COFFEE WORK

コーヒーのバイトは豆売り屋一択!【カフェ開業したい人必読】

コーヒーのバイトは豆売り屋一択!【カフェ開業したい人必読】

今回は、カフェ開業後に必要な力が身につく、おすすめのコーヒーショップバイトをご説明します。

男性の悩む人
男性の悩む人
将来、自分のお店を持ちたいけど、どんな経験が必要?
女性の悩む人
女性の悩む人
今、カフェチェーン店でバイトしているけど、役に立つの?
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
個人でのカフェ開業にはバリスタや焙煎の技術が無くても大丈夫。全く問題ありません。売上げがちゃんと作れればあとは何とかなります。
ただ、通常のバイトだと一番重要な売上げの作り方が学べないんです。

この記事では、開業後に重要なオプションとなる、豆売りが学べるバイトをご紹介します。将来コーヒー屋を開業したい方、なんとなくカフェを開業したい方に向けての記事となります。

自己紹介
【カフェ開業に不安を感じる方へ】役にたたない経験・役に立つ経験将来カフェ開業が不安を感じる。だから色々な経験をつみたい、色々な資格とりたい、勉強したい!・・・これらがあまり意味のないことかもしれません。それをこの記事では説明します。本当に大切なことも。...

カフェやコーヒーショップの売上の構成

カフェやコーヒーショップの主な売上げの内訳は以下の通りです。

コーヒーショップの売上の内訳

①ドリンク
②フード
③コーヒー豆販売
④ギフト商品
④コーヒー関連雑貨
⑤ネット販売

コーヒーショップの売上げの柱となるのは①ドリンク③コーヒー豆販売となります。カフェなら①ドリンクと②フードです。

特に開業後に苦労するのは③コーヒーの豆売です。カフェチェーンでバイトしている人は体感で何となく分かると思いますが、喫茶メニュー(ドリンクとフード)と豆売りの売上げ、どちらが売れますか?圧倒的に喫茶ですよね。

開業後に喫茶メニューだけに頼るのはリスクが高いです。もしドリンクが売れない地域特性だったら・・・・。考えるだけで怖いですね。

コーヒー豆販売の売上のつくり方が分かっているか、分かっていないかは、ものすごく大きな差です。豆が売れれば④ギフト商品、⑤ネット販売も伸び、売上に大きく貢献してくれます。

そして通常のカフェチェーンではコーヒー豆販売は学べません。豆があまり売れないからです。せいぜい、ポイントカードを作ったり、豆売りの特売日を月に数回やる程度の取り組みです。

コーヒー豆販売を学ぶ為には、豆が売れているお店で働くのが一番です。←考えれば当たり前ですね。

コーヒー豆販売を学ぶことができるバイトって?

コーヒー豆販売を学ぶことができるバイトって?
豆の売り方の重要性はおわかりいただけたでしょうか?
豆売りを学びたいのであれば、豆が売れているお店で働くのが一番です。でも、豆が売れている店って、見ただけで分かるものでしょうか?

豆売りが得意な店の見分け方

安心してください。見分け方は簡単です。
売れている商品ほど、店のなかでディスプレイが広く使われています。

つまり、店の広さに対して、コーヒー豆売りのディスプレイの割合がより多い店、このようなお店の求人を探しましょう。

注意して欲しいのは、割合だということ。
お店全体が広く、しかも喫茶スペースが広くとられているなかで、豆売りのスペースの割合が少ししかないような店ではダメです。このようなお店は喫茶が主力で豆が売れていない店です。

店が小さくても、豆売りのスペースをしっかりと確保している店、これが狙い目です

コーヒー豆売りの求人の探し方

失敗しないコーヒーバイトの選び方
実際にカフェやコーヒーショップを回って、またはネットでお店の情報をチェックして、豆売りの売り場がどのくらい確保されているのか、確認しましょう。それが第一です。

バリスタの技術や、焙煎を学べるか、などは小さい問題です。独学で大丈夫。

そもそも一番重要なのは、「コーヒーの豆販売のやり方」ではなく、「なんでもいいから売上をつくるやり方」です

アルバイトの記事をここまで書いておいて身もフタもないことを言いますが、実は店長が一番、開業しても失敗しにくい体質を作れます。売上に対する責任を持ち、まいにち試行錯誤しなくてはいけない職種だからです。自然と力がつきます。

