カフェ開業

小さなカフェ経営するには開業費用はどのくらい?売上はいくら必要?

小さなカフェ経営するには開業費用はどのくらい?売上はいくら必要?
女性
女性
小さなカフェを開業するにはいくら費用が必要?
売上はどのくらい作ればいいの?
男性
男性
どのくらい儲かるの?
失敗しないためのコツは?
アフロ
アフロ
今日はこのような疑問にお答えします。

今回はお金にフォーカスした記事になります。

小さなカフェを経営するための、

  • 初期費用
  • ランニングコスト
  • FL費
  • 必要な売上や利益

これらを解説します。

この記事を書いた人
この記事を書いた人

小さなカフェ経営の開業費用は?

小さなカフェ経営の開業費用は?
小さなカフェ経営に必要な開業費用は、本当にピンキリとなりますが、ミニマム500万と考えて良いでしょう。

ただし、500万円全てを自分で用意しなくても大丈夫です。

カフェ勤務経験があって、事業計画がしっかり作れていれば融資が通りやすいです。
その場合は、自己資金100万円。
融資で400万円。
これで、カフェ経営をスタートさせることができます。

経験がなければ自己資金は半額の250万円ほど用意したいです。
(いずれにせよ、審査があります。)

カフェ開業で融資を受けるやり方【日本政策金融公庫に行ってみた】
日本政策金融公庫でカフェ開業資金について聞いてみた【体験談】カフェ開業の資金を借りたい方向け。 融資のやり方や条件は?いくらまで借りられるのか?自己資金はいくら用意すればいいのか?提出書類ってどんなものがあるの? 実際に日本政策金融公庫に行って、話を聞いてみました。 融資のハードルが思ったよりも全然低くて驚きでした・・・。...

テナント家賃によって大きく変わる

開業費用は、家賃と内装費によって大きく変動します。

安ければ、開業費用がトータル300万円以内で済む場合も十分にありえます。
逆に、1,000万円以上かかる場合も。

500万円という開業費用は、
テナント家賃が10万円
内装費は150万円
を想定してます。

しかし家賃が20万円であれば、開業資金は650万円ほど必要となります。
さらに、もし本格的なエスプレッソマシンかコーヒーの焙煎機を導入するとなると、プラスで100万円くらい費用がかかってきます。

カフェ開業資金の内訳

カフェ開業資金はミニマムで500万円となり、その内訳は、

  1. 物件取得費用(130万〜)
  2. 内装費(150万〜)
  3. 厨房設備(50万〜)
  4. 家具(30万〜)
  5. 材料仕入れ(20万〜)
  6. その他(20万〜)
  7. 運転資金(100万〜)

概算ですが、このようになります。
これは、テナント家賃が10万円の場合です。

アイキャッチ
小さなカフェの開業資金はいくら?【100万円で開業する方法とは】小さなカフェ(喫茶店)開業の最低資金っていくら?その内訳は?安く済ませる方法は?そんな疑問にお答えします。 安く済ませるノウハウ、逆にお金をかけるべきポイントも。ネタバレですが、最低資金は300万より大幅に少なくて済みます。...

開業資金を安く抑えるコツ

ただし上記の500万円は、かなり費用を抑えた数字です。
ここまで各費用を抑えるためには、いくつかのコツとなるポイントがあります。

ポイントは5つ。

  1. テナントの原状回復まえに交渉する
  2. ・・・前テナントが原状回復して物件をスケルトンにする前に交渉し、使えるものは残してもらいます。

  3. 内装業者への見積のとり方を工夫する
  4. ・・・内装業者の言いなりにならないように、やって欲しいことを細かく伝え、予算もハッキリと提示する。

  5. 電気と水道の工事は自分で手配する
  6. ・・・できる工事は自分で手配するだけで、驚くほど費用が安くなる。クラフトバンクを使用する。

  7. 家具や棚は自分で作る
  8. ・・・家具や棚などの造作物は、内装屋さんに頼むと高くつきます。なるべく自分で作ります。
    できないものは、ヤフオクやminneを活用してセミオーダーで作ってもらいます。

  9. 厨房機材は中古で買う
  10. ・・・ヤフオクなどを活用します。
    大手メーカー(ホシザキなど)であれば、中古を買ってもメンテナンスは対応してもらえますので、安心です。

開業資金は、その多くがテナント取得費用と内装費です。
そこで、特に内装費を抑えることによって、開業資金を安く抑えます。

カフェ開業の内装を自分でやる方法【カフェ運営者が細かいノウハウを公開】
カフェ開業の内装を自分でやる方法【有料級・カフェ運営者がノウハウ公開】カフェ開業の内装を自分でやる方のための記事です。 資材や各業者さんの手配のやり方。電気や水道工事など、どのように依頼したら良いのか?消防署への届出は? 素人でもできるように、分かりやすく解説します。...
カフェ開業を可能な限り低資金で!【極限まで初期費用を圧縮するワザを公開】
カフェ開業を可能な限り低資金で!【極限まで初期費用を圧縮するワザを公開】カフェ開業にあたって一番お金がかかる内装費。小さなカフェでも通常は500万かかると言われています。しかしこれを3分の1以下に抑える方法があります。5つの手法を使って、内装費150万を実現する方法を解説します。...

