カフェ開業

カフェ開業 レジスターの失敗しない選び方【個人店とチェーン店それぞれに必要な機能とは】

カフェ開業 レジスターの失敗しない選び方【無料POS・タブレット型は危険】
女性
女性
カフェをオープンする予定だけど、レジってどんなものがいいの?
どのような機能が必要なの?
男性
男性
クレカや電子マネーの決済も、導入できるの?
アフロ
アフロ
お店の規模によってもレジに求める機能が異なったりします。この記事では、そのような違いもトータルに解説します。

この記事を読むと

  • カフェのレジに求める機能
  • 逆にいらない機能
  • おすすめのレジの機種
  • クレカ・電子決済端末のおすすめ

このようなことが分かります。

この記事を書いた人
この記事を書いた人

カフェ開業 レジスター失敗しない選び方

カフェ開業 レジスター失敗しない選び方
カフェ開業で必要になるレジスター。
今は色々な選択肢があって、迷いますね。

無料をうたうPOSレジ(本当は無料ではない)などもあって、いろいろなトラップがあります。

そこで、
「カフェ開業において本当にレジに求めること」
をリストアップして、それを満たすレジスターの機種は何か、考えてみます。

 

カフェがレジに求めること

まずは、カフェが最低限レジに求める機能を挙げてみます。

レジを打つスピードが早い

単純にボタンを押したときのレジの反応速度です。
お会計にはある程度のスピードが求められます。

iPadのようなタブレットを使用したレジは、どうしてもスピードが遅いです。
これは地味ですが、かなり大きなストレスになります。

操作が簡単

操作はシンプルで単純な方が良いです。当たり前ですね。ミスも少なくなるし、会計スピードも上がります。スタッフを雇う場合はなおさらです。

売上管理、商品管理ができる

日々の売上管理はもちろん、商品毎に何個売れたのか、など詳しいレポートも必要です。
経営戦略を考える上で、必要な情報です。

場所をとらない

レジスター自体が小さく、場所をとらないことも重要です。
特に小さいカフェだと、大きいレジを置く余裕なんてありません。

コストが安い・耐久性がある

導入にお金がかかるレジが多くなっています。
タブレット型だと、本体や周辺機器でコストがかさみます。
また、毎月の利用料がとられるサブスク型サービスも増えています。

また、耐久性も大事です。
10年くらいは普通に使えて欲しいですね。

 

個人店とチェーン店の違い

小規模な個人店と、多店舗展開をするチェーン店では、当然レジに求める機能が異なります。

自分がマスターとなって、ひとりで、もしくは少人数で回すような個人店の場合、レジは最低限のもので大丈夫。
安い2万円くらいのレジを購入し、別途キャッシュレス決済端末を申し込めばOKです。

一方、多店舗展開するチェーン店では、オンラインで繋がっているレジの導入が必須です。

  • 商品管理や登録が一括管理できる
  • 売上の管理や分析が楽
  • 自動釣り銭機能などオプションも豊富

などなど、お金はかかりますが、チェーン店に欠かせない様々な機能があります。
スタッフなどにお店を任せることになりますが、高機能レジを使うと不正を予防する効果もあります。

 

レジスターの種類

レジスターの種類は、ざっくり分けて3種類です。

  1. 通常のレジ(キャッシュレジ)
  2. ・・・昔ながらのボタンで入力する、旧タイプのレジです。
    旧タイプといっても商品別に売上管理ができたり、ネットと繋げることができたり、進化しています。

  3. POSレジ
  4. ・・・POSレジとは、タッチパネル操作によって商品を呼び出し、会計するものです。
    販売数や売上管理に優れており、大手企業であれば必ず導入しています。
    しかし、その分価格が高いです。
    個人でカフェをやる分には、オーバースペックとなります。

  5. タブレット型
  6. iPadやiPhonsなどを使用する、新しいタイプのレジです。
    オプションで色々な機能を付け加えることができます。
    現在、主流となりつつあります。

