COFFEE WORK

カフェ開業を低資金で!【内装費を極限まで圧縮するワザを公開】

カフェ開業を低資金で!【内装費を極限まで圧縮するワザを公開】アイキャッチ
開業したい人
開業したい人
カフェ開業の情報をしらべると、初期費用、特に内装費がすごく高くて心が折れる・・・
お金かけずに開業できないの?

今日はこんな疑問に答えていきます。

色々なサイトをみると、小さなカフェで内装費は500万程度、と書いてあることが多いです。10坪以内の小スペースなカフェでも、通常は500万くらいを見込んでおけば安心ですよ、という金額です。

アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
これは、私の実体験と比べてみても妥当な金額だと言えます。

しかし内装費で500万・・・。物件取得費や厨房設備など揃えると、余裕で1000万オーバーです。半分は銀行などから借り入れるにしても、個人で500万用意するのはキツくないですか?

そこで、この記事では内装費を極限まで削り150万、自己資金トータル300万で開業を目指すことを目標とする方法を書いていきます。

この記事を読むと、カフェ開業を低資金で済ませる道筋がイメージできます。

自己紹介
アイキャッチ
【将来開業したい方の為のカフェ求人】未経験からのキャリア5選【経験談あり】将来的に自分でカフェなどの開業をしたいと漠然と考えている方へ。今からできるキャリア作りと必要な経験。また、具体的に必要なスキルと資金が貯まる方法を実体験を交えながら説明します。...

カフェ開業 低資金な内装予算の内訳

フェ開業 低資金な内装予算の内訳
カフェ開業を低資金でおこなうために、一番効果的なのは内装費を圧縮することです。150万を目指すとして、まずは内訳を説明します。

内装費150万内訳

・壁(40万〜)
・床(20万〜)
・水道(15万〜)
・電気(20万〜)
・ガス(10万〜)

以上で100万です。50万余りました。

物件によってかなり左右されるので、余裕をもたせてあります。

これを実現するための条件は次のようなものになります。

  • トイレは残置物を使う
  • エアコンも残置物を使う
  • カウンターや棚、机と椅子など家具類は自分で用意
  • 入口はいじらない
  • 天井もいじらない

また、床や壁などそのまま使えるケースもあり、その場合はもっと安く済みます。
ガスも引き込み工事済みのテナントであるならば、安く済みます。

これらのことは物件の状況に大きく左右されますが、条件さえ合致すれば、内装費が100万もかからない場合もあるということです。
内装費を少し工夫するだけで、カフェ開業が低資金で済ませることが現実味を帯びてきます。

それでは、内装を低予算にするための具体的な方法を見ていきます。

カフェ開業 内装を低予算でやるための5つの方法

カフェ開業 内装を低予算でやるための5つの方法

やり方1・原状回復まえに交渉する

テナントは撤退するとき、基本的には原状回復をしなければなりません。

原状回復とは

原状回復とは、テナントは退去する際、入居時の状態に戻すことを義務づけられます。ほとんど場合が、スケルトンに戻すことになります。

トイレとエアコン、壁の石膏ボードなどは残してもらえないか、原状回復前に、テナント物件のオーナーにお願いしてみましょう。

やり方2・内装業者への見積のとり方を工夫する

内装業者に見積をお願いするときのコツをお話しします。

物件まで来てもらって、寸法を測ったり、具体的にやってもらうこと、レイアウトなどをお話します。業者さんにやってもらいたいことを全て細かくお伝えして下さい。

壁や床はどうするか。素材のイメージ。入口のデザイン。照明はどのようなものか。電源は部屋のどこに何個付けるか・・・。できる限り具体的に、漏れなく細かく伝えましょう。

やってもらいたいことを、全て伝えた後で、最後に「これ全部で、予算○○万円以内でお願いします。」と言いましょう。かなりシビアな金額設定にして下さい。

自分の希望は全て伝え、そのうえで希望予算内でできるように、向こうに必死に考えてもらうんです。大丈夫。向こうもプロですから、知恵を出して色々と提案してくれます。

これを逆のやり方をしてしまうと、上手くいきません。

最初に予算を先に伝えてから、内装業者さんにやってもらいたいことを伝えてはダメです。そうなるとあちらのペースです。「それは高くつきますよ」「それはちょっとその予算では厳しいですね」などといった言葉をかけられます。そのようなことを言われると、こちらも心が折れます。自分のやりたいことを自分の予算内で抑えることは、こうなってしまうとほぼ不可能です。

