COFFEE WORK

40代からのカフェ開業は強みを活かそう【未経験でもできる】

40代からのカフェ開業は強みを活かそう【未経験でもOK】
40代男性
40代男性
40代で未経験だけど、カフェ開業ってできるの?
40代女性
40代女性
いまから準備スタートするとして、何すればいい?
アフロ焙煎長
アフロ焙煎長
こんな疑問にお答えします。

この記事を読むと
40代未経験の方のカフェ開業への道筋がつかめます。

自己紹介

40代からのカフェ開業は強みを活かそう

40代からのカフェ開業は強みを活かそう
40代の年代は、30代までとは異なるアプローチが必要です。
いまからカフェ開業に向けて知識や経験を積むのではなく、今まで培ってきた経験やスキルを活かしてマネタイズする方向に舵を切る。そのワリキリが必要になってきます。

なぜか?
まずは、40代でカフェ開業するメリット・デメリットを見てみましょう。

40代のメリット

  • 家庭環境が少し落ち着く
  • ご家庭がある方は、お子様も成長され少し手から離れてきます。

  • 実体験をともなうアウトプットができる
  • 今までやってきた経験があるので、人の役に立てるものが既に備わっています。良く言われるのが、「過去の自分に向けて情報を発信しろ」です。過去の自分をペルソナにすると、必ずその情報が刺さる人が出てくるからです。

  • 人生がけっぷち
  • もはや人生後がない感が出てきます。行動の原動力になります。

40代のデメリット

  • 家族がいる方は決断が難しい
  • ご家庭がある方は出費も増える時期です。その為、リスクを負うことが難しくなります。

  • アタマが固まってきてるので、自分を変化させることが難しい。
  • 新しいことをするとき、経験が邪魔をするケースが増えます。柔軟さ・素直さはどうしても減ってきます。

40代からのカフェ開業は強みを活かす

40代は、30代以下の年代とくらべても新しいものを吸収する力はどうしても落ちます。

新たに力や技術・知識を身につけることは可能ですが、若い年代と比べると時間もアタマのキャパシティも限られています。

しかし逆に、経験に裏打ちされた技術や知識を多く持っている年代です。働き盛りの年代でもあり、情報を発信するだけのエネルギーも持ち合わせます。

その為、自分自身が今まで培ってきたものを活かすことを考え、それを世の中に対して発揮するための最低限の技術や知識を身につける方向で考えることがコスパが高いです。

40代カフェ開業に向けて取り組むべきは、収益基盤の確保

40代カフェ開業に向けて取り組むべきは、収益基盤の確保
以上のメリット・デメリットを踏まえて、40代の方がカフェ開業に向けてやるべきことは、
「インプットよりもアウトプット」です。

今まで培ってきたものをアウトプットし、収益の基盤を作ろう

具体的な数字目標を挙げると、
アウトプットで
開業前に、収益の基盤を5万でも確保すること」です。
家族いる方なら10万目指しましょう。

これが40代カフェ開業に向けて、優先度が何より高いことです。
コーヒーの勉強なんかしている場合じゃありません。笑 いや、ホントに。

なぜなら、

  • リスクが減り開業が現実的になります。
  • 収益基盤が少しでもあれば、ご家族の説得もしやすいですよね。笑

  • 稼ぐことが商売のトレーニングになります。
  • 商売に必要なスキルが身につきます。個人で5万稼げる人なら、商売を上手にやれる可能性は高いです。自信にもなります。

  • 分の経験や強みを活かして稼ぐことは、何より楽しい。
  • マズローの5段階欲求説、一番上の「自己実現欲求」のレベルで商売をすること。これは、これからの時代、成功の必要最低条件なのではないでしょうか?

今まで3年以上携わってきたものがあれば、人の役に立つ情報発信はできます。また、情報発信でなくても、モノやサービスを売ることでもOKです。
自分の持てるモノを最大限に活用し、手持ちの武器で収益を生み出しましょう。

収益化 取り組むべきツール

自分の武器を活かして収益化を考えるときに、使えるツールは次の5点がメジャーです。

  • ブログ
  • ・・・情報発信の定番ですね。GoogleAdSense・アフィリエイトなどで収益化できます。

  • YouTube
  • ・・・今はブログよりYouTubeと言われています。ノウハウも出そろってきているし、スマホ1台で始められます。

  • ネット通販
  • ・・・baseやせどりなど、やり方の選択肢は多いです。独自商品を作って売ることができればベスト。

  • 間借り
  • ・・・飲み屋などで、営業時間前の店舗を間借りすることも定着してきました。開業を疑似体験できます。

  • イベント出店
  • ・・・気軽に個人で出店できるイベントは地域毎にたくさんあります。同業種は受け入れの枠が決まっていることがあり、コーヒーはライバルが多かったりします。早めにアクション起こしましょう。

    その他にもインスタやツイッターなどのSNSも重要ですね。

    今のタイミングだとYouTubeが一番良いと言われていますが、私自身YouTubeにコミットしてないので、よく分かりません。汗

    自分の興味のある分野、やれそうな分野から手をつけて、アウトプットしてみる。

    そこでマネタイズできるか試行錯誤することによって、商売に必要な筋力が手に入ります。

    【カフェ開業に不安を感じる方へ】役にたたない経験・役に立つ経験将来カフェ開業が不安を感じる。だから色々な経験をつみたい、色々な資格とりたい、勉強したい!・・・これらがあまり意味のないことかもしれません。それをこの記事では説明します。本当に大切なことも。...

