COFFEE LIFE

コーヒー豆 珍しい種類別ランキング【焙煎士がマニアックに厳選】

コーヒー豆の珍しい種類をTOP10ランキング形式でお届けします。

女性
女性
プレゼント用で、珍しいコーヒー豆を探しているけど、マニアが喜びそうなコーヒーは?
なまけもの
なまけもの
本当に特別で希少価値のあるコーヒー豆を知りたい・・・

このような要望にお応えします。

アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
コーヒー豆を10種、珍しくてユニークなものを厳選してご紹介します。
もしコーヒーマニアの方に、コーヒー豆のプレゼントをしたいなら、このなかのどれかをオススメします。
希少価値度も★であらわしていますので、参考にしてみてください。

自己紹介
私は今までに数百種類の豆を取り扱ってきております。
コーヒーの展示会にも毎年欠かさず参加して新しい豆のチェックを行っています。
その経験から、珍しいだけではなく、本当に珍しく稀少価値のある豆を10種ピックアップしました。

※「現在、日本国内で通販で手に入る豆」のなかでランキングを作成しています。

【初心者向け】失敗しないコーヒー豆の選び方超初心者向け、失敗しないコーヒーの簡単な選び方を開設します。コーヒー豆の焙煎のレベルを知ることで、簡単に自分に合ったコーヒーを見分けることができるようになります。...

コーヒー豆 珍しい種類 TOP10

コーヒー豆 珍しい種類 TOP10
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
それではコーヒー豆の珍しい種類のランキングをTOP10から発表します。

第10位 マラゴジッペ種

稀少性 

品種の名前です。
突然変異種で、ブラジルのマラゴジッペ地区で発見されました。

エレファントビーンとも呼ばれますが、特徴は何と言ってもその大きさ。
とにかくデカイ!
通常のコーヒー豆の3倍くらいあります。
その大きさとは裏腹に(?)、風味は繊細。浅煎りでフルーティな風味を楽しめます。

第9位 ビジャサルチ

第9位 ビジャサルチ

稀少性 

品種の名前です。
コスタリカで発見された突然変異種です。
病気に弱く、生産性が低いために見向きもされず消えていった種。

最近では味の面で再評価され、取り組む農園が増えている。
精製方法にもよりますが、アプリコットやリンゴのようなジューシーさがあるコーヒーです。

第8位 レッドハニー製法のコーヒー豆

稀少性 

製法の名前です。
通常、コーヒーの実の果肉を除去し、水洗いしてキレイにしてから豆を乾燥させます。

レッドハニーは果肉を多く残したまま豆を乾燥させ、果肉の風味を豆に残すやり方です。
均一に乾燥させるのが難しく、管理が大変なために生産量が限られています。
また、失敗するとカビなどが発生して逆にマズくなることも。
残す果肉の量によって、イエローハニー、レッドハニーと呼び方が変わります。

第7位 嫌気性発酵のコーヒー豆

稀少性 

コスタリカなどの一部農園で行われている、コーヒーの精製方法です。アナエロビックファーメンテーションとも言います。
最近の流行です。

レッドハニーやイエローハニーの上位互換のような精製方法。
嫌気性発酵では、コーヒーの果肉をある程度残し、密閉性の高い貯蔵庫で保存・発酵させます。
発生したガスの圧力により、果肉の風味が強く豆に浸透。
発酵時間も細かく管理され、12時間・24時間・48時間と分けられ、それぞれ風味が異なったりします。

コーヒーの精製技術としては、最先端なのではないでしょうか。
2019の品評会では、この精製法の豆が優勝しました。

コスタリカ以外の国でも、一部この方法を取り入れる農園も出始めました。
これからも、ますます注目を集めそうですね。

第6位 バレルエイジドコーヒー

第6位 バレルエイジドコーヒーPhoto gthurman on Pixabay

稀少性 

製法の名前です。
ウィスキーの樽のなかで一定期間寝かされたコーヒーです。
大体1ヶ月〜2ヶ月ほど寝かせるようです。

シングルモルトウィスキーの風味が豆に染み込み、奥深い味わいのコーヒーになります。
ウィスキーの香りが着いたコーヒーなんですが、これがまた相性がすごくいいんですね。
すごく贅沢な気分になれます。
初めて飲む方は、その特別な風味にかなりビックリすると思います。