小さなカフェ経営で、売上はいくら必要か?

小さなカフェ経営で、売上はいくら必要か?
小さなカフェの経営では、まずは100万円/月を目指すのが目標になります。
100万円の売上があれば、オーナーひとりで回すお店であれば、黒字になるからです。

そして、売上100万円をつくれたならば、150万円はすぐに達成できます。
そうなると、バイトを雇うステップに進めます。

小さなカフェの損益分岐点は100万円?

損益分岐点とは、その売上を超えたら黒字になる、という黒字への転換点の売上を指します。

小さなカフェの場合、分かりやすく月商100万円と説明しました。

厳密に計算するならば、計算式があります。
損益分岐点 = 固定費 ÷ { 1-(変動費 ÷ 売上高)}
・・・難しいですね。

なので、家賃20万円、週2〜3日くらいのアルバイトを雇った場合でシュミュレーションしてみます。

【売上】
100万円
————————-
【原価(材料費)】
30万円
————————-
【販売管理費】

  • 人件費40万円(自分30万円、アルバイト10万円)
  • 家賃20万円
  • 水道光熱費3万円
  • ゴミ処理費5000円
  • 通信費8000円
  • クレカ・電子マネー決済料15,000円
  • その他雑費42,000円
  • トータル70万円。

    売上が100万円。
    そこから原価(30万円)と販売管理費(70万円)を差し引いて、±0円です。

    ですので、売上100万円/月が、損益分岐点となります

    繰り返しますが、家賃20万円の場合です。
    家賃が10万円であれば、10万円の黒字となります。

    赤字の期間はどのくらい?

    カフェは開業してから赤字が半年間くらい続くと言われています。
    これは本当だと思います。

    ただしその半年間、売上がまったく立たない!
    ということは無いので、最初の1、2ヶ月はともかく、3ヶ月目以降の赤字額は少額です。
    必要以上に不安に思わなくて大丈夫です。

    早く売上を作る方法はいくらでもあり、

    • 1階路面店で出店する
    • 喫茶以外でも(食品販売・テイクアウトなど)売上をつくる
    • クーポン券などで再来店をうながし、リピーターを獲得する
    • MEOに取り組む

    ・・・などです。
    上手くいけば、3ヶ月目くらいからの黒字も十分可能です。

    売上150万の場合の利益はいくら?

    それでは、現実的に上手くいきそうなパターンで、利益を計算してみます。

    1. 人通りの多い通りに出店
    2. テナントは1階路面店
    3. 店の広さは7〜8坪
    4. 家賃20万円
    5. 店内席数は6席
    6. アルバイトは1.5〜2人程度雇う
    7. 食品販売(コーヒー豆)やテイクアウトドリンクにも注力する

    これで、月の売上が150万円の場合には、20万円の黒字になります。

    内訳
    【売上】
    150万円
    ————————-
    【原価(材料費)】
    45万円
    ————————-
    【販売管理費】

  • 人件費 50万(自分30万、アルバイト20万)
  • 家賃 22万(消費税込み)
  • 水道 5,000円
  • 電気 30,000円
  • ガス 5,000円
  • ゴミ処理 7,000円
  • 通信費 8,000円
  • 有線放送 3,000円
  • クレカ・電子マネー手数料 20,000円
  • その他雑費 50,000円
  • トータル約85万円。

    売上150万円から原価45万円と販管費85万円を差し引くと、20万円のプラス。

    これから、開業資金借り入れの返済として月々5万円を支払うとします。
    すると、黒字の20万円から5万円を引いて、手元に残るお金は15万円になります。

    けっこうギリギリ感ありますが、これは、かなり現実的な数字かと思います。

    人件費をもう少し抑えることは可能です。
    しかしスイーツなどに力を入れると、材料費がもう少し高くなります。

    コーヒー焙煎は儲かる?【利益率や焙煎屋のメリットを解説】
    コーヒー焙煎は儲かる?【利益率やメリット・デメリットを解説】コーヒーの焙煎は儲かるか? コーヒーショップが焙煎をやると、7つのメリットがあって割と儲かりやすいです。焙煎の利益の仕組みやメリットを、現役焙煎士が解説します。 焙煎ショップのリアルな儲け事情、公開します。...

    小さなカフェ経営ってどのくらい儲かるの?

