雑記

【書評】副業始めた人へのエナジードリンク!「40歳から差がつく生き方」苫米地英人・著

男性の口コミ
男性の口コミ
副業に時間使うのは少し罪悪感がある・・
女性の口コミ
女性の口コミ
家族や仕事先の人に理解してもらうのは難しそう・・

 

副業活動するということは今までには無い行動なので、漠然とした罪悪感や不安感、ありませんか?

アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
副業始めたてで結果がまだ出てないとき、メンタルが不安定になりがちですよね。継続を続ける為にも、こちらの本をおすすめします。

40歳から差がつく生き方・苫米地英人著

<div class=”kaerebalink-box” style=”text-align:left;padding-bottom:20px;font-size:small;zoom: 1;overflow: hidden;”><div class=”kaerebalink-image” style=”float:left;margin:0 15px 10px 0;”><a href=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&s_v=b5Rz2P0601xu&url=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13169679%2F” target=”_blank” ><img src=”https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/book/cabinet/3973/9784569823973.jpg?_ex=128×128″ style=”border: none;” /></a><img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616″ width=”1″ height=”1″ style=”border:none;”></div><div class=”kaerebalink-info” style=”line-height:120%;zoom: 1;overflow: hidden;”><div class=”kaerebalink-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&s_v=b5Rz2P0601xu&url=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13169679%2F” target=”_blank” >40歳から「差がつく」生き方 奴隷マインドを捨て、ノット・ノーマルで行け! [ 苫米地英人 ]</a><img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616″ width=”1″ height=”1″ style=”border:none;”><div class=”kaerebalink-powered-date” style=”font-size:8pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with <a href=”https://kaereba.com” rel=”nofollow” target=”_blank”>カエレバ</a></div></div><div class=”kaerebalink-detail” style=”margin-bottom:5px;”></div><div class=”kaerebalink-link1″ style=”margin-top:10px;”><div class=”shoplinkrakuten” style=”display:inline;margin-right:5px;background: url(‘//img.yomereba.com/kl.gif’) 0 -50px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;”><a href=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&s_v=b5Rz2P0601xu&url=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%258B%25AB%25E7%25B1%25B3%25E5%259C%25B0%25E3%2580%258040%25E6%25AD%25B3%2F-%2Ff.1-p.1-s.1-sf.0-st.A-v.2%3Fx%3D0″ target=”_blank” >楽天市場で購入</a><img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616″ width=”1″ height=”1″ style=”border:none;”></div><div class=”shoplinkamazon” style=”display:inline;margin-right:5px;background: url(‘//img.yomereba.com/kl.gif’) 0 0 no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;”><a href=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1781855&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062&s_v=b5Rz2P0601xu&url=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fgp%2Fsearch%3Fkeywords%3D%25E8%258B%25AB%25E7%25B1%25B3%25E5%259C%25B0%25E3%2580%258040%25E6%25AD%25B3%26__mk_ja_JP%3D%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25AB%25E3%2583%258A” target=”_blank” >Amazonで購入</a><img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=1781855&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062″ width=”1″ height=”1″ style=”border:none;”></div><div class=”shoplinkyahoo” style=”display:inline;margin-right:5px;background: url(‘//img.yomereba.com/kl.gif’) 0 -150px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;”><a href=”//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3504279&pid=886379629&vc_url=http%3A%2F%2Fsearch.shopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3D%25E8%258B%25AB%25E7%25B1%25B3%25E5%259C%25B0%25E3%2580%258040%25E6%25AD%25B3&vcptn=kaereba” target=”_blank” >Yahooショッピングで購入<img src=”//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3504279&pid=886379629″ height=”1″ width=”1″ border=”0″></a></div></div></div><div class=”booklink-footer” style=”clear: left”></div></div>

【総評】

特に30代〜40代の副業活動を始めた・始めようとしている人におすすめする本です。
著者はノットノーマルに生きろ、と言います。ノットノーマルは奴隷マインドを捨てた脱常識人のことです。

40代くらいになると会社の価値観に染め上げられ、気付かないうちにマインドが奴隷化しています。
直接的に副業を推奨している本ではありません。しかし副業始めたてで迷いがあり、少し不安定なマインドになっている人に、特効薬のように効くと思います。

サラリーマン

【超要約】

今は人生100年時代。60歳の人が子供扱いされる世界がある。40歳までは勉強期間。

20〜30代は会社に搾取され続け、40代以降は搾取する側に回る。
会社の目的は収益を上げること。この価値観に支配され、マインドが奴隷化する。
40代管理職といっても、実態は奴隷の長。
50代になると自分の価値観を脅かす存在を驚異に感じ、排除しようとするようになる。

今は40代から長い人生がある。
自分を縛っているもの「ブリーフシステム(思い込み)」を外し、エフィカシーの高い人になれ。
エフィカシーとは自己能力の自己評価。

奴隷にならない為、2〜3の収入源が必要。

ノットノーマル(脱常識人)で生きる。
私たちは何のために生まれてきたのか、その最高のゴールは今の私たちが見える範囲外にある。

 