 

タブレット型はサブスクのサービスとなり、毎月の料金がかかります。
その為、当ブログでは個人店向けには通常のレジ(キャッシュレジ)を推奨します。

 

タブレット型 無料POSレジは毎月の料金がかかる場合も

タブレット型 無料POSレジは毎月の料金がかかる場合も
iPadなどタブレットを利用したレジを導入するお店が増えています。
スマレジ・ポスタス・エアレジなどが有名ですね。

見た目はカッコ良く、高機能。
キャッシュレス決済にも対応。
時代の流れは、完全にタブレット型レジです。

ネットで繋がり、商品登録や商品管理、売上管理も中央で一括に行うことができます。

ただし、次のようなデメリットがあります。

  1. レジ打ちの速度に難がある
  2. ・・・反応スピードは通常のレジのボタンに比べると、やや遅いです。

  3. コストがかかりがち
  4. ・・・周辺機器にお金がかかるし、毎月の利用料をとられるケースも。

  5. 耐久度が劣る
  6. ・・・落としたら故障して終了です。通常のレジは10年以上使えることも。

無料のようで無料ではない

無料POSレジをうたっているのですが、本当に無料ではありません。
当然ですよね?
有料な部分がないと事業として成り立ちません。

レシートプリンターやクレジット決済端末など導入費用がかかったり、毎月の利用料が数千円かかるケールも。
これは各社似たようなものです。

毎月の利用料が無料だと、導入時に金額がかかります。
反対に導入時が無料だと、毎月の利用料がかかるケースが多いです

メリットもたくさんある

当然ですが、タブレット型のレジにも利点は多いです。

まず、チェーン店のような多店舗展開を見据える店舗にとっては、第一の選択肢となります。

商品登録や商品管理、売上管理も、中央でパソコンの管理画面で一括管理できるからです。
店舗毎に設定して回る必要がありません。
また、各店舗の売上や商品別のレポートの集計も自動でしてくれます。

あとは、会計ソフトとの連動性ですね。
freeeeなどと連動しているものがありますので、決算など省エネで済みます。

自動釣り銭機もオプションでつけることができ、不正予防の効果も期待できます。

アフロ
アフロ
1店舗目は通常のレジで開業。
3店舗以上、展開することになったら、タブレット型を導入。
こんな流れでも良いかもしれません。
ただし、最初から多店舗展開を狙っているお店は、最初からタブレット型を選ぶと良いと思います。

 

個人のカフェ開業で買うレジスターは、普通のレジが良い

個人のカフェ開業で買うレジスターは、普通のレジが良い
アフロ
アフロ
そんなワケで、個人でカフェ開業をやる方であれば、最初は通常のレジスターで良いかと思います。

通常のレジスターとは、上のような画像のもので、シャープ製やカシオ製のレジが有名です。
私はこれらが一番、小さな個人カフェには適していると考えています。

なぜなら、カフェがレジに求める機能を全て満たしているからです。

  1. レジ操作が早い
  2. 反応スピードが早くてノーストレス

  3. 操作が簡単
  4. 操作は究極的なまでにシンプル化できます。PLUという機能を使います。

  5. 売上管理、商品管理ができる
  6. 機種によっては売上管理はもちろん、商品毎の売上管理もできます。

    PLUという機能を使えば、どの商品が何個売れているのか、細かく把握することが可能です。
    これで、実質的にPOSレジとしての役割を代替できます。

    PLU機能とは

    PLU(Price Look Up)機能とは、商品名と名前を番号とヒモ付けてレジに登録する機能です。

    例えば 「1・・・ホットコーヒーRサイズ、300円」という感じです。
    お会計時には、この番号を使ってレジ登録をします。
    商品に対応する番号をレジ打ちするだけなので、操作も簡単に覚えることができます。

    全ての商品を登録することで、商品別の売上が把握することができ、通常のレジでもPOSレジのように扱うことができます。

  7. 場所をとらない
  8. 多くの機種が発売されていますが、小さいものはコンパクトで最小限の場所しかとりません。タブレット型のように、周辺機器を別に用意する必要もありません。

  9. コストが安い・耐久性
  10. コスパは抜群です。2〜4万円ほどで新品が購入できます。毎月の利用料は、もちろんありません。耐久性も抜群で、今まで長年積み上げてきた信頼性があります。

このような理由から、通常の安いレジをおすすめします。

アフロ
アフロ
とりあえず、簡単に扱えるのが一番ですよね!

