コーヒー焙煎

スペシャルティコーヒー生豆販売ショップおすすめ5選&おすすめ豆7選

スペシャルティコーヒー生豆販売ショップおすすめ5選&おすすめ豆7選
男性
男性
スペシャルティグレードの生豆を買うには、どちらのショップがいいの?
最高の品質のコーヒー生豆はどれか知りたい!

こんな方向け。

この記事を読むと、

  • スペシャルティグレードのコーヒー生豆を販売している、おすすめショップ
  • おすすめのスペハルティグレードのコーヒー豆

が分かります。

この記事を書いた人
自己紹介
YouTubeでもしゃべりました

 

コーヒー生豆どこで買う?【おすすめネット通販4選】
コーヒー生豆はどこで買う?通販おすすめランキング【焙煎士が厳選】【2021年度最新版】コーヒーの生豆のおすすめ通販ショップをランキング形式にしてみました。また、個人でも購入できるコーヒー豆商社3社、現役焙煎士が紹介します。 コーヒー生豆の保存方法についても解説。...

スペシャルティコーヒー生豆販売ショップおすすめ5選

スペシャルティコーヒー生豆販売ショップおすすめ5選
生豆を販売しているネットショップはたくさんありますが、品質はピンキリです。

商社が輸入してきたコーヒー豆を、各生豆ショップが購入し、それを小分けにして私たちに販売してくれます。
個人が商社から直接購入することも、場合によっては可能です。しかし、麻袋単位での販売になり、多くは60kg単位となります(単位は国によって異なります)。

ここでは、個人でも購入しやすい卸売業者さんのなかでも、特にスペシャルティグレードのコーヒー生豆に定評のあるショップをご紹介します。

USフーズ(ユーエスフーズ)の生豆販売

石光商事というコーヒー生豆商社の子会社です。ただし、実店舗を持っていない個人での取引ができるかは、問い合わせてみてください。Amazonのなかで「USプレミアム」という業者名で出品をしており、そちらなら少量から個人で購入可能です。

>>ユーエスフーズHP
>>USプレミアム(Amazon)

松屋珈琲の生豆販売

1キロ単位で購入でき、豆の品質も高いレベルで揃っています。Amazon、楽天でも購入することができ、個人にとっては非常に使い勝手の良いショップです。

>>松屋珈琲(Amazon)
>>松屋珈琲(楽天)

ワイルド珈琲の生豆販売

東京の秋葉原にあるコーヒー卸売りの老舗です。ここの社長は焙煎機も開発するくらい本格派で、コーヒー生豆のラインナップも流石の一言。

>>ワイルド珈琲HP

Wataru(ワタル)の生豆販売

多くの自家焙煎コーヒーショップが利用している、「スペシャルティコーヒー商社の雄」。最低単位が5キロがネックですが、個人でも購入は可能です。
中米に強いイメージがあります。

>>ワタルHP

メイクブラウンの生豆販売

東京の自家焙煎チェーン、やなか珈琲が展開する生豆ショップ。同チェーンが取り扱う選ばれた生豆を少量から購入することができます。

>>Make Brown HP

Amazonのコーヒー生豆販売

Amazonでの生豆の取り扱いも豊富になりました。出品業者がここ1年でかなり増えています。なかでもおすすめは、USフーズが展開する「USプレミアム」と、松屋珈琲ですね。

Amazonで買えるおすすめのコーヒー生豆10選【推奨焙煎レベル付き】
コーヒー生豆 Amazonで買えるおすすめ10選【推奨焙煎レベル付き】Amazonで買えるおすすめのコーヒー生豆を現役焙煎士が厳選してご紹介します。さらに、その豆のオススメの焙煎のレベルも教えてしまいます。 どちらの豆も品質は折り紙付き。なかには、日本で手に入る最高峰の品質のものもありました。...