ベトナム産を2019年あたりから日本の商社が取り扱い始めましたので、国内でもいくつかのコーヒー店が販売してます。

第5位 モカ イスマイリ

稀少性 

イエメン産のコーヒーです。
イエメンには数多くのコーヒーの生産地がありますが、このイスマイリは標高が高く、実が小さくて重く、ギュッと美味しさが詰まった豆です。
かつてアラビアの王侯貴族専用だったこともあったとか。

白ワインのような気品ある風味、マスカットのようなジューシーさもあります。
今まで、私が一番感動した豆です。

イエメンは内戦状態が続き、供給が安定しません。
品質も安定せず当たりハズレの振り幅が大きい豆ですが、もし販売されているのを見かけたら、ぜひ試してみて下さい。

第4位 コピルワク

第4位 コピルワクPhoto by Heri Susilo on Unsplash

稀少性 

コピルアックとも言います。
ウワサのあれです。猫のうんちコーヒーです。
有名になっていまや一般化しましたね。

ジャコウネコというインドネシアに生息する猫が、熟したコーヒーの実を食べます。
種が消化されずにうんちと一緒に排出され、それを採取して洗ってできあがり!
腸内での発酵作用によって、マイルドな風味になると言われてます。

「ホントかよ!?」って思いますが、実際に飲むとほんとにマイルドな味なので「そうなのかも・・・」と思ってしまいます。
腸内発酵によってカフェイン含有量は半分ほどに少なくなってるそうです。

生産国はインドネシアです。
近年出まわっているものは、ほぼ養殖ものだと思われます。
そりゃそうですよね。森を歩き回ってうんちを見つけるのは大変です。
誰だって野生のジャコウネコを捕まえて檻に入れて飼って、コーヒー豆食べさせて・・・って考えますよね。
ですので年々、稀少価値は薄れています。
養殖を動物虐待!って問題視する人も。

<<Amazonでコピルワクをcheck
<<楽天でコピルワクをcheck

第3位 アラミド・コーヒー

稀少性 

現地語ではカペ・アラミド。
コピルワクと一緒でジャコウネコのうんちコーヒーですが、こちらはフィリピン産です。
フィリピンでは稀少なジャコウネコの飼育が禁止されていることがあり、100%天然ものだそうです。(疑わしいけど・・・)
その為、高いです。
世界一高いコーヒー、とも言われることが多いです。

<<Amazonでアラミドコーヒーをcheck
<<楽天でアラミドコーヒーをcheck

第2位 ブラックアイボリー

第2位 ブラックアイボリーPhoto by Sasin Tipchai on Pixabay

稀少性 

うんちコーヒー第3弾です。
今度はゾウです。そうです。あの大きい生き物。
大量に食べて、大量に排出してくれそうですよね。
ネコより効率よさそう。考えた人アタマいいかも。

生産はタイ北部のゾウ保護センター。
ブレーク・ディンキンという人が考えたそうです。
退役したゾウの飼育費用を捻出する為の事業であるとか。優しいですね。

ゾウは草食で、ハーブや果物と一緒にコーヒーの実を食べさせるので、味に良い影響があるとか。
ジャコウネコは雑食なので、虫やら何やらなんでも食べそうですね。
そう考えると、ゾウの腸内の方がコーヒーには適してそうです。
33キロのコーヒーをゾウに食べさせて、やっと約1キロ採取できるとのことです。
その為、値段も非常にお高くなってます。

<<Amazonでブラックアイボリーをcheck
<<楽天でブラックアイボリーをcheck

以上でうんちコーヒーシリーズは終わりです。

第1位 ブルボン・ポワントゥ

第1位 ブルボン・ポワントゥ出典/UCC上島珈琲HPより

稀少性 

品種の名前。
ルイ15世が愛した幻のコーヒー。
仏領レユニオン島で、絶滅したと考えられていましたが、コーヒーハンター川島良彰氏が発見。
100年ぶりに復活させました。