こちらが妥協するのではありません。プロである向こうに、必死に考えて知恵を出してもらい、予算内でやりくりさせるように仕向けるのです。

鬼かもしれませんが、このやり方で3社から相見積をとります。

やり方3・電気と水道の工事は自分で手配する

電気と水道の工事は、通常は内装業者さんが手配します。内装業者さんも付き合いがありますので、あまり彼らに安くお願いはできません。

そこで、事前に内装業者さんに断りを入れて、自分で手配してしまうのも有効です。ネットやタウンページなどですぐに出てきます。

電気業者さんには、
・動力工事(必要なら)
・コンセントの設置
・照明
これらをお願いします。
コンセントは余分に設置することをおすすめします。
店を運営していくなかで、やりたいことって増えていくからです。

水道業者さんには、
・シンクなど水回り
・浄水器の設置
・水道管直結の機器類の接続(製氷機など)
・トイレの設置(必要なら)
これらをお願いします。

どちらも3社見積をとって、それから値段交渉するといいです。
内装業者さんが出してくる見積と、かなり金額の開きが出る場合があります。

やり方4・家具や棚はじぶんで作る

やり方4・家具や棚はじぶんで作る
簡単な棚、ディスプレイ台などは、自分で作ってしまいましょう。

棚などに使う木材は、以前の記事でも書きましたが「足場材の古材」がおすすめです。楽天などで検索すると出てきます。ペンキなどで汚れていたりしますが、上からオイルステインを塗ると、すごく良い味になり、安っぽく見えません。

壁も自分で塗ってしまいましょう。メチャクチャ簡単です。

やり方5・家具はヤフオクなどを活用する

カウンターやレジ台など、自分でつくるには少し大変なものは、ヤフオクなど活用するといいです。

オーダーメードできるところも多く、個人の業者さんなどが比較的安くつくってくれます。内装業者さんにお願いすると何十万もかかるものが数万円でできたりします。

カフェ開業 内装はスピードも大事

カフェ開業 内装はスピードも大事
男性
男性
床も壁も全部自分でやってしまえば、もっと安くできるんじゃない?

その通りです。ネットでやり方は調べられますし、使用する資材もモノタロウでなんでも買えます。できる人はやっちゃいましょう。

しかし、最初は分からないことだらけです。一部は業者さんにお願いして、その業者さんから色々やり方を教わるのも良い方法です。

また、テナントを契約すると、通常はすぐに家賃が発生します。契約からオープンまでは時間との勝負。業者さんにお願いするところはお願いして、その間に自分は別の作業に集中し、時短を意識していきましょう。

まとめ カフェ開業を低資金で!【内装費を極限まで圧縮するワザを公開】

まとめ カフェ開業を低資金で!【内装費を極限まで圧縮するワザを公開】

カフェ開業を低資金ですませるために 私の経験

私も内装はできる限り自分でやりました。壁のペンキ塗りもやりますし、棚やディスプレイ台など、家具類も自分で作ります。インパクトと呼ばれる電動ドライバーとノコギリがあれば何でも作れます。木材に塗装をほどこし、それなりに味も出すことができました。

最初は家具も最小限で大丈夫

店を運営しているうちに、いろいろと必要なものが出てきますので、その都度、最適なものを作り足していくほうが効率的だし使い勝手も良いです。最初は棚や家具など、最小限で抑えましょう。

まとめ カフェ開業を低資金で

それでは、まとめます。

内装費圧縮5つの方法

1・原状回復まえに交渉する
2・内装業者への見積のとり方を工夫する
3・電気と水道の工事は自分で手配する
4・家具や棚は自分で作ろう
5・家具はヤフオクなどを活用する

これらの方法を駆使すれば、当初は想像もつかなかったほど内装費を抑えることが可能です。

最初は分からないことだらけで不安ですよね。しかし、ネットでいくらでもノウハウが出てくる時代なので、自分でやれることはやってしまった方がいいです。圧倒的に安くなります。

内装費が150万で済ませ、抑えめの家賃のテナントにすれば、自己資金300万でのカフェ開業は十分可能です。カフェ開業を低資金で行うのは、現実的な話なんです。

安く小さく早くはじめて、徐々に内装や設備を育てていくのも楽しいです。是非チャレンジしてみてください。

今日はこんな感じです。
ありがとうございました!

アイキャッチ
小さなカフェの開業資金っていくらかかる?【安く抑えるワザも公開】小さいカフェの開業に、初期費用っていくらかかかる?その内訳は?安く済ませる方法は? そんな疑問にお答えします。安く済ませるノウハウ、逆にお金をかけるべきポイントも。...