 

おすすめは、カシオのレジスター

おすすめは、カシオのレジスター
私が使用しているのは、カシオのレジです。
といっても、シャープのレジと機能はほぼ変わりません。
どちらでも良いかと思います。

私がこの機種を使用する理由は、

  • カフェが求めるレジ機能を満たしていること
  • 本体がコンパクトでカラーも選べること
  • PLU機能が使え、登録可能数も多いこと
  • レジロール(レシート)が手に入りやすいこと
  • (ネット通販や家電量販店も購入できる)

このような理由からです。
もちろん、軽減税率にも対応済みです。

どこで買うのが安いかなと思って調べてみましたが、家電量販店でもAmazonでもあまり変わりませんね。

レジロールの交換も簡単

レジロールの交換も簡単
フタを開けて、レジロールを入れるだけです。人類であれば誰でもできます。いや、もしかしたら少し賢い猿でもできそう。

PLUはこんな感じ

PLUはこんな感じ
PLU機能を使用すると、こんな感じでデータが取れます。商品別に売れた個数や金額を把握することができます。POSレジの機能を代替できます。

キーの配列

キーの配列
キーの配列は、基本的なものだけがあり、迷うことがありません。早く打ってもしっかり反応してくれるので、処理スピードが速いです。

レジスターおすすめの機種

おすすめの機種を2つ、挙げてみます。


ウチが使用しているタイプです。PLU登録数(商品登録数)が多く、ネットとも繋がる機能がある優秀なヤツです。

レシートや領収書にお店のロゴを入れることもできます。

部門数も多いのが助かってます。

部門とは

PLUで登録した商品を1〜10の部門に仕分けて管理する機能です。
例えば、
部門1はドリンク
部門2はフード
といった感じで、ざっくりと分野毎の売上げを把握するのに役立ちます。



こちらは部門が少ないタイプです。とはいえ、8部門あれば十分。機能的には問題無く、お値段も安いです。レジは最低限の機能でいいよ、という方はこちらで良いのではないでしょうか? (最低限といっても、基本的には優秀なレジです。)

シャープのレジもざっと見てみましたが、大体似たような機能を持ってますね。
カシオでもシャープでも、どちらでも良いと思います。

クレジットカードなどキャッシュレス決済端末は?

クレジットカードなどキャッシュレス決済端末は?
クレジットや電子マネーの決済端末が気になる方も多いかと思います。

今や現金決済を上回るボリュームになりつつあります。
導入は必須です。

カシオなどの通常タイプのレジの場合、電子クレジットなどの決済は色々なサービス提供会社がありますので、それに別途申し込むカタチになります。
この分野は競争が激しく、導入は通常無料です。
決済端末は無料で貸し出してもらえます

毎月の基本料金も無料が多いですが、決済金額の約3〜4%程度を手数料で引かれます。

アフロ
アフロ
決済手数料は必要最小限のコストですが、電子マネー決済が増えている今、このコストが重いんですよね。

現在の接客している体感だと、このコロナ禍でクレカや電子マネー決済は確実に倍増しました。
お店にもよりますが、売上全体の5割以上を占めるまでになっています。

 

