのまとめ

【失敗しない】小さなカフェの間取りのまとめ
失敗しないための
小さなカフェの間取りは、

つまり
「ランニングコストを下げ
しかし
大きな売上をつくる」

ことを目指したものになります。

そのためには

  1. 家賃や人件費を抑えつつ
  2. 集客しやすい立地で開業し
  3. 店内喫茶以外で、物販や食品販売で大きな売上をつくる

これが優れた方法です。

リスクが最小限で済みます。

間取りとしては、

  • 正方形に近く
  • 間口が広くとられ
  • 建物の共用トイレが使える

このような物件が最高ですね。

個人で小さなカフェ開業を目指している方の
参考になれば嬉しいです。

ここまでお読みいただきまして
ありがとうございました。

カフェ開業希望者向け。コーヒー豆売りの教材はコチラです。小さなカフェ開業 コーヒー豆の売り方講座【無料部分あり】

【永久保存版】自家焙煎コーヒーショップ開業の準備・やり方まとめ
【永久保存版】自家焙煎コーヒーショップ開業の準備・やり方まとめ将来、コーヒーショップや小さいカフェをやりたい方向け。 コーヒーショップ開業までの流れ・準備・やるべきことをまとめてみました。 席数少なくていいから、カフェスペースも作りたい。自家焙煎したコーヒー豆を売りたい。でも、経験も自信もないし、どうやっていいか分からない。という方は、是非お読みください。 ポイントをまとめてみました。 将来小さいロースタリーカフェをやりたい人は、 この記事をまずお読みください。 ...
カフェなど飲食店テナントの探し方 アイキャッチ
カフェなど飲食店テナントの探し方【ネットで探すだけではダメです】カフェテナント物件の探し方。ネット上に公開されているテナント情報は、地雷物件ばかりというのはある意味本当です。その仕組みを公開。また、プロに負けないために、素人でも確実に優良物件に出会える方法を解説します。...