現在のコーヒーの品種は交配は品種改良が繰り返されてます。
しかし、このブルボン・ポワントゥは100年ものあいだ孤島の野生で人知れず生き延びました。
つまりコーヒーの原種に近いと言えます。
ストーリー性のあるコーヒーですね。

UCCから発売されています。
150gでなんと13,000円くらい。

<<ブルボンポワントゥをcheck

その他 コーヒー豆珍しい品種【ゲイシャ種など】

その他 コーヒー豆珍しい品種【ゲイシャ種など】
マラゴジッペ種とビジャサルチ種は上記で紹介しましたが、まだまだ珍しい品種はあります。

コーヒーは、コーヒーノキという名前の植物です。品種改良が進み、品種の数はもはや無限に近いです。笑

ゲイシャ種

コーヒーマニアでなくても知っている、フルーティさNo.1の品種。
パナマのラ・エスメラルダ農園が世に送り出しました。その衝撃の風味はインパクト絶大で、当時世界最高の価格を記録しました。

近年はゲイシャ種の祖先であるゲシャ種がエチオピアにて生産され、流通するようにもなりました。

パカマラ種

パーカス種とマラゴジッペ種を交配させて生み出された品種。両方の名前を混ぜたんですね。笑
マラゴジッペ由来の大ぶりな豆で、アプリコットのようなジューシーさがある風味が特徴です。生産量が少なく、希少種となっています。

ジャバニカ種

インドネシアのコピルワク。その元となったジャコウネコが食べているコーヒーノキ。それをニカラグアに移植したものです。
ジャワ島から来た、ということでジャバニカという名前になったとか。中米のニカラグアらしいフローラルさ。品のある甘みをともなったクリアな風味が特徴です。

コーヒー豆は種類が多く珍しいものがたくさんあります

コーヒー豆は種類が多く珍しいものもたくさんPhoto by andreaswegelin Pixabay

世界にはたくさんの種類のコーヒー豆があり、珍しい種類の希少種はたくさんあります。

現在はトレーサビリティというものが重視されるようになりました。

結果として、コーヒー豆が
・どの農園か
・どの区画か
・何の品種か
・何の乾燥方法か
・何の精選方法か
・どのような保管方法か
このようなことまで、私たちは把握できるようになりました。

その結果、現在のコーヒー豆は珍しい、オンリーワンのコーヒーが無限にある状態です。情報が多すぎて、本当に希少価値のあるコーヒーが埋もれがちです。

そこで、希少価値が本当にある珍しいコーヒー豆のランキングを作ってみましたが、いかがでしたか?これらの豆をプレゼントとして使えば、コーヒーマニアの方でも喜ばれるんじゃないかと思います。

希少性があるコーヒー豆は値段も高いですけどね。笑

世界のコーヒー豆で珍しいものはまだまだたくさんあります。思い出し次第、ランキングの更新を行います。

今回は以上です。
ありがとうございました。

【国別】コーヒー豆おすすめ1種ピックアップ【焙煎士が厳選】
生産国ひとつにつき1種!コーヒー豆おすすめピックアップ国別で、その国で一番おいしいコーヒー豆をひとつだけピックアップしてご紹介します。 コーヒー豆は種類が多いですが、この銘柄だけおさえればとりあえずOK!という豆たちです。現役焙煎士がガチで選びました。...
コーヒー豆の通販おすすめランキング【焙煎士が辛口採点】
コーヒー豆の通販おすすめランキング【焙煎士が辛口採点】美味しさとコスパを両立させたコーヒー豆のネット通販が知りたい方向け。 現役焙煎士として各店の品質やサービスを厳しくチェックし、コーヒー豆通販ランキングを作ってみました。 できるだけ客観的なランキングとなるように、審査基準も公開しています。...