COFFEE WORK

カフェ開業 レジスターの失敗しない選び方【無料POS・タブレット型は危険】

カフェ開業 レジスターの失敗しない選び方【無料POS・タブレット型は危険】
悩む人
悩む人
カフェをオープンする予定だけど、
レジってどんなものがいいの?
どのような機能が必要なの?
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
こんなお悩みにお答えします。

この記事を読むと

  • カフェのレジに求める機能
  • 逆にいらない機能
  • おすすめのレジの機種

このようなことが分かります。

自己紹介

カフェ開業 レジスター失敗しない選び方

カフェ開業 レジスター失敗しない選び方
カフェ開業で必要になるレジスター。
今は色々な選択肢があって、迷いますね。

無料をうたうPOSレジ(本当は無料ではない)などもあって、いろいろなトラップがあります。

そこで、
「カフェ開業において本当にレジに求めること」
をリストアップして、それを満たすレジスターの機種は何か、考えてみます。

カフェがレジに求めること

まずは、カフェが最低限レジに求める機能を挙げてみます。

レジを打つスピードが早い

単純にボタンを押したときのレジの反応速度です。お会計にはある程度のスピードが求められます。

iPadのようなタブレットを使用したレジは、どうしてもスピードが遅いです。これは地味ですが、かなり大きなストレスになります。

操作が簡単

操作はシンプルで単純な方が良いです。当たり前ですね。ミスも少なくなるし、会計スピードも上がります。スタッフを雇う場合はなおさらです。

売上管理、商品管理ができる

日々の売上管理はもちろん、商品毎に何個売れたのか、など詳しいレポートも必要です。経営戦略を考える上で、必要な情報です。

場所をとらない

レジスター自体が小さく、場所をとらないことも重要です。特に小さいカフェだと、大きいレジを置く余裕なんてありません。

コストが安い・耐久性がある

導入にお金がかかるレジが多くなっています。タブレット型だと、本体や周辺機器でコストがかさみます。

また、毎月の利用料がとられるサービスがありますが、話になりません。1年間だけで考えてみても、コストがかかりすぎるからです。

また耐久性も大事です。10年くらいは普通に使えて欲しいですね。

タブレット型 無料POSレジはやめた方がいい

タブレット型 無料POSレジはやめた方がいい
iPadなどタブレットを利用したPOSレジを導入するお店が増えています。エアレジ・スマレジ・ユビレジが有名ですね。

見た目はカッコ良いのですが、次のようなデメリットがあります。

  1. レジ打ちの速度が遅い
  2. ・・・反応スピードが遅い。いちいちページが切り替わる。

  3. コストがかかり過ぎる
  4. ・・・周辺機器にお金がかかるし、毎月の利用料もとられる。

  5. 壊れやすい
  6. ・・・落としたら、終わり。電池も劣化します。

タブレット型のPOSレジを使ったお店は、①の理由だけで、大体のスタッフに嫌がられました。

無料のようで無料ではない

無料POSレジをうたっているのですが、本当に無料ではありません。当然ですよね?有料な部分がないと事業として成り立ちません。

レシートプリンターやクレジット決済端末の購入代金がかかったり、毎月の利用料が数千円かかったりします。これは各社似たようなものです。

毎月の利用料が無料だと、導入時にかなりの金額がかかります。反対に導入時が無料だと、毎月の利用料がかかります。(月4,000円〜)
どちらにせよ、かなりのコストがかかります。

カフェ開業で買うレジスターは、普通のレジが良い

カフェ開業で買うレジスターは、普通のレジが良い
カフェ開業で使うならば、通常のレジスターが一番です。

通常のレジスターとは、上のような画像のもので、シャープ製やカシオ製のレジが有名です。私はこれらが一番カフェに適していると考えています。

なぜなら、カフェがレジに求める機能を全て満たしているからです。

  1. レジ操作が早い
  2. 反応スピードが早くてノーストレス

  3. 操作が簡単
  4. 操作は究極的なまでにシンプル化できます。PLUという機能を使います。

  5. 売上管理、商品管理ができる
  6. 売上管理はもちろん、商品毎の売上管理もできます。
    どの商品が何個売れているのか、など細かく把握することが可能です。PLUという機能を使用します。

    PLU機能とは

    PLU(Price Look Up)機能とは、商品名と名前を番号とヒモ付けてレジに登録する機能です。

    例えば 「1・・・ホットコーヒーRサイズ、300円」という感じです。お会計時には、この番号を使ってレジ登録をします。商品に対応する番号をレジ打ちするだけなので、操作も簡単に覚えることができます。

    全ての商品を登録することで、商品別の売上が把握することができ、通常のレジでもPOSレジのように扱うことができます。

  7. 場所をとらない
  8. 多くの機種が発売されていますが、小さいものはコンパクトで最小限の場所しかとりません。タブレット型のように、周辺機器を別に用意する必要もありません。

