COFFEE WORK

コーヒー本のおすすめ【現役焙煎士が厳選】ガチな人向け

コーヒーの本おすすめ【現役焙煎士が厳選】ガチな人向け
男性の口コミ
男性の口コミ
コーヒーをガチで勉強したい!
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
そんな方向けの本を3冊、厳選してご紹介します

コーヒー本のおすすめ【現役焙煎士が厳選】ガチな人向け

コーヒーの本おすすめ【現役焙煎士が厳選】ガチな人向け
コーヒー本は初心者向けの本ばかりです。その方が売れるから当然です。

ただ、だからと言うべきか、1冊に全てを詰め込み過ぎなんですよね。

コーヒーとは、
から始まって

コーヒーの歴史やら
コーヒー豆の基本、
生産地の紹介、
品種、
精製方法、
焙煎、
コーヒー器具、
抽出方法、
アレンジコーヒーのレシピ、
全国のコーヒーショップ紹介
こんな内容が定番です。

よくまとまってる本が多いのですが、情報が薄いんですよ。そして、同じような内容の本が、定期的に繰り返し出版され量産されています。

コーヒーガチ勢に向けたコーヒー本て、数が少ないんです。しかも売れないのか、絶版になることが多い。なので、良い本は即決で買っておいた方がいいと思います。

本記事で紹介する4冊は、コーヒーガチ勢、もしくはコーヒーを仕事にしたい人におすすめする鉄板のコーヒー本です。豆や焙煎について深く学べます。

以下のような人に、今回の記事は参考になると思います。

  • コーヒー豆について深く勉強したい
  • 焙煎も詳しく知りたい
  • コーヒー全般、科学的な知見を取り入れたい
  • 商売するのに通用するレベルの知識を得たい

※基本的には、一部を除きコーヒー初心者におすすめできる本ではありません。

動画でもアップしました。


記事読むのがメンドウな方は、
こちらをどうぞ。
(おすすめ本が一部異なります)

 

自己紹介

コーヒー豆や焙煎を勉強するにはこの本【4選】

 

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか

旦部幸博・著

コーヒーの基礎となる部分は、旦部氏の本を読んでおけば間違いないです。
大学の先生で、分析装置を駆使してコーヒーを研究してみたり、世界中の論文を調べて紹介してくれたり、経験と感覚が主だったコーヒー業界に科学的見地を導入してくれました。

内容は、
コーヒーの種と品種
香りとおいしさを科学する
コーヒーの成分
焙煎の科学

焙煎〜抽出、コーヒーの成分、味や香りの考察、健康に対する影響まで、多岐にわたってまんべんなく勉強できます。特に焙煎の仕組みを科学的に考察してあるのが素晴らしいです。

大学教授で言うと、広瀬幸雄という方のコーヒー本もすごく良かったのですが、いまは絶版になってしまってます。

この本をcheck >>Amazon
Kindleでも読めます。

田口護のスペシャルティコーヒー大全

田口護のスペシャルティコーヒー大全

田口護・著

コーヒーの神様、田口氏の集大成。知識編と技術・実践編がありますが、とりあえず知識編だけでもいいかと。

現在のコーヒー専門店はスペシャルティのグレードのコーヒー豆を取り扱ってます。「スペシャルティコーヒーとは何か?」から、仕入れ・焙煎・抽出・販売まで一気通貫で学べます。

技術・実践編は、開業する方向けの細かいノウハウ。焙煎士なら誰もが感覚で分かっていることが言語化されていて、読んでて気持ちいいです。

コーヒー業界のバイブル的な本ですが、少し時代が古い本なので注意。知識も技術も、自分なりのアップデートが必要です。

Kindleアンリミテッド対象の本なので、今なら無料体験で読めます。お値段高い本なので、嬉しいですね。

この本をcheck >>Amazon
無料体験で読む >>kindle unlimited

ビジュアル スペシャルティコーヒー大事典

ビジュアル スペシャルティコーヒー大事典

ジェームズホフマン(丸山健太郎)・著

コーヒーの詳しい産地情報が書かれてる本て、残念ながら無いんです。全世界の現地情報をかき集めるのってハードル高いですし、状況もコロコロ変わりますから。

しかしこの本は、完璧でないにしても詳しく解説しており、紙面の大半を産地の情報に割いてくれてます。めちゃくちゃ貴重な本ですね。

最近2nd Editionが出ました。ただし、値段がまじかよ!ってくらい高い!

普通、買えないよ。。

それでもこの本をcheck >>Amazon

コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために

コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために

石脇 智広・著

著者は、石光商事という業界では有名なコーヒー豆の商社の、研究室の室長さんです。研究職なだけに、色々な科学的な裏付けのある話しをしてくれます。

商社として多くのロースターとの関わりのなかで培った、知見にはキラリと光るものがあります。「商売に使えるネタ」が、この本には豊富に詰め込まれています。ありがちな、コーヒー豆の基礎知識や抽出のやり方などはもちろん記載があり、コーヒー初心者の方が読んでも面白いと思います。

その上で、この本の良いところは、
・生豆の扱い方
・焙煎について
・ブレンドについて
・包装について
・栽培について
と、いうような、プロでも気になる情報が多く盛り込まれており、非常に勉強になります。

この本をcheck >>Amazon

まとめ コーヒーの本おすすめ【現役焙煎士が厳選】ガチな人向け

まとめ コーヒーの本おすすめ【現役焙煎士が厳選】ガチな人向け
こちらで挙げた4冊は、いわゆる入門書的な位置づけではありません。

  • コーヒーを科学的に知る
  • 焙煎や抽出の仕組みを深く知る
  • 産地の知識を掘り下げる

このように、コーヒーに本気の人向けの本となってます。

今はネット上にも情報が溢れていますので、あえて本で勉強する意味は薄くなっています。それでも本が好き、本で勉強したい、という人の為に、あえて3冊、厳選してご紹介しました。もしよかったら、読んでみてください。

ちなみに、コーヒー初心者の方へはこちらの本がおすすめです。
自宅でおいしくコーヒーを淹れるための教科書 (イケハヤ書房)
イケハヤさんが監修(?)のコーヒー本。分かりやすく書かれてるし、よくまとまっています。Kindleアンリミテッドの無料体験でタダで読めます。

今回はこんな感じです。
ありがとうございました!

\ 今なら1ヶ月間無料、2ヶ月間199円も! /
Kindle Unlimited を無料で体験して1ヶ月で解約してみた
Kindle Unlimited を無料で体験して1ヶ月で解約してみたkindle Unlimited の解説記事です。雑誌や書籍200万冊以上読み放題で、30日間無料です。スマホで使うことができます。 すぐに解約しても30日間は使えるので、お金かからず試すことができます。解約方法についても解説します。...