全国のコーヒー店

【東京・雑司ヶ谷】珈琲豆焙煎所 Toden Coffeeはコーヒーを志す人の希望になる件

【東京・雑司ヶ谷】珈琲豆焙煎所 Toden Coffeeはコーヒーを志す人の希望になる件
アフロ
アフロ
こんにちは、アフロです。
定年退職後、未経験ながらコーヒー豆売り店を立ち上げ、短期間で軌道に乗っているお店があります。
東京都豊島区にあるToden Coffeeさんです。
この記事を書いた人
この記事を書いた人

 

Toden Coffeeとは

Toden Coffeeとは
都電鬼子母神前駅の降りてすぐ、踏切のそばに佇むコーヒー豆売り専門店です。
 
店内に入ると30種類くらいのコーヒーの生豆が出迎えてくれます。
店内に入ると30種類くらいのコーヒーの生豆が出迎えてくれます。
注文すると、その場で焙煎してくれる仕組みとなっており、焙煎したての新鮮なコーヒー豆を購入することができます。
コーヒー豆毎におすすめの焙煎レベルがありますが、相談すれば自分好みの焙煎に調節も可能。
 
焙煎機はNOVOというジェットロースター。
焙煎機はNOVOというジェットロースター
焙煎時間が短く、5〜7分ほどで焼き上がります。
 
店内の椅子で試飲を楽しむこともでき、その間に焙煎が完了する、という訳です。
店内の椅子で試飲を楽しむこともでき、その間に焙煎が完了する、という訳です。
お店はオーナーマスターが一人で切り盛りしており、親しみやすい人柄なので、安心してコーヒーのことを相談することができます。

 

Toden Coffeeの商品ラインナップ

Toden Coffeeの商品ラインナップ
コーヒー豆のラインナップは粒揃いです。
しかも種類も豊富。
全世界の主要な産地はカバーされ、それぞれのトップクラスの豆が販売されています。

中には、アナエロビックなど希少な豆も。
豆の入れ替わりも多いと思うので、そのときにおすすめの旬なコーヒー豆を、マスターに相談してみてはいかがでしょうか?

 
そして、ドリップバッグも多くの種類がありました。
ラインナップの半分以上の種類がドリップバッグになっているようです。
そして、全てのコーヒーがドリップバッグにもなってました。
店内で手詰めされてますので、市販のドリップバッグと比べると鮮度も良いです。
カップオンの形状なので、しっかりとドリップ感のあるタイプのドリップバッグなのも、嬉しい。

 
店内の焙煎機で焙煎されたナッツも人気とのこと。
店内の焙煎機で焙煎されたナッツも人気とのこと。
食べましたが、確かに美味しい!

 
テイクアウトならドリンク類の注文も可能。
1杯ずつ丁寧にハンドドリップで淹れていただけます。
1杯ずつ丁寧にハンドドリップで淹れていただけます。
(1杯500円)

 

Toden Coffeeの焙煎

Toden Coffeeの焙煎
Toden Coffeeの焙煎は、NOVOというジェットロースター。

短時間焙煎が可能なので、注文後に焙煎をするスタイル。
焙煎は5〜7分程度で完了します。
注文して、試飲のコーヒーをカウンターで楽しんでいる間に、すぐに焙煎が終了してしまいます。

NOVOで焙煎されたコーヒーの特徴は、味わいのクリアさ。
これは、NOVOが焙煎時に発生する煙を大幅にカットしてくれるからこそ、実現できる風味です。
マスターによると、特に浅煎りのコーヒーの風味の際立ち方が素晴らしいとのこと。

NOVOの深煎りは、コゲ味を抑えることができますので、ややマイルドな味わいになります。
「苦味が苦手だけど、酸味も嫌いなので深煎りのコーヒーが好き。」という方にもおすすめです。

 

Toden Coffeeへのアクセス・店舗情報


【住所】 〒171-0032 東京都豊島区雑司ヶ谷2-8-7
【電話】 03-6907-1820
【営業時間】 11:00~18:00or19:00(HPでご確認ください)
【定休日】 月・木・不定休
»公式ページはこちら

 

Toden Coffeeの印象・レビュー

Toden Coffeeの印象・レビュー
駅を出てすぐ、線路沿いの立地で、お店が非常に目につく場所にありました。

店の入り口は広く開放感があり、とても入りやすいお店です。
そしてお店に入ると、左手すぐにNOVO焙煎機が鎮座。
焙煎している様子を見ることができます。

入り口入って右手の壁一面にはコーヒーの生豆が約30種類ディスプレイされています。
強く、注文焙煎スタイルのコーヒー豆売り店ということをアピールしてます。

店の奥には、焙煎を待つ方のためのカウンター席があり、試飲のコーヒーを楽しむことができます。

アフロ
アフロ
小さな店舗ですが、コーヒー豆売り店として合理的なレイアウト。
居心地の良さすら感じるお店でした。

コーヒー豆やドリップバッグなど、商品のディスプレイも素晴らしかったです。
経験から来るものなのか、センスなのかは分かりませんが、とても魅力的なお店作りをされていると感じました。

まだ開業して4ヶ月くらいのお店ですが、雨上がりにも関わらず多くのお店が来店されていました。
多いときの1日の売り上げを教えていただきましたが、もはや1人ではお店を回せないレベル。

半年でこれなので、さらに繁盛することは間違いないと思います。
繁盛するお店は、繁盛店の雰囲気があって、お店を見た瞬間に感じるものですが、このお店にはそれがありました。

オーナーの嶋崎さんは、定年退職後に業界未経験ながら、このお店を開業。
コーヒーや開業のことは、UCCのアカデミーで学ばれたり、私のこのブログや動画を見たりして学んでくださったとのことです。
ご自身でWordPressを使ってお店のHPも作られており、これもイチから勉強したそうです。

このバイタリティとマインドがあれば、何をやられても成功しそうですね。
素晴らしいオーナーさんでした。

今後、開業を志す人に何かアドバイスがないか聞いたところ、
「早めに商工会議所などに行って、相談をすると良い」
とのことでした。

創業について無料で学べる場の紹介や、融資に向けたアドバイスもくれるそうです。
私も行ってみようと思いました。

未経験だけど、自分もコーヒー店をやってみたい!
という方にとっては、とても希望になるお店なのではないでしょうか?
是非、行ってみてください。

アフロ
アフロ
私も、とても勇気をもらいました。
もっと私もチャレンジしていこう・・・!
コーヒー豆専門店【東京エリア】プロが選ぶおすすめランキング
コーヒー豆専門店【東京エリア】焙煎士が選ぶおすすめランキングコーヒー豆専門店の東京エリアおすすめランキングです。プロの焙煎士がワリとガチで評価しました。 メディアで取り上げられるショップとは一味違う、本気でおすすめなコーヒーショップたちです。...
NOVO MARK2、αNOVOのショールームに行って話を聞いてみた
NOVO MARK2、αNOVO焙煎機のショールームに行って話を聞いてみた スケルトンな躯体で豆が焙煎されて変化する様が観察できる、「魅せる焙煎機」です。 あの無印良品が採用した焙煎機でもあります。...