おすすめのクレカ・電子決済サービス

各社に似たり寄ったりです。
JMSという会社が大手で、JCBや三菱UFJの関連会社なので安心です。
ウチも利用していました。

ただし、最新の端末ではレシート紙が有料化しました。
また、レシートの印字スピードも遅く、会計がもたつくようになってしまいました。

元々、決済手数料も業界標準で安くもありません。
また、ペイペイなどQRコード決済にも未対応です。

アフロ
アフロ
そんなわけで、現状ではデメリットが多くなってきて、JMSはおすすめできなくなりました。
今、おすすめできるとしたら、「PAYGATE」か、STORES 決済 (旧:Coiney)ですね。
PAYGATEの特徴
  • 初期導入コスト無料
  • QRコード含め全ての決済手段に対応
  • 月額の固定費3,000円
  • クレカ・電子マネーにも対応
  • クレジットカード手数料が安い(キャンペーン中)
  • レシートプリンター付きオールイン端末

ほぼ全ての決済手段に対応しつつ、オールインワンで使い勝手も良い。
完璧なCAT端末です。

アフロ
アフロ
月額の固定費がかかることが少し痛いですが、その分決済手数料が安くなるキャンペーンをしています。
今のところ、隙がありません。

 

ST0RES決済の特徴
  • 初期導入コスト無料
  • 月額の固定費無し
  • クレカ・電子マネーにも対応
  • 交通系決済の手数料が安い(1.98%〜業界最低水準)
  • 振り込み手数料が無料

なんといっても、電子マネー決済の手数料1.98%が断然安いです。

デメリットとしては、

  • PaypayなどQRコード未対応
  • レシートプリンター無し
アフロ
アフロ
デメリットはありますが、ですが、交通系IC決済の手数料が安いことが魅力です。
どちらも資料請求無料です。

 

レジとクレカ・電子決済端末の連携方法

やり方は、単純です。

  1. 通常のレジを打ち、合計金額を出します。
  2. クレジットや電子マネー決済の端末を画面の指示に従ってすすめ、合計金額を入力し、決済します。
  3. 最後に通常のレジの処理をして終わりです。
    現金決済の場合は「現/預」ボタンで終了ですが、クレカや電子マネー決済の場合は「クレジット」または「信」のボタンで終了させます。
    こうすることで、現金決済ではないことをレジに記録させることができます。
アフロ
アフロ
クレカ・電子決済端末のレシートの金額と、レジのレシートの金額を照らし合わせ、合っているか確認するのを忘れずに!
電子マネー・クレジットカード決済端末おすすめランキング【手数料重視】
クレジットカード・電子マネー決済端末(CAT)の比較・おすすめランキング【現場の使い勝手重視】電子マネーやクレジットカード決済端末、色々ありますが、一番重要なのは「手数料」です。ここに注目したガチのランキングを発表します。 重要なポイントを比較して、一覧にもしてみました。 PayPayなどQRコード決済にも対応。 ...

 

高性能のタブレット型POSレジを使いたい方向け

高性能のタブレット型POSレジを使いたい方向け
POSレジで商品管理をきっちりやりたい。
キャッシュレス決済全てに対応したい。
今後、他店舗展開もするかも・・・。
でも、コストをかけたくない。
キャッシュレス決済の手数料も最小限に抑えたい。

アフロ
アフロ
こんな贅沢な方には、「スマレジ」「ポスタス」などがおすすめです。

 

スマレジとは・・・?

スマレジとは・・・?
iPhoneかiPadがあれば、無料で導入できます
キャッシュレス決済も、いくつかのサービス事業者のなかから選ぶことができます。
なんと、都合の良いことにPAYGATEやSTORES決済とも連携していたりもします。

1店舗だけならば、ランニングコストもゼロで済ませることができます。
(周辺機器などオプションは有料です。)

デメリットは、
iPhoneかiPadが必要なこと。
レシートを発行するためにはプリンターが必要なこと。
2店舗目からは月額固定費用4,400円がかかること。

  1. レジは「スマレジ」
  2. 電子マネー・クレカ決済は「PAYGATE」

これが使い勝手が最高で、高機能かつ低コスト。
最強の組み合わせです。

アフロ
アフロ
スマレジとPAYGATEは資料を無料でダウンロードできます。

 

ポスタスとは・・・?