今は飲食専門の求人サイトがあるので、そこでコーヒー関連職種を探すのもアリです。下見で店を見るためのクーポンをくれるサイトもあって便利です。

≪飲食バイト専門サイト【ペコリッチ】を見てみる
≪飲食求人サイト【エフジョブ】を見てみる

それでも焙煎を学びたいという方

それでも、焙煎の技術を身につけられる職場で働きたいという方、いると思います。

そのような方は、ガスの焙煎機を使用しているコーヒーショップで働くことをおすすめします。焙煎士の募集しているところは少ないですが、たとえホールスタッフで採用されても、焙煎を学ぶチャンスはあります。

ありがちなのが、電気の焙煎機を使用しているコーヒーショップです。これはボタン1つで全自動で焙煎してくれますので、技術は身につきません。風味の面も、電気ならではの個性がない味に仕上がるので、デメリットが大きいです。技術を身につけたい方にはおすすめできませんが、豆売りの勉強にはなります。

豆が売れている店であれば、電気式でも個人的にはアリだと思います。自家焙煎のチェーン店は電気式焙煎機の利用が多いです。コーヒー豆販売で求人が多いのはこのタイプのお店です。

豆を売る力がつくコーヒーバイト

お店の総面積に対し、コーヒー豆販売の売り場面積を大きくとっているお店で働く
これ一択です。

この視点からみると、コーヒー豆販売で有名なお店が良いことが分かります。
東京なら、堀口珈琲、やなか珈琲、丸山珈琲、といったところが有名店ですね。
神奈川なら南蛮屋、群馬は大和屋。地域それぞれ、コーヒー豆販売が強いチェーン店があります。

チェーン店ではなくても、豆売りに強いお店を見つけたら、電話してアルバイト募集していないか直接聞いてみましょう。タイミング良ければ面接を組んでもらえます。

アイキャッチ
小さなカフェの開業資金っていくらかかる?【安く抑えるワザも公開】小さいカフェの開業に、初期費用っていくらかかかる?その内訳は?安く済ませる方法は? そんな疑問にお答えします。安く済ませるノウハウ、逆にお金をかけるべきポイントも。...

スターバックスなどのコーヒーチェーンでのバイトは危険

まとめ・スターバックスなどのコーヒーチェーンでのバイトは危険
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
まとめです

アフロの経験談

私は一般的なカフェ数軒、豆売りの専門店も数軒、勤務しました。しかも、お店の立ち上げも両方とも経験させてもらいました。それぞれのやり方、長所や短所をそれなりに知っているつもりです。

その経験から分かったことは、カフェが豆売りを普通にやっても売れない、ということでした。お客様のカフェへの来店動機は、やっぱり喫茶なんです。豆を買いたい人はカフェに行きません。カルディのような店か専門店に行きます。

豆売りの基本を学ぶ機会が豊富にあったことは、私のなかで大きな財産になりました。今、私のお店ではドリンクとコーヒー豆の売上げ比率は、ちょうど1:1程度となっており、理想的です。

売り方を体で覚えられる環境に身を置く

ドリンクを作る技術、豆を焙煎する技術、このようなものは独学で追求できます。やり方はネット上にあふれており、セミナーは毎週のように開催されています。あえてお店に勤務しなくても身につけることはできます。

スタバなど大手カフェチェーンでは研修も充実し、コーヒーや技術に詳しくなることはできます。でもそれって、独学でもできませんか?(社員で店長クラスなら売上つくりを試行錯誤するので、十分アリだとは思います。)

しかし、売る方法は実際に中で働いてみないと、なかなか分からないものです。

「いいものを作れる=売れる」ではないんです。売れる店には売れる仕組みがあります。せっかく働くなら、しっかりと「売り方」を身につけることのできる環境に身を置くべきです

その為には、「コーヒー豆売りの売り場を大きく確保しているお店」で勤務するのが一番!というお話でした。

今回は以上です。
ありがとうございました。

アイキャッチ
【将来開業したい方の為のカフェ求人】未経験からのキャリア5選【経験談あり】将来的に自分でカフェなどの開業をしたいと漠然と考えている方へ。今からできるキャリア作りと必要な経験。また、具体的に必要なスキルと資金が貯まる方法を実体験を交えながら説明します。...