COFFEE LIFE

【コーヒー豆解説】エチオピア産 モカイルガチェフェとは

【コーヒー豆解説】エチオピア産 モカイルガチェフェとはアイキャッチ
なまけもの
なまけもの
コーヒー豆でイルガチェフェって専門店行くとよく見るけど、どんな豆?
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
ここ20年くらい、スペシャルティコーヒーのなかで特別な地位にいるイルガチェフェ。世界的に人気な豆です。今日はこの豆を解説します。
自己紹介

【コーヒー豆解説】エチオピア産 モカイルガチェフェって?

エチオピアの南部シダモ地区イルガチェフェ地域(郡)で生産されたコーヒー豆。アラビカ種です。

高いグレードの豆が選別・出荷されるようになってから、その品質の高さと強い個性をもつ風味が話題となり、世界中のバイヤーが殺到しました。今では確固としたブランドになっています。

主に浅煎り〜中煎りで飲まれます。浅煎りならフルーティ、中煎りならワイニー、深煎りなら豊かなコーヒー感を引き出せる、スペックが超高いオールマイティな豆です。野球で例えるなら、大谷選手のようなコーヒー豆。浅煎りと深煎りの両方で美味しい豆って、なかなか無いんです。そういう意味でも、特別なコーヒー豆。

イルガチェフェのコーヒー豆 特徴

イルガチェフェのコーヒー豆 特徴
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
それでは、
エチオピア最高峰、
いやアフリカの最高峰、
いや世界最高峰のコーヒー、
モカイルガチェフェの特徴を詳しく見ていきましょう。

イルガチェフのコーヒー豆 風味

ひとくくりにイルガチェフェといっても、色々な地区があり、風味も千差万別。色々な品質、様々風味があって当たりハズレが大きいです。

柑橘系(と言うよりレモンティのような風味)、ベリー系、ピーチ、マスカット、ワイン、と様々な果実味を持つ豆があります。香りの強さはコーヒーのなかでも突き抜けており、長く続く爽やかな後味も特徴です。

イルガチェフェ 種類

アラビカ種ですが、エチオピアの在来種で色々な品種が混ざっています。単一ではありません。

イルガチェフェは細かく地区(組合)に分かれて出荷されており、色々な地区(組合)の名前をもつイルガチェフェがあります。日本に入ってくるイルガチェフェも種類が多く、さらに毎年の入れ替わりも激しいです。また、同じ地区のイルガチェフェであっても、年によって当たりハズレの差が大きいです。

精選方法もウォッシュドとナチュラルがあり、風味がかなり変わってきます。個人的にはせっかくの香りを楽しみたいので、クセが強いですがナチュラルが好きです。

イルガチェフェの生産地

イルガチェフェの生産地
イルガチェフェは村とも地域とも言われます。正確には郡にあたる単位の地域のようです。イルガチェフェとは現地語で「湿地とその草」という意味だそうです。

標高は1,750〜2,200mと、とても高いです。ここまで平均値が高い標高の生産地は、あまり見かけません。豊かな水源に恵まれ、土壌も肥沃、昼夜の寒暖差も大きく、コーヒー栽培に最適です。

小規模農家が近くの精選工場に持ち込み、そこで色々な豆が混ざります。その為に品質が安定しない傾向が。この工場毎で地区別・グレード別に仕分けられて出荷されています。

首都アジズアベバからイルガチェフェ地区までの間には治安が悪い地域があり、実際に陸路で行くとなると危険を伴います。

イルガチェフェのグレード(等級)

G1〜というグレードによって分かれており、日本にはG1〜G4まで入ってきています。これは欠点豆の混入率によってグレードが分かれます。G1が一番品質が良いとされています。

豆の大きさ、標高、風味などの品質によって決まるグレードではありません。単純に欠点豆の混入率のみで決まります。よって、G2の豆でも美味しい豆は美味しいですし、G1の豆でも美味しくないものもあります。一般的に、G2以上なら味もクリアで、スペシャルティとして扱えることが多いです。

【コーヒー豆解説】グアテマラ(ガテマラ)産の特徴と7大産地 アイキャッチ
【コーヒー豆解説】グアテマラ(ガテマラ)産の特徴と7大産地グアテマラのコーヒーは7つの代表的な産地があり、それぞれに特徴があります。またこの国のコーヒー豆の等級の種類や、おすすめの農園・産地・品種など、詳細に解説しました。...

おすすめのイルガチェフェ

おすすめのイルガチェフェ
数多く種類のあるイルガチェフェのなかで、おすすめのものをピックアップします。アフロによる独断と偏見です。

モカイルガチェフェ コンガ

ウォッシュドならキレイなワインのような風味、ナチュラルなら濃厚なベリー系の風味です。コンガG1のナチュラルはTOP OF TOPの突き抜けた品質です。

モカイルガチェフェ コケ

数年前日本に入ってきてましたが、ここ1年は見かけません。コンガと並び、ツートップの品質。こちらもベリー系の風味です。

モカイルガチェフェ セレモニー

兼松が輸入。ナチュラルはピーチのようなやさしい風味。ウォッシュドは紅茶のようなとても上品な味です。「なら最初っから紅茶を飲むよ!」っていう意見もあるかと思いますが、分かります。

モカイルガチェフェ コチャレ

丸紅をはじめいくつかの商社が取り扱ってます。柑橘系の風味。ナチュラル・ウォッシュドともにそれなりに良いです。スペシャルティコーヒー専門店ではよく見かける豆ですが、ツートップと比べると少し落ちます。(ただ、2019年のコチャレのナチュラルは今までに無く抜群の美味しさでした。)

イルガチェフェの品質はバラツキが大きい

イルガチェフェの品質は本当にピンキリです。

「モカイルガチェフェ」としか表示されていないヤツが売っていたら、要注意。「麦茶かよ!?」って思ってしまうほど、薄い風味の地雷のような豆もあります。(決して麦茶をディスってる訳ではわりません)

「モカイルガチェフェ ○○」と、ちゃんと組合名まで明示されているヤツが安心です。といっても、ここまでこだわって見ても当たりハズレはあります 泣

まとめ 【コーヒー豆解説】エチオピア産 モカイルガチェフェ

まとめ 【コーヒー豆解説】エチオピア産 モカイルガチェフェ
エチオピア産モカイルガチェフェのの解説は以上です。

なまけもの
なまけもの
じゃあ、おいしいイルガチェフェはどうやって探せばいいの?
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
うーん、難しい質問ですが、まずはコーヒー専門店に行きましょう。
ス○バやカ○ディでは、高品質なイルガチェフェは手に入りません。

専門店では、モカイルガチェフェ○○って名前で売っていますので、その風味をチェックしてください。

ベリー系やピーチ系の風味なら大当たりの可能性が。柑橘系や紅茶系の風味なら中当たりっといった感じでしょうか(超個人的見解)。

価格は100gあたり600〜1,000円程度かと思います。

浅煎りから深煎りまで、まんべんなく楽しめます。オーダー焙煎をやってくれるお店があれば、色々な焙煎度合いを試してみると面白いですよ。

今日のところはこんな感じです。
ありがとうございました!

【国別】コーヒー豆おすすめ1種ピックアップ【焙煎士が厳選】
生産国ひとつにつき1種!コーヒー豆おすすめピックアップ国別で、その国で一番おいしいコーヒー豆をひとつだけピックアップしてご紹介します。 コーヒー豆は種類が多いですが、この銘柄だけおさえればとりあえずOK!という豆たちです。現役焙煎士がガチで選びました。...