COFFEE ITEMS

ハンドドリップ鉄板の器具を紹介【初心者におすすめ】

ハンドドリップ鉄板の器具を紹介【初心者におすすめ】
なまけもの
なまけもの
コーヒーを自宅ではじめたいんだけど、
どんな器具をそろえたらいいの?
間違いないヤツで、カンタンで、楽なヤツ、教えて!
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
今日はこんな疑問にお答えします。
ドリップは気軽なものです。
実は、220円でハンドドリップを始めることができます。

ハンドドリップ鉄板の器具を紹介【初心者におすすめ】

ハンドドリップ鉄板の器具を紹介【初心者におすすめ】
まずはハリオのドリッパーとペーパーだけあれば大丈夫。最低限、これだけあれば家でコーヒーの抽出ができます。

なぜハリオのドリッパー?

ハリオのV60ドリッパーは以下のことから初心者におすすめです。
・初心者でも効率的でムラのない抽出ができる
・味がクリアで飲み易い
・洗いやすい
・ペーパーがどこでも買える(100均でも購入可)
・安い!(プラスチック製だと300円以下)
>>商品詳細(Amazon)

※コーヒーメジャースプーンはドリッパーに付属してます。買わなくてOK。
※ミルはいりません。豆は、コーヒーショップなら挽いてもらえるので大丈夫。
※一人暮らしならサーバーもいらないです。マグカップの直接落としてOK。私はそうやってます。
※類似品を、100均で購入することができます。品質もほぼ変わりません。
以上の理由からこの2つで十分ですが、これで満足できなくなったら次のステップに進みます。

初心者が買うべき人気のハンドドリップ器具

初心者が買うべき人気のハンドドリップ器具

コーヒーポット

まず優先して買いたいのは、ポットです。細い注ぎ口のポットが発売されています。狙ったところに細くお湯を落とせるので、ハンドドリップがより楽しくなります。

ハリオ V60ドリップケトル シルバー

ハリオ V60ドリップケトル シルバー
IHにも対応。注ぎ口が細長く、狙ったところにお湯を落とせます。2サイズあります。
>>商品詳細(Amazon)

カリタ コーヒーポット ペリカン

カリタ コーヒーポット ペリカン
細くお湯が落とせる、持ち手から注ぎ口までが近く、扱い安いのが特徴。初心者向けです。
>>商品詳細(Amazon)

コーヒーミル

次に優先するのは、ミルです。豆を粉に挽く器具です。香りを保つ為、また酸化を防ぐために、コーヒー豆は飲む直前に挽くのとよいとされています。

ハリオ コーヒーミル セラミック スリム

ハリオ コーヒーミル セラミック スリム
挽き目の調節も容易で、扱いやすい。丸洗いもできて、清潔。価格も安い。
>>商品詳細(Amazon)

カリタ コーヒーミル KH-9N ナチュラル

カリタ コーヒーミル KH-9N ナチュラル
みた目がかわいい。インテリアにもなる。挽き目の調節が、少しメンドウ。
>>商品詳細(Amazon)

コーヒーサーバー

一人分の抽出ならば不要ですが、2人分以上の抽出をするときには、あると便利です。

ハリオ V60 レンジサーバー

ハリオ V60 レンジサーバー
もっと安いハリオのサーバーがあるのですが、こちらの方が洗いやすく清潔に保てます。3サイズあります。
>>商品詳細(Amazon)

カリタ コーヒーサーバー

カリタ コーヒーサーバー
こちらも洗いやすい。フォルムがかわいい。2サイズあり。
>>商品詳細(Amazon)

温度計

CASUAL PRODUCT ティー&コーヒーサーモメーター

CASUAL PRODUCT ティー&コーヒーサーモメーター
必須ではありませんが、あると楽しいです。
深煎りの豆は低い温度で(80〜85℃)、浅煎りの豆は高い温度で(90〜95℃)で淹れると、味のバランスが良くなります。
>>商品詳細(Amazon)

ドリップスケール

ハリオ V60 ドリップスケール

ハリオ V60 ドリップスケール
こちらもなくても大丈夫。ハンドドリップ用のスケールで、重さはもちろん、タイマーがついていて抽出時間が計れます。
蒸らしの時間や、ドリップの速度の調節に便利。これがあると、プロのドリップの再現がカンタンにできます。
>>商品詳細(Amazon)

ドリッパー紹介 カリタウェーブ

ドリッパー紹介 カリタウェーブ
ドリッパーをもうひとつご紹介します。ウェーブ状の専用ペーパーを使用するドリッパーです。
しっかりしたコクを表現するのに優れたドリッパーです。また、少量(1杯分)の抽出もやりやすく、おすすめです。
ただし、ペーパーが専門店にしか売っていないところがデメリットです。
>>商品詳細(Amazon)

ハリオ ペーパードリップ一式セット

ハリオ ペーパードリップ一式セット
ハリオから一式セットも販売されています。とりあえず、これで揃えるのもありですね。
>>商品詳細(Amazon)

コーヒードリッパーの選び方【初心者向け】種類や特徴を解説
コーヒードリッパーの選び方【初心者向け】種類や特徴を解説【初心者向け】コーヒーのドリッパーの選び方。 台形や円すい形、ひとつ穴や3つ穴、リブという内側の突起物の形、樹脂やガラスなどの材質、色々と違いがあってどれか迷いますよね。でも、選ぶときの最低限抑えるべきポイントは、2つだけです。 人気のドリッパーの解説も。...

まとめ ハンドドリップ鉄板の器具を紹介

まとめ ハンドドリップ鉄板の器具を紹介
最初からコーヒー器具全部をそろえようとすると、1万円くらいしてしまいます。また、コーヒー器具が多くの種類が発売され、初心者はどう選んでいいか分からないと思います。

なので、まずはドリッパーとペーパーだけでいいです。これらは、メーカーにこだわらなければ100均で買えます。そうすると200円で家でドリップをはじめることができます。豆はコーヒー屋さんで買うときに頼めば粉に挽いてもらえます。

気軽に始めてみて、どっぷりハマってから色々と器具を揃えるのがいいと思います。めくるめくコーヒーの世界をお楽しみください。

今回はこんな感じです。
ありがとうございました!

【ハンドドリップとは?】初心者向けに簡単にやり方を解説 アイキャッチ
【ハンドドリップとは?】初心者向けに簡単にやり方を解説超初心者向けにハンドドリップのやり方。現役コーヒーショップ運営者が、超簡単でおいしく淹れるやり方を解説します。動画解説つき。ちょっとしたコツ、おすすめの器具も紹介。...