    収益基盤の確保とともに、やるべきこと

    収益基盤の確保とともに、やるべきこと
    ブログやYouTubeで結果を出すには時間がかかると言われています。めっちゃコミットしている人で1年、通常は2年以上と言われています。

    その間、同時並行してやるべきことを挙げます。

    繁盛店をとにかく観察

    繁盛店の観察は重要です。飲食で成功している方は当たり前のようにやっています。
    実際に店舗に行って、自分で体験することが大事です。

    見るべきポイントを細かく挙げるとしたら

    1. 立地
    2. オフィス街・商業地・住宅街で客層が異なり、売るべき商品は変わります。その地域を生活圏としている人々のライフスタイル、年収まで想像してみましょう。

    3. 外観・内装
    4. その地域の客層にあった外観か、敷居が低い感じか、ブランド力を高めたい感じかどうか、お客様の年齢層に刺さる外観か、など。

    5. メニュー
    6. メニュー表の作りはじっくり見ます。文字のフォントや配色までチェックしましょう。可能なら写真撮とりたいです。商品のプライスカードも写真を撮っておきたいです。後で役に立ちます。

    7. 商品のパッケージ
    8. テイクアウトカップの印刷、包装資材の素材や柄など、商品の統一感や雰囲気も。

    9. 1日の売上げを想像してみる
    10. 売上げの内訳も計算してみましょう。ドリンクが何杯、フードが何食でいくら、など。想像で良いので。

    どのような狙いで商売をしているのか考えてみて、エッセンスを抜き取り自分のものにしましょう。

    可能であれば食品販売・飲食への転職

    40代でも転職は十分可能です。今の職場に未練がなければ、転職も視野に入れてみてください。

    カフェをやりたいなら、飲食店への転職を。

    できればカフェが良いですが、業態は何でも構わないと思います。発注業者との付き合い方・レジの操作の仕方・スタッフとの連携のとり方、など細かいことを吸収していきましょう。可能であれば、店長職をやって売上げ作りに挑戦すると完璧です

    コーヒー専門店をやりたいならば、食品の小売りをしている会社へ。

    ここを間違う人が多いのですが、
    コーヒー専門店をやるのであれば、カフェよりも食品の小売店に行った方が、効果的です。

    コーヒー豆も食品販売です。カフェとは商売のやり方が異なります。
    お客様の来店動機からして違うので、カフェとは異なったアプローチが必要なんです。それを学ぶには、食品販売のお店、それも専門店で働くのが手っ取り早いです。

    お菓子とかお茶とか、専門店はたくさんあります。

    アイキャッチ
    【将来開業したい方の為のカフェ求人】未経験からのキャリア5選【経験談あり】将来的に自分でカフェなどの開業をしたいと漠然と考えている方へ。今からできるキャリア作りと必要な経験。また、具体的に必要なスキルと資金が貯まる方法を実体験を交えながら説明します。...

    自分の強みを活かす。カフェ+○○で考えてみる

    自分の強みを活かす。カフェ+○○で考えてみる

    「カフェ+○○」を考える

    自身の好きなことや、強みを活かして「カフェ+○○」で商売を考えてみるのも有効です。

    40代は経験が豊富な年代なので、「+○○」を生み出せる何かしらを持っています。それを活かさない手はないです。

    上記の収益の基盤が、この「カフェ+○○」に当てはまると強いです。

    「カフェ+○○」にすると、○○がある分、
    情報発信面でも強いし、集客にも繋がります。
    その為、商売が安定します。

    何より、自分が楽しい。
    そして楽しいところに、人は集まってきます。

    ただし、カフェと相乗効果を発揮する組み合わせにしないと、あまり意味がないどころか、危険です

    成功例でよくあるのは、
    「カフェ+本」、「コーヒー+陶器」、「カフェorコーヒー+パン」ですね。

    カフェやコーヒーを「主」に、「従」となる本や陶器が、その店の特徴となってお客様に強い印象を与えてくれます。

    失敗例としては、
    「カフェ+アパレル」、「カフェ+自転車」、「カフェ+花屋」などですね。

    「主」がどっちなのか、分からないパターンです。どっちも中途半端となり、お客様に選ばれない店になります。

    ちなみに私の場合、「カフェ+心理カウンセラー」を目指しています。
    ただしコーヒー豆売りが得意なので、それも混ぜつつ・・・と、欲張りですね。危険なパターンです。笑

    「+○○」を生み出す、自分の強みとは

    自分の強みが何も無い・・・なんていう方もいるかもしれません。

    そのような人は、自分の強みを探す系の本はたくさん出版されているので、読んでみましょう。過去をふり返って、できたことを書き出してみるもいいし、方法はたくさんあります。

    ないって思い込んでいるのは自分だけで、客観的にみると何かしら武器となるものはあるハズです。40年も生きているんですから!

