COFFEE LIFE

30歳(代)からのカフェ開業【やることは3つ】

30歳(代)からのカフェ開業アイキャッチ
男性
男性
いま30歳なんだけど、カフェ開業までどうやったらいい?
今のうちに経験しておくべきことは?
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
こんな疑問にお答えします。

30歳(代)からのカフェ開業【やることは3つ】

30歳(代)からのカフェ開業【やることは3つ】
30歳くらいの方で、カフェ開業を目指す方がやるべきことは、次の3つです。

  1. 人間力(社会人力)を身につける
  2. ビジネススキルを身につける
  3. 旅に出る

今の30歳はまだまだ若いです。何にでも挑戦でき、いろいろなものを吸収する力があります。

20代で得た経験やスキルを一度ふり返ってみて、足りない部分を補いましょう。この3項目は、その為のチェックポイントとして使ってみてください。

この記事を読んで行動を起こせば、3年でカフェ開業が現実的なものに見えてくるでしょう。

自己紹介
40代からのカフェ開業は強みを活かそう【未経験でもOK】
40代からのカフェ開業は強みを活かそう【未経験でもできる】40代でカフェ開業を目指す方向け。未経験でもリスクをできる限り抑えて開業する方法を考察します。40代世代のメリットや強みを活かす方向で考えてみました。これは、今まさに私が行っている方法論でもあります。...

人間力を身につける

人間力を身につける

ここでは人間力とは、人と良い関係を築き、物事を円滑にすすめる能力を指します。

社会人基礎力といっても良いでしょう。挨拶や気配り、報連相など社会人としての基本スキルです。

カフェ商売も人と人との繋がりで出来上がっています。

お客様・従業員・取引先・大家さん・ご近所の方など、多くの人と良い関係を築き、応援されるような人じゃないと永続的な成功は難しいです。その為には、まずは人間力をつけること。

学生のときに部活をずっとやっていた、社会人で正社員としてちゃんとした教育を受けている、といった方は、ここをクリアされていることが多いです。

一方で、ずっとフリーターでやってきた方は、ここがまったく成長せずに30代を迎えてしまってる人がいます。かわいそうですが教育を受けてませんので、しょうがない面もあります。

そして恐ろしいことに、本人はまったくそれに気付いてないことが多いです。他人からみたら「残念な人」になっているのに・・・。

考えられる対策としては、

  • 正社員で働く
  • しっかりした上司のもとで学ぶ
  • 本を読む

少し運の要素が入りますが、尊敬できる人との出会いを求めることです。

しっかり指摘や注意をしてくれる人のもとで、自分を成長させること。そのような人との出会いは、一瞬だけ人生ハードモードのように感じますが、貴重な財産となります。
※ただし、愛のある指摘か、愛のない指摘か見極めましょう。愛のない人からは離れなければいけません。

また、気配りなどに言及された自己啓発本を読むのも良いでしょう。

ビジネススキルを身につける

ビジネススキルを身につける

ビジネススキルとは、ひと言で言うならば「収益を作る力」です。

ゼロから利益を作った体験は、適度な自信をもたらしてくれます。その自信は開業へ一歩踏み出す原動力になります。

その為には、利益を作った、という成功体験が必要です。しかも何回も繰り返すことが重要。1回では自信になりにくいからです。

ゼロ→1の売上げを作った経験を積み上げ、「自分には収益を生み出す力あり、再現性もある。」という確信を持つまでになりたいです。

商売は、絶対に予測通りにはいきません。思い通りにいかなかったとしても、このスキルが身についていると、正しくもがけます。挽回し、何とかすることができます。

ただし、今の働いている環境によっては、この「収益を作る力」を伸ばし難い場合もあるかと思います。

対策としては、

  • 営業職など数字を背負う部署に異動
  • 飲食店などの店長に転職
  • 副業をする

おすすめは当然、飲食店店長への転職ですね。直接的に役立つ経験がいろいろあります。ただ、心理的にハードルが高いかもです。

そこで、副業で頑張って結果出すことが良いのではと思います。

副業はブログ・YouTube・SNSなどです。これで収益を確保できるとなると、運転資金の足しになって商売が安定し、メンタルの安定も得られる効果も期待できます。

マーケティング力・リサーチ力・セールスライティングなど重要なスキルが身につきます。試行錯誤をさんざんすることになるので、「収益を作る力」も自然と身につきます。

アイキャッチ
【将来開業したい方の為のカフェ求人】未経験からのキャリア5選【経験談あり】将来的に自分でカフェなどの開業をしたいと漠然と考えている方へ。今からできるキャリア作りと必要な経験。また、具体的に必要なスキルと資金が貯まる方法を実体験を交えながら説明します。...

旅に出る

旅に出る

旅したことがない人には、旅に出ることをおすすめします。

日本国内のカフェをいろいろ巡る旅でもいいですし、思い切って海外行って、コーヒーの生産地に行くなどもよいでしょう。

旅に出ると、日常でまとっていた鎧をまとう必要がなく、自然とむき出しの自分になります。そこに非日常の様々な刺激を受けることになり、自分のなかに凝り固まっていた様々なものが、柔らかく柔軟になります。

錆び付いていた感受性が生き返ることもあるでしょう。多くのインスピレーションがもたらされるかもしれません。

日常の外側に旅に出るからこそ、自分の内側にある答えが見つかる、ということが起こったりします。

漠然とした話になってすみませんが・・・。

まとめ 30歳(代)からのカフェ開業【やることは3つ】

まとめ 30歳(代)からのカフェ開業【やることは3つ】
男性の口コミ
男性の口コミ
30歳からカフェ開業に向かうのって、結局どうしたら一番いいの?
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
極論ですが、最適解を書きます。
  1. 今の職場を辞めて
  2. 旅に出て
  3. 飲食店で店長として働きながら
  4. 職場でゼロから売上げを作る体験をし
  5. 副業で月10万目指す。

これが一番、カフェ開業の実現と成功の確率が高いでしょう。3つではなくて5つになってますね。笑

必ずしもこの通りにいかなくても、もちろん大丈夫です。必要な力はその気になれば、どこにいても身につけることはできます。

私は30歳を普通のサラリーマンとして迎えました。

そこからの30代をふり返ってみると、

・コーヒーの生産国を旅したこと
・ブログやHP作成に挑戦したこと
・営業職からコーヒーショップに転職したこと
・新しい環境に適応できず苦しんだこと
・店長や店の立ち上げの経験をしたこと

このようなことがあり、その全ての経験が今役立っています。

30歳ならばまだまだ時間はたっぷり。余裕です。自己資金が150万円程度貯まり、自信もついてきたら、開業はすぐ目の前です。頑張りましょう。

今回はこんな感じで終わります。

もし、カフェ開業を目指されている方で、ご質問があればお問い合わせフォームからご連絡ください。答えられる限りのことは対応させていただきます。

ありがとうございました!

カフェ開業までの不完全マップ【入門〜上級まで】
カフェ開業までの不完全マップ【未経験〜実践まで】カフェ開業したい方向け。 当記事では、カフェ開業のための情報をまとめました。ぼんやりと将来カフェやりたいなあ、と考えている方から、具体的に開業に向けて動いている人まで、是非ご覧ください。...