まとめ

【総合評価】 

【良い点】 副業活動するにあたってのマインドを整えてくれる。

【悪い点】 世界のエリートたちとの思い出話しがちょいちょい差し込まれる。面白いが、要点だけ掴みたい人には増長に感じるかも。

 

私の感想

私は病気をきっかけに自分の為に生きると決意しました。

以前まで私は、朝から深夜まで休日もなく1年360日くらいを会社の仕事に使うような生活でした。
しかし、今では自分が最高のパフォーマンスを発揮する朝を、自分の為に使うようになりました。

ただ、「自分の為に」が行動の軸になると、今までとは違ったスタイルなので少し不安を感じてます。また会社に対して罪悪感も出てきました。

今までの他人(会社)の期待を満たすために生きるというスタイルは、幼少期に親の期待に応えようとしたことが始まりであり、根深いです。

以前の私は、他人軸で生きることが当たり前でした。しかしその思い込みを少しずつ緩め、自分の為に楽しく副業活動を行っていきたい。この本は、そのような思いにエネルギーを注入してくれました。

自分の為に時間を使って副業を軌道にのせ、本業でも結果を出す。このような直近の明るい未来を思い描いても良いのではないでしょうか。

太陽と人

副業活動を始めたばかりの人たちに、是非読んでもらいたいです。アラフォー向けの本と思わせるタイトルですが、年齢は問わないと思います。

ブログの収益化は継続が大事。結果が出るまで年単位かかりそうです。時々、このような本を読んでマインドセットし直すといいかな、と思いました。

今回は以上です。

ありがとうございました。

<div class=”kaerebalink-box” style=”text-align:left;padding-bottom:20px;font-size:small;zoom: 1;overflow: hidden;”><div class=”kaerebalink-image” style=”float:left;margin:0 15px 10px 0;”><a href=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&s_v=b5Rz2P0601xu&url=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13169679%2F” target=”_blank” ><img src=”https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/book/cabinet/3973/9784569823973.jpg?_ex=128×128″ style=”border: none;” /></a><img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616″ width=”1″ height=”1″ style=”border:none;”></div><div class=”kaerebalink-info” style=”line-height:120%;zoom: 1;overflow: hidden;”><div class=”kaerebalink-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&s_v=b5Rz2P0601xu&url=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13169679%2F” target=”_blank” >40歳から「差がつく」生き方 奴隷マインドを捨て、ノット・ノーマルで行け! [ 苫米地英人 ]</a><img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616″ width=”1″ height=”1″ style=”border:none;”><div class=”kaerebalink-powered-date” style=”font-size:8pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with <a href=”https://kaereba.com” rel=”nofollow” target=”_blank”>カエレバ</a></div></div><div class=”kaerebalink-detail” style=”margin-bottom:5px;”></div><div class=”kaerebalink-link1″ style=”margin-top:10px;”><div class=”shoplinkrakuten” style=”display:inline;margin-right:5px;background: url(‘//img.yomereba.com/kl.gif’) 0 -50px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;”><a href=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&s_v=b5Rz2P0601xu&url=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%258B%25AB%25E7%25B1%25B3%25E5%259C%25B0%25E3%2580%258040%25E6%25AD%25B3%2F-%2Ff.1-p.1-s.1-sf.0-st.A-v.2%3Fx%3D0″ target=”_blank” >楽天市場で購入</a><img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=1781854&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616″ width=”1″ height=”1″ style=”border:none;”></div><div class=”shoplinkamazon” style=”display:inline;margin-right:5px;background: url(‘//img.yomereba.com/kl.gif’) 0 0 no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;”><a href=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1781855&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062&s_v=b5Rz2P0601xu&url=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fgp%2Fsearch%3Fkeywords%3D%25E8%258B%25AB%25E7%25B1%25B3%25E5%259C%25B0%25E3%2580%258040%25E6%25AD%25B3%26__mk_ja_JP%3D%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25AB%25E3%2583%258A” target=”_blank” >Amazonで購入</a><img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=1781855&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062″ width=”1″ height=”1″ style=”border:none;”></div><div class=”shoplinkyahoo” style=”display:inline;margin-right:5px;background: url(‘//img.yomereba.com/kl.gif’) 0 -150px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;”><a href=”//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3504279&pid=886379629&vc_url=http%3A%2F%2Fsearch.shopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3D%25E8%258B%25AB%25E7%25B1%25B3%25E5%259C%25B0%25E3%2580%258040%25E6%25AD%25B3&vcptn=kaereba” target=”_blank” >Yahooショッピングで購入<img src=”//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3504279&pid=886379629″ height=”1″ width=”1″ border=”0″></a></div></div></div><div class=”booklink-footer” style=”clear: left”></div></div>