COFFEE LIFE

家でできる基本のアイスコーヒーのレシピ【ポイントは急冷】

家でできる基本のアイスコーヒーのレシピ【ポイントは急冷】

先日のツイート。

アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
今回の記事では、
①アイスコーヒーのレシピ
②アイスコーヒーの分量
③アイスコーヒーに合うコーヒー豆
を解説します。

この記事を読めば、
ご家庭で喫茶店のクオリティと同じアイスコーヒーを楽しむことができるようになります。

家でできる基本のアイスコーヒーのレシピ


アイスコーヒーのレシピといっても、特別なことは何もありません。普通にドリップして冷やすだけです。

抽出方法はペーパードリップです。ただし、メタルドリッパーでも同じレシピで大丈夫です。

アイスコーヒーのレシピにはポイントがあり、
濃く抽出して氷で急冷
これが鉄則です。

アイスコーヒーのレシピ

アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
それでは、アイスコーヒーのレシピを解説します。
2杯分のレシピです。

①深煎りの豆をやや細挽きにします

①深煎りの豆をやや細挽きにします。
量は40gです。

なぜ深煎り?

冷たいコーヒーは酸味を感じやすいです。浅煎り〜中煎りのコーヒー豆を使用すると、少し酸っぱい風味になります。お茶のような感覚でさっぱりと飲むのには良いかもしれません。
しっかりとしたコクがあるアイスコーヒーにする為には、フレンチローストの焙煎度合いが良いです。苦味が好きな方はイタリアンローストで。

なぜ細挽き?

あとで氷で急冷するので、できるだけ濃く抽出する為です。
また、細挽きにすることで苦味成分がより抽出され、酸味を感じにくくなります。

②蒸らす

②蒸らす
蒸らし時間は1分。たっぷり時間を使い、より多くの成分が抽出されるように整えます。

③ドリップする

③ドリップする
お湯の量は350〜400cc。湯温は高めで(90度〜)ドリップします。

④抽出後、氷を淹れて急冷

④抽出後、氷を淹れて急冷
氷の量は150g。
人肌以下の温度にすればOKです。

なぜ急冷?

急冷すると液体に透明感が出て、味わいもクリアなものになります。急冷せずに自然に冷ましてしまうと、成分が凝固してにごり、渋味が出る原因となります。

抽出後に氷を入れるのは、全体を均等に冷やし、より透明感のある風味に整える為です。サーバーにあらかじめ氷を入れて、その上にドリップするやり方が一般的ですが、あまりおすすめできません。

⑤完成!

⑤完成!
氷を入れたグラスに注ぎ、さらに冷やしキンキンにしてお飲みください。

※濃かったら、氷をさらに入れるなどして、濃度を調節してください。

アイスコーヒーレシピの各分量

コーヒー豆やお湯の量です。コーヒー豆の種類や状態によって変わるので、あくまで目安です。

2〜3杯分

深煎りの豆 35〜40g
お湯 350g〜400g
氷 150g〜200g

 

4〜5杯分

深煎りの豆 65〜75g
お湯 650g〜700g
氷 300g〜350g

※コーヒーメーカーで抽出する場合、ハンドドリップよりも少し風味が薄くなります。粉の量を少し多めにするなどして、調節してみてください。

濃度が超重要

コーヒーが美味しく感じるうえで、重要な要素が「濃度」です。心地良く感じる濃度は、人それぞれ異なります。
濃いめに作っておけば、薄めることは簡単にできますので、ご自身で微調整してみてください。

アイスカフェオレのレシピ

<div class="concept-box1"><p>ここにテキストを入力</p></div>
アイスカフェオレは、コーヒーと牛乳を1:1です。

上記で作ったアイスコーヒーに牛乳を同量加えましょう。簡単ですね!

ちょっとひと手間かけた、美味しいアイスカフェオレのレシピも公開します。

カフェラテのようなアイスカフェオレ

100均一で売っているミルクフォーマーを用意。


↑こんなヤツです。

つくり方は、
①ミルクをレンジでチンして温めます。
②ミルクフォーマーを使って泡立て。
③カップいっぱいに氷を入れる。
④泡立てたミルクを注ぐ。
⑤最後にアイスコーヒーを入れる。

ミルクは温め過ぎないように注意してください。50〜60℃くらいで十分です。ミルクとアイスコーヒーの比率は1:1です。

最後にアイスコーヒーを入れるのがポイント。見た目が美しくなります。

ラテのようなオレのような、不思議なカフェオレです。

アイスコーヒーにおすすめのコーヒー豆とは

アイスコーヒーにおすすめのコーヒー豆とは
アイスコーヒーには深煎りのブレンドがおすすめです。

なぜブレンドかというと、ボディが出やすくなるからです。濃厚なアイスコーヒーを飲みたい方、またはアイスカフェオレにしたい方はブレンド一拓です。

国別でおすすめを挙げると、
甘みを重視な方はブラジル。
キリっとした後味を求める人はグアテマラ。
爽やかな風味を求める人はエチオピア。

こんなところでしょうか。どちらにせよ、深煎りのものがおすすめです。

【コーヒー豆】深煎りのおすすめ豆7選【現役焙煎士が厳選】アイキャッチ
【コーヒー豆】深煎りのおすすめ豆7選【現役焙煎士が厳選】コーヒー豆のなかで、深煎りの焙煎に合うものを厳選して紹介します。2つの理由から深煎りに合う豆は、かなり限定されます。 深煎り好きの方が豆選びで失敗しないための、基礎知識を現役焙煎士が解説してみました。...

まとめ 家でできる基本のアイスコーヒーのレシピ

まとめ 家でできる基本のアイスコーヒーのレシピ
アイスコーヒーのレシピ、簡単にまとめてインスタでも公開してます。


アイスコーヒーレシピのポイントをまとめると

  • 深煎りのコーヒー豆を使用
  • 濃く抽出する
  • 氷で急冷する
  • 濃度を調整する

こんなところでしょうか。

アイスコーヒーは劣化しにくいので、大量につくっておけば冷蔵で1週間くらい保ちます。是非、この夏はご家庭で美味しいアイスコーヒーを楽しんで下さい。

今回はこんな感じです。
ありがとうございました!

【ハンドドリップとは?】初心者向けに簡単にやり方を解説 アイキャッチ
【ハンドドリップとは?】初心者向けに簡単にやり方を解説超初心者向けにハンドドリップのやり方。現役コーヒーショップ運営者が、超簡単でおいしく淹れるやり方を解説します。動画解説つき。ちょっとしたコツ、おすすめの器具も紹介。...