  9. コストが安い・耐久性
  10. コスパは抜群です。2〜4万円ほどで新品が購入できます。毎月の利用料は、もちろんありません。耐久性も抜群で、今まで長年積み上げてきた信頼性があります。

このような理由から、通常の安いレジをおすすめします。

おすすめは、カシオのレジスター

おすすめは、カシオのレジスター
私が使用しているのは、カシオのレジです。
といっても、シャープのレジと機能はほぼ変わりません。どちらでも良いかと思います。

私がこの機種を使用する理由は、

  • カフェが求めるレジ機能を満たしていること
  • 本体がコンパクトでカラーも選べること
  • PLU機能が使え、登録可能数も多いこと
  • レジロール(レシート)が手に入りやすいこと
  • (ネット通販や家電量販店も購入できる)

このような理由からです。
もちろん、軽減税率にも対応済みです。

どこで買うのが安いかなと思って調べてみましたが、家電量販店でもAmazonでもあまり変わりませんね。

レジロールの交換も簡単

レジロールの交換も簡単
フタを開けて、レジロールを入れるだけです。人類であれば誰でもできます。いや、もしかしたら少し賢い猿でもできそう。

PLUはこんな感じ

PLUはこんな感じ
PLU機能を使用すると、こんな感じでデータが取れます。商品別に売れた個数や金額を把握することができます。POSレジの機能を代替できます。

キーの配列

キーの配列
キーの配列は、基本的なものだけがあり、迷うことがありません。早く打ってもしっかり反応してくれるので、処理スピードが速いです。

クレジット決済・電子マネー決済は?

クレジットや電子マネーの決済端末が気になる方も多いかと思います。

エアレジなど、タブレット型のPOSレジは付属のキットがあり、それを購入すれば使用できます。

カシオなどの通常タイプのレジの場合、クレジットなどの決済は色々なサービス提供会社がありますので、それに別途申し込むカタチになります。この分野は競争が激しく、導入は通常無料です。決済端末は無料で貸し出してもらえます

毎月の利用料金も無料で、決済金額の約3.5〜4%程度を手数料で引かれるだけです。この手数料は、どちらの方法を使っても変わらないことなので、必要最小限のコストです。

ウチはJMSという会社のサービスを利用しています。

申し込みから開通まで1〜2ヶ月かかるので、開業前早めに申し込むと良いと思います。

現在の接客している体感だと、このコロナでクレカや電子マネー決済は確実に倍増しました。売上全体の3割ほどを占めるまでになっています。

ペイペイなどは、まだまだ少数派ですね。キャンペーンがあるから使うだけで、まだ日常的に使う方はほとんどいません。導入はまだ先でいいのかな、という気がします。

レジスターおすすめの機種

おすすめの機種を2つ、挙げてみます。

ウチが使用しているタイプです。PLU登録数(商品登録数)が多く、ネットとも繋がる機能がある優秀なヤツです。

レシートや領収書にお店のロゴを入れることもできます。

部門数も多いのが助かってます。

部門とは

PLUで登録した商品を1〜10の部門に仕分けて管理する機能です。
例えば、
部門1はドリンク
部門2はフード
といった感じで、ざっくりと分野毎の売上げを把握するのに役立ちます。

シャープのレジもざっと見てみましたが、大体似たような機能を持ってますね。カシオでもシャープでも、どちらでも良いと思います。

カフェ開業 レジスター失敗しない選び方 まとめ

カフェ開業 レジスター失敗しない選び方 まとめ
将来的には分かりませんが、現状ではカフェ開業に適したレジは、昔ながらの普通のレジが一番!というのが私の結論です。

昔ながらのレジといっても、機能は十分。
最近はネットと繋がる機能も兼ね備えだし、スマホでリアルタイムの売上げチェックができたりもします。このように、エアレジなどのタブレット型レジの長所を奪うような機能も、実装されました。

さらにクレジット・電子マネー決済の導入も、通常型のレジであれば無料です。

このように、カフェがレジ求める

  1. 日々の使い勝手の良さ
  2. 充電池の劣化なども無く、壊れず、耐久性が良い
  3. クレジット・電子マネー決済端末の導入も無料

これらを満たすレジスターを考えたとき、カシオやシャープの普通のレジスターが選ばれるというワケです。

カフェ開業のレジスター選びに、今回の記事が参考になれば嬉しいです。

カフェ開業までの不完全マップ【入門〜上級まで】
カフェ開業準備のブログ記事まとめ【未経験〜実践までのロードマップ】カフェ開業したい方向け。 当記事では、カフェ開業のための情報をまとめました。ぼんやりと将来カフェやりたいなあ、と考えている方から、具体的に開業に向けて動いている人まで、是非ご覧ください。...