    また、今からでも強みを作るのは遅くはありません。3年あれば強みはつくれます。今後も何十年と人生が続くなかでの、たった3年です。投資効果、めっちゃ高くないですか?

    ストレングスファインダー2.0とは【才能に目覚めるテスト】アイキャッチ
    ストレングスファインダー2.0とは【才能に目覚めるテスト】ストレングスファインダー2.0やってみました。この診断テストで何が分かるのか、どうやったら受けることができるのかを解説。私の診断結果も公表。「さあ、才能に目覚めよう」本の内容も。...

    捨てるものを決める

    最後に、大切なことを書きます。

    捨てるモノ、犠牲にするものを決めましょう。

    40代は今までの経験があるので、アタマの中も生活も、目一杯詰まってしまってます。新しいものを入れるスキマは、なかなかありません。かといって、キャパシティを大きく増やせる年齢でもありません。

    そこで、断捨離が重要になってきます。

    自分のこれからにとって重要度の低いものに使う時間もお金も、切り捨てていきましょう。捨てた分、そのスペースに新しいものが入ってきます

    私の場合は飲み会、家に持ち帰って仕事をする時間、家でダラダラTVなど見て過ごす時間を切り詰めました。特にTVはもう5年以上見ていません。
    (その変わりYouTubeの時間は増えているという・・・)

    まとめ 40代からのカフェ開業は強みを活かそう

    まとめ 40代からのカフェ開業は強みを活かそう
    40代からのカフェ開業、やるべきことをまとめます。

    1. 強みを活かして収益の基盤、5万をつくる
    2. (家庭がある方は10万)

    3. 繁盛店をとにかく観察
    4. (自分の店の商品ラインナップ・パッケージ・メニュー表やプライスカード、POP細かいところまでイメージできるように)

    5. 未経験の方は、可能であれば転職
    6. (カフェやりたければ飲食店へ、コーヒー専門店やりたければ食品販売店へ)

    7. 強みをさらに伸ばし+○○を作る
    8. (カフェ+○○、の○○を考えてみる)

    9. 捨てるべきものは捨てる
    10. (人生の棚卸し、断捨離をすすめる)

    これらを完璧にやらなくても大丈夫です。

    カフェ開業は、初期投資を少なく抑えれば、大きく失敗することはありません。まずはできるところから一歩踏み出してみましょう。

    40代で開業に向かう方に必要なものは、
    ・収益
    ・自信
    このふたつです。

    「自分の強みを活かして収益を確保する」
    これを実現できれば、一撃でその必要なふたつが手に入ります。

    しかも、これには飲食経験のある・なし、は関係ありません。つまり、誰でも取り組めます。

    今、40代の世代の方へ

    ※ダラダラと書くのでこちらは読み飛ばしてください 笑

    わたしたち40代は、かなりシンドイ世代だったかと思います。失われた20年のど真ん中の世代です。

    バブル期に上の世代が派手に人生を謳歌する様子を眺めてました。しかしわたしたちは、バブルが弾けた後に青春時代をむかえ、社会人になるころには超就職氷河期。フリーターや派遣が量産されたのもこの時期です。

    日本全体の価値観が壊れ、自信を無くし、右往左往してきた、そんな時代の寵児がわたしたちです。

    しかし近年、「自分の好きで生きていく」「嫌われる勇気」「自己肯定感」など、精神的に成熟して自立した生き方が、強く提唱される時代になりました。

    バブル崩壊〜リーマンショック〜3.11で、いったん全部が灰になったあと、その灰を養分にして新しい芽が出てきた、そんな感じがします。

    今回のコロナのインパクトでも、潮流が大きく変わりました。

    わたしたち40代の世代は幸せかもしれません。
    まだ変化に対応し、潮流に乗ることができるからです。シンドイ時代を経験したからこそ、この年齢でも変化できます。

    前時代の濃厚な体験を持ちながら、新時代に対応していくのは、我々世代の特権なのではないでしょうか。わたしたちにしかできない、伝えられること・発揮できること・果たせる役割があるような気がします。

    どうか、自分を諦めず、もがき続けて、対岸まで辿り着きましょう。

    私もコーヒー業界に身を置いていますが、未だ雇われの身で自分のお店を持っているわけではありません。収益基盤の確保、自分の強みを活かすこと、これらはまさに今取り組んでいるところです。

    一緒に頑張れる方がいたら、とても嬉しいです。是非連絡ください。笑

    今日はこんな感じです。

    気がつけば5,000字!
    長々とすみません。ここまで読んでくださってありがとうございました。

    30歳(代)からのカフェ開業アイキャッチ
    30歳(代)からのカフェ開業【やることは3つ】30歳(30代)、カフェ開業したい人向け。どのようにキャリアをすすめれば、カフェ開業を実現し、成功できるのか。コーヒー業界10年、カフェやコーヒーショップ8店舗運営した経験から、理想的なモデルを提示します。...