COFFEE WORK

【カフェ開業】毎月のランニングコストはいくら?

【カフェ開業】毎月のランニングコストはいくら?
なまけもの
なまけもの
カフェの開業って、毎月のランニングコストはどのくらいなの?
どんな費用がいくらかかるの?
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
こんな疑問にお答えします。

【カフェ開業】毎月のランニングコストはいくら?

【カフェ開業】毎月のランニングコストはいくら?
カフェ開業において、
毎月のランニングコストは、

  • 家賃
  • 光熱費
  • 仕入れ
  • 人権費

以上が大きく関わります。

テナントの家賃によって
大きく変わってきますが、
モデルとなる小さいカフェを想定して
試算してみます。

モデルケース

家賃25万円の小さな自家焙煎カフェ
を開業する場合

  • 売上げ
  • 1日5万円、月125万円を想定してみます。
    このくらいの売上げがあれば十分に黒字に
    なります。

  • ランニングコスト
  • 家賃27.5万(消費税込み)
    水道光熱費 5万
    その他 10万(クレジット決済手数料
    ・通信費・消耗品など)

    42.5万万円がカフェ開業のランニングコスト
    ということになります。

    これに、

  • 仕入れ31.5万(原価約25%で計算)
  • 自分やスタッフへのお給料
  • これらがプラスで発生します。

    カフェ開業のランニングコスト内訳

    カフェ開業のランニングコスト内訳

    家賃27.5万について 

    都内であれば1階のテナントで、
    できれば坪単価2.5〜3万円程度の
    狭い物件が良いです。

    なぜなら、そのようなテナントなら
    ある程度の人通りがある場所なので、

    • ドリンクのテイクアウト
    • コーヒー豆売り

    これらの需要を拾えるからです。

    10坪あれば10席くらい確保できる
    小さいカフェならできます。

    小型(1〜2キロ釜の)焙煎機なら
    置くこともできます。

    地域の方に認知されれば、
    やり方によっては
    売上300万/月程度なら目指せます

    一方で、家賃を15万以下に抑えて、
    完全に自分1人で回す店舗するやり方も
    あります。

    その場合は月の売上げが75万くらいが
    黒字化の分かれ目になるでしょう。

    水道光熱費について

    電気代が高いです。
    業務用エアコンやコーヒーマシンが
    大量に電気を消費します。

    夏場や冬場は4万円程度を覚悟した方が
    いいでしょう

    一方で水道やガスはあまりかかりません。

    その他費用

    人件費を除く雑費は
    基本的には5万円弱程度です。

    かなり余裕をもって、
    ここでは10万円で計算してます。

    クレジット・電子マネー決済の手数料

    クレジットや電子マネー決済を導入すると、
    決済金額の3.5〜4%程度のコストが
    かかってきます。

    コロナ以降、電子マネー決済金額は
    倍増しましたので、もはや導入しない
    ワケにはいかないです。

    立地にもよりますが、売上100万なら、
    3割、30万程度がクレジットか
    電子マネー決済に移ってきています。

    この場合約12,000円の手数料となります。

    ゴミ処理代

    事業者ゴミになるので、
    ゴミ処理に都度お金がかかります。

    45Lゴミ袋を毎日1袋捨てたとして、
    約1万円弱の費用になります。

    通信費

    電話代とネット代です。
    家庭用と変わりません。

    有線放送

    有線に申し込むと3000〜4000円の
    コストです。
    ただし今はアプリでもう少し安い
    サービスが出てきてきますので、
    500円程度で済む場合も。

    その他費用

    筆記具やゴミ袋、洗剤などの掃除用品、
    キッチンペーパーなど、いろいろあります。

    感覚としては毎月1万円程度あれば十分です。

    この他、設備が不具合を起こしたときの
    修繕費やメンテナンス費を考え、
    少し余裕をもって計算します。

    仕入れについて

    フードに力を入れると原価が上がります
    お店のスタイルによってトータルの
    原価率が変わります。

    コーヒー豆売りもする自家焙煎カフェで、
    フードは軽いスイーツ程度とすると、
    原価は売上金額の25〜30%の間に
    収まります。

    月125万の売上げなら31.25万の
    仕入れ費用になります。

    人件費

    この他に、
    自分への給料、スタッフへの給料、
    通勤交通費、法定福利費がかかってきます。

    1日5万円の売上げであれば、
    ギリギリ1人で回せます。

    なので、頑張ればスタッフを雇わず、
    自分1人で運営できます

    ただし、休みや休憩のことや、
    大きく売上げを作ることを考えると
    スタッフは雇った方が良いです。

    スタッフを1人、フルタイムで雇うと
    20万程度のコストになります。

    【カフェ開業】毎月のランニングコストはいくら? まとめ

    【カフェ開業】毎月のランニングコストはいくら? まとめ
    以上のことを踏まえ、
    トータルのカフェ開業の
    ランニングコストを仕入れ費込みで
    計算すると、

    家賃25万円で、
    月125万の売上のカフェの場合
    カフェ開業におけるランニングコストは
    73.75万です

    プラスで、
    スタッフ1人をフルタイムで雇うと20万

    残るのは31.25万。

    このなかで自分への給料を
    やりくりすることになります。
    ギリギリですねw

    ただ、あくまでもこれは最低ラインです。

    スタッフ1人雇うのであれば、
    150万円以上の売上げは十分可能です。
    (200万程度になると、
    もう1人雇う必要が出てきます。)

    ランニングコストに占める家賃と
    人件費の比率はダントツに高いです。

    しかし、売上げをつくるには、
    ここは削れない部分でもあります。

    今回とりあげたモデルケースは
    架空のお店ですが、
    かなりリアルな感じにはなっています。

    カフェ開業における
    毎月のランニングコストは、

    仕入れ費・人件費抜きで
    42万程度かかります。

    普通に考えてリスク高いですよね。

    なので、開業前にネット上で資産作りを行い、
    一定以上の副業収入を構築したらいいのでは
    と考えています。

    毎月の副業収入が10万円でもあれば、
    カフェ開業はかなりのヌルゲーになるのでは。

    ネットで集客ができるようになれば、
    立地を気にしないで商売が可能です。

    家賃や人権費を抑え、
    カフェ開業のランニングコストが
    かなり少なくすることができます。

    私はそこを目指しています。

    今回の記事は以上です。
    ありがとうございました。

    すみません、最後に宣伝です。
    低資金で始める小さなカフェほど、コーヒー豆売りに力を入れるべきです。席数に関係なく、大きく売上を作れるからです。こちらの有料noteでコーヒーの豆売りの方法を詳しく、具体的な事例をもって解説しています。無料部分もボリュームが大きく、有料級の情報を盛り込んでます。
    よかったら無料部分だけでも、どうぞ。

    <<【無料部分あり】自家焙煎店のコーヒー豆の売り方講座【業界歴10年の集大成です】

    コーヒー豆販売で開業する失敗しない方法【鉄則はひとつだけ】
    コーヒー豆販売で開業する失敗しない方法【鉄則はひとつだけ】コーヒー豆販売って、儲かるの?コーヒー豆販売のやり方は?こんな疑問に数々のコーヒー自家焙煎店を立ち上げてきた私が、開業の手順から、コーヒー豆の売り方まで解説します。 コーヒーの豆売りに興味のある方向けの記事です。...