ポスタスとは・・・?
ポスタストは、特に飲食店で求められることに全て対応できる、高機能タブレット型POSレジです。

  • 商品管理
  • キャッシュレス決済
  • 自動釣り銭機
  • 自動券売機
  • QRコードなどによるセルフオーダー機能
  • テイクアウトやデリバリー注文対応
  • スタッフのシフト管理
  • 複数店舗の一括管理

などなど、おおよそ考えられる必要な機能は全て盛り込まれています。

デメリットは、初期費用が10万円以上かかること。
また、月額6,000円〜のランニングコストがかかること。

それでも、今までは高機能POSレジを購入するのに、1台100万円以上はかかったことを考えると、破格の安さです。
また、キャッシュレス決済の手数料なども、優遇を受けることができます。
(※導入コストも応相談とのことです)

店内席が20席以上あるような、中規模以上のカフェ。
もしくは他店舗展開をやるうえで、レジ周りの対応を万全にしたいお店。

そんな方には、「ポスタス」がおすすめです。
こちらも、資料請求無料です。

【POS+(ポスタス)】の資料請求はこちら(無料)

 

カフェ開業 レジスター失敗しない選び方 まとめ

カフェ開業 レジスター失敗しない選び方 まとめ
将来的には分かりませんが、現状では
「個人店の小さなカフェ開業に適したレジは、昔ながらの普通のレジで大丈夫。」
というのが私の結論です。

昔ながらのレジといっても、機能は十分。
最近はネットと繋がる機能も兼ね備えだし、スマホでリアルタイムの売上げチェックができたりもします。このように、エアレジなどのタブレット型レジの長所を奪うような機能も、実装されました。

さらにクレジット・電子マネー決済の導入も、通常型のレジであれば無料です。

このように、カフェがレジ求める

  1. 日々の使い勝手の良さ
  2. 充電池の劣化なども無く、壊れず、耐久性が良い
  3. クレジット・電子マネー決済端末の導入も無料

これらを満たすレジスターを考えたとき、カシオやシャープの普通のレジスターが選ばれるというワケです。

ただし、多店舗展開を考えている人は、最初からタブレット型のレジの導入が良さそうです。
最低限のプランや機能で始めて、お店の規模が大きくなるにつれて、オプションや機能を追加していくと、コストも抑えられて良いでしょう。

カフェ開業のレジスター選びに、今回の記事が参考になれば嬉しいです。

電子マネー・クレジットカード決済端末おすすめランキング【手数料重視】
クレジットカード・電子マネー決済端末(CAT)の比較・おすすめランキング【現場の使い勝手重視】電子マネーやクレジットカード決済端末、色々ありますが、一番重要なのは「手数料」です。ここに注目したガチのランキングを発表します。 重要なポイントを比較して、一覧にもしてみました。 PayPayなどQRコード決済にも対応。 ...
【永久保存版】自家焙煎コーヒーショップ開業の準備・やり方まとめ
【永久保存版】自家焙煎コーヒーショップ開業の準備・やり方まとめ将来、コーヒーショップや小さいカフェをやりたい方向け。 コーヒーショップ開業までの流れ・準備・やるべきことをまとめてみました。 席数少なくていいから、カフェスペースも作りたい。自家焙煎したコーヒー豆を売りたい。でも、経験も自信もないし、どうやっていいか分からない。という方は、是非お読みください。 ポイントをまとめてみました。 将来小さいロースタリーカフェをやりたい人は、 この記事をまずお読みください。 ...
アイキャッチ
小さなカフェの開業資金の相場は?ミニマム(100万円)で開業する方法とは?小さなカフェ(喫茶店)開業の最低資金っていくら?その内訳は?安く済ませる方法は?そんな疑問にお答えします。 自己資金100万円でカフェ開業する方法、安く済ませるノウハウ、逆にお金をかけるべきポイントも解説します。...