おすすめのスペシャルティコーヒー生豆7選

おすすめのスペシャルティコーヒー生豆7選
こちらではショップではなく、「スペシャルティコーヒーの生豆でおすすめの豆」を解説します。

コーヒー生豆は選ぶことが難しく、正直、焙煎して飲んでみないと分からないことが多いです。今まで数百種類の豆をサンプルローストしてきた現役焙煎士の私が、厳選してピックアップしてみました。

パカマラの生豆

パーカス種とマラゴジッペ種を交配させて作られた品種「パカマラ」。大粒でハゼ音がしっかりしており、焙煎がやりやすいです。
風味はやわらかな甘酢っぱさがあり、熟したアプリコットなどを感じます。
生産が難しく希少な品種です。

>>パカマラ(Amazon)

パナマ産ゲイシャの生豆

2004年、パナマのコーヒー豆の品評会で激震が走りました。史上最高の高得点を叩き出した豆があり、しかもそれが聞いたこともない希少品種だというのです。「ゲイシャ」が伝説になった瞬間でした。
強烈に弾けるフルーティさが特徴ですが、やはり有名なのはパナマ産です。

>>パナマ産ゲイシャ(Amazon)

エチオピア産ゲイシャの生豆

パナマのゲイシャが有名ですが、原産国はエチオピアです。
遺伝子鑑定でエチオピア西部が原産ということが判明しました。
パナマ産が上品でクリアな果実味という感じですが、エチオピア産は荒々しい濃厚な果実味がします。

>>エチオピア産ゲイシャ(Amazon)

マンデリンビンタンリマの生豆

マンデリンは高品質なグレードのものでも、土臭かったり、枯れ草っぽい味がすることがほとんどです。
こちらのビンタンリマはクリアな苦味に本来の香り高いマンデリンの風味があり、まさにTOP OF TOPのクオリティ。本物のマンデリンを味わいたいなら、この豆をどうぞ。

>>マンデリンビンタンリマ(Amazon)

パプアニューギニア産の生豆

品質が高い割に価格が安いパプアニューギニア産。焙煎もやりやすく、初心者には特におすすめです。
エリンバリと並んで同国最高峰の「ハイランドスイート」を今回はご紹介します。流石のUSプレミアム品質です。

>>パプアニューギニア産ハイランドスイート(Amazon)

タンザニア産ンゴロンゴロの生豆

タンザニア産で注目のンゴロンゴロの農園ものです。
近年、技術革新によってキリマンジャロ以外の地域が注目されるようになりました。その代表格の豆です。
キリマンジャロ以上にクリアでキレイなカップをお楽しみいただけます。

>>タンザニア産ンゴロンゴロ(ワイルド珈琲)

コロンビア産ピンクブルボンの生豆

ゲイシャ種と並び、濃厚なフルーティさが味わえるピンクブルボン。
やはりコロンビア産が並外れた品質を誇ります。果実的な風味と、しっかりしたコーヒー感を両立させた、稀有なコーヒーです。

>>コロンビア産ピンクブルボン(楽天)

スペシャルティコーヒー生豆販売のおすすめ まとめ

スペシャルティコーヒー生豆販売のおすすめ まとめ
コーヒ生豆のショップは数多くありますが、取り扱い品目が多すぎて、品質の低い豆が多く混ざっているのが現状です。
また、品質は実際に焙煎してみないと分からない部分が多く、コーヒー生豆選びはギャンブル的な要素が強いです。

カッピング点数が80点以上のスペシャルティグレードのコーヒー生豆に絞って選ぶことは、確かに有効です。
一定以上の品質が担保されるからです。

ただし、カッピングとは「華やかな酸を持ったコーヒー豆」が高い評価を得る傾向が強く、あくまでも美味しさの「ひとつのモノサシ」に過ぎません。
カッピング点数の低い、スペシャルティではなくコモディティのグレードのコーヒーでも、「スペシャルティよりも美味しいと感じるコーヒー」も数多くあるのも事実です。
スペシャルティグレードは、あくまでも「美味しいコーヒーの確率が高い」程度に思っておくと良いかと思います。

最後にすいません、宣伝です!
私のショップ、アフロ豆でも生豆の取扱をしております。
珍しい豆を中心にセレクトしてますので、よかったら見てみてください。

この記事がコーヒー生豆選びの参考になれば幸いです。
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

コーヒー生豆どこで買う?【おすすめネット通販4選】
コーヒー生豆はどこで買う?通販おすすめランキング【焙煎士が厳選】【2021年度最新版】コーヒーの生豆のおすすめ通販ショップをランキング形式にしてみました。また、個人でも購入できるコーヒー豆商社3社、現役焙煎士が紹介します。 コーヒー生豆の保存方法についても解説。...
自宅でコーヒー豆焙煎する道具おすすめランキング【焙煎士が解説】
【保存版】家庭でコーヒー豆を焙煎する(煎る)道具おすすめランキング自宅でコーヒー豆を焙煎する道具をランキング形式で紹介します。 主に5種類のコーヒー焙煎方法があり、それぞれ必要な道具、焙煎のやり方やコツを焙煎士が解説します。...