コーヒー豆

バレルエイジドコーヒーとは?【史上最強の風味を持つコーヒー】

バレルエイジドコーヒーとは?【史上最強の風味を持つコーヒー】
アフロの焙煎屋
アフロの焙煎屋
バレルエイジドコーヒーってご存じでしょうか?

ウイスキーの空樽にコーヒーの生豆を入れて寝かせ、ウィスキーの風味が移ったコーヒーのことです。スターバックス リザーブロースタリー東京でも発売されたことで、話題になりました。
ちなみに、焙煎時の熱でアルコールは飛びますので、アルコール度数はゼロです。

少量生産になりますので、とても稀少なコーヒーです。

スターバックスのバレルエイジドコーヒー

スターバックスのバレルエイジドコーヒー
中目黒にある
スターバックスリザーブロースタリー東京。

世界に数軒しかない、
ロースタリー(焙煎所)併設のスタバです。

世界各地の高品質な豆を取り扱っており、
ここでしか飲めない
コーヒーを取り揃えてます。

このお店で、バレルエイジドコーヒーを
飲むことができます。

こちらでは、
コールドブリュー(水出し)の
アイスコーヒーでの提供です。
ウィスキーグラスに
大きめの氷が入ってます。
小さいピッチャーも付いて、
2杯分飲むことができました。

香りは、
仄かにウィスキーぽい感じ。
コールドブリューならではの
甘みある味と合わさって、
とても上品な風味。
美味しかったです。

バレルエイジドコーヒーとは?

バレルエイジドコーヒーとは?
2019年、私ははじめてバレルエイジドコーヒーと出会いました。

場所はSCAJという東京ビッグサイトで行われた日本最大のコーヒーの展示会です。ユー○スフーズという会社が、ベトナムから仕入れたバレルエイジドコーヒーの試飲を提供してくれました。ホットでの提供でした。

何気なく出された試飲を一口飲んだときの衝撃・・・!

アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
・・・これ、コーヒー?

甘くて強い香り、なめらか過ぎる飲み口、柔らかくていつまでも残る甘い余韻・・・。その強烈な風味に圧倒されました。ゲイシャを飲んだとき以上の衝撃です。

しかし、後日に値段を見てびっくり。
メチャクチャお高かった。
それこそゲイシャ並みでした。

コーヒー豆の説明書きを読んでみると、ベトナムのカチモールという品種で作られたとのこと。

カチモールというのは、アラビカ種とロブスタ種のハーフのようなもの。私の印象としては、あまり美味しくない品種です。

アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
カチモールでこれなら、もっと美味しい豆で作ったら、もっと美味しくなるのでは?
そして、自分でやれば、もっと安く作れるのでは?

ということで、私の研究が開始されました。

バレルエイジドコーヒーの作り方

バレルエイジドコーヒーの作り方は簡単。

使用済みのウイスキー樽のなかに
コーヒーの生豆を入れて寝かせるだけ。

熟成の期間は3ヶ月〜半年くらい
にしているところが多いようです。

それだけで、
コーヒー豆の風味がびっくりするくらい
変化します。
ウイスキーの風味をしっかり感じますし、
フルーティさも感じます。

作り方は簡単ですが、
使用済みのウイスキー樽は
なかなか手に入りません。

また、手に入ったとしても
家庭でやるには樽は場所を取りすぎます。

そこで、飲み終わった
ウイスキーの瓶で代用すると良いかと思います。

樽で熟成させるよりは
風味が少し弱まりますが
できないことはありません。

ウイスキー
ラム
焼酎
など
香りの強いお酒の空き瓶で
色々と試してみると面白いかもです。

バレルエイジドコーヒーを作ってみた

バレルエイジドコーヒーを作ってみた
半年以上かけて実験を行い、作ってみた結果、バレルエイジドコーヒー以上の強い風味を持つコーヒーを作ることができました。

色々なお酒で試してみました。
ウィスキー
ラム
ワイン
日本酒
・・・

熟成の期間はどのくらいがいいのか?色々と試してみました。
1週間?
1ヶ月?
3ヶ月?
半年?
販売されているバレルエイジドコーヒーは30〜45日くらいが多いようです。私なりに色々実験してみた結果、とある方法に落ち着きました。企業秘密ですw

どのコーヒー豆を使用すると良いのか?
これも色々と試しました。
好みによると思いますが、クセの無いブラジルが美味しかったですね。ウォッシュト・ナチュラル、ともにそれぞれ良さがあります。

バレルエイジドコーヒーとは? まとめ

バレルエイジドコーヒーとは? まとめ
バレルエイジドコーヒーとは、私が今まで飲んだ中で、史上最高の風味の強さを持つコーヒーでした。

あの風味に劣るカチモールという品種を、ゲイシャ種以上の風味を持つコーヒーに変えてしまう・・・。なんだか錬金術のように思えました。

本質的には、ハワイのお土産であるような、バニラなどフレーバー付きのコーヒーと変わらないかもしれません。邪道、と言う人もいるでしょう。しかし私は、その風味の豊かさに大きな可能性を感じました。

私はアフロ豆というコーヒー豆販売サイトを運営しておりますが、そちらでは2種類のバレルエイジド風コーヒーを発売しています。一応、あくまでも「風」をうたっています。本来の製法と少し異なるからです。

バレルエイジド風 ラムリキュール ピーベリー
ラムを使用しました。ブラジルのピーベリーという丸い豆を使い、ラムの風味が極限まで活かされるようにしました。非常に強いラムのフレーバーを持つコーヒーですが、風味にはフルーティさも感じます。

バレルエイジド風 芋キャラメラード
こちらは芋焼酎です。ブラジルのマッタスデミナスという甘みに特徴のある地域の豆を使用。強すぎるボディと強すぎる甘み、強すぎる香り。強烈な風味を持つコーヒーが誕生しました。

もし興味あれば、見てみてください。最後は宣伝でしたw

今日はこんな感じです。
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。