    小さなカフェ経営ってどのくらい儲かるの?
    2019年における日本の平均年収は436万円だそうですが、小さなカフェ経営でそのくらい儲けることは可能です。

    例えば売上150万円の場合、

    • 自分の給料が30万円×12ヶ月で360万円。
    • 毎月15万円の利益×12ヶ月で、180万円。(ここから税金が引かれます。)

    売上150万円の小さいカフェならば、アルバイトの人件費を抑えればそのくらいの利益を得ることは、十分できるでしょう。

    ただし、

    • もっと豊かに暮らしたい。
    • もっとお金も稼ぎたいし、自由な時間や休日も欲しい。

    ・・・という方は、売上200万円以上を目指す必要があります。

    そのくらいの規模になれば、アルバイトを数人雇って、彼らだけで店を回せるようになります。
    そうなると、時間もお金も手に入ります。

    そして2年目以降であれば、そのような体制は目指すことは可能です。

    カフェ開業で年収はいくら?【売上と儲けのしくみを公開】アイキャッチ
    小さなカフェ開業で年収はいくら?【売上と儲けのしくみを公開】カフェ開業しても最初は儲からないってウワサ、本当でしょうか?小さなカフェを開業したと仮定して、リアルに計算してみました。その結果、年収は初年度から○○万円に・・・。...

    カフェ経営のランニングコストはいくら?

    カフェ経営のランニングコストはいくら?
    小さなカフェ経営のランニングコストは、ミニマムで70万円程度です。

    これには、自分へのお給料も含まれます。

    カフェ経営のランニングコスト内訳

    ランニングコストの内訳は、大きなものから

    1. 人件費
    2. 材料費
    3. 家賃

    という順になります。
    この3つで、ランニングコストのほとんどを占めます。

    残りは、

    • 水道光熱費
    • クレカや電子マネーの決済料
    • 通信費
    • ゴミ処理費
    • 他、消耗品など雑費

    このような細々としたものがあります。

    カフェ経営の人件費・FL費は?

    カフェ経営のランニングコストのなかでも人件費は、一番大きな部分になります。
    飲食店の人件費率は、売上の30%以下を目指すのが一般的ですが、小さな店舗だと高くなる傾向があります。

    次に大きな部分が材料費、原価ですね。
    原価は売上の30%を見ておくと良いでしょう。

    そして人件費と原価、このふたつの売上に占める割合をFL費といいます。

    例えば、
    売上が100万円
    人件費が30万円
    材料費が30万円
    この場合、FL費は60%となります。
    そして、FL費は一般的に60%以内が望ましいとされています。

    上記、売上150万円のケースの場合であれば、人件費50万円、材料費が45万円なので、FL費は約63%です。

    小さいカフェ開業で人件費はかけるべき?【運営者が本音を語ります】
    小さいカフェ開業で人件費はかけるべき?【運営者が本音を語ります】小さいカフェ開業で、人件費はかけるべき? どのくらいの人件費が適切なのか?人件費をどうとらえ、考えたらいいのか?現役カフェ運営者が本音で語ります。 ネタバレですが、「人件費って、カフェにとって最高の投資」です。...

    小さなカフェ経営するには【費用・売上のまとめ】

    小さなカフェ経営するには【費用・売上のまとめ
    小さなカフェを経営するには、

    • 必要な開業資金は、ミニマム500〜650万円くらい
    • 毎月のランニングコストは、ミニマム70万円くらい
    • 赤字にならないために必要なミニマムな売上は100万円くらい
    • 売上150万円を目指し、豊かになろう

    まとめると、こんな感じです。

    必要な開業資金や必要な売上は、テナント物件の家賃や業態によって、本当にピンキリです。
    でも、やり方によっては、いくらでも小さく抑えることは可能です。

    売上を早く黒字にするためのコツは、

    1. 開業資金を安く抑える
    2. ・・・狭いテナントにする、内装費を抑える。

    3. 集客を容易にする
    4. ・・・人通りの多い通りの1階路面店で出店する。

    5. 売上の柱をいくつか作る
    6. ・・・店内喫茶だけではなく、テイクアウトや物販にも注力する。

    これで、早期の黒字化、そして売上150万円を目指します。

    ネット上では、カフェ開業に必要な初期費用は300万円だったり、1,000万円だったり、色々な数字が出てきます。
    それらは全部本当です。

    自分のやりたいお店やスタイルによって、費用は大きく変わってきます。

    もし、自分サイズの小さなカフェをやりたい!という方でしたら、このブログの開業ノウハウの記事が役に立つと思います。
    色々と他にも書いておりますので、是非一度お読みください。

    アイキャッチ
    小さなカフェの開業資金はいくら?【100万円で開業する方法とは】小さなカフェ(喫茶店)開業の最低資金っていくら?その内訳は?安く済ませる方法は?そんな疑問にお答えします。 安く済ませるノウハウ、逆にお金をかけるべきポイントも。ネタバレですが、最低資金は300万より大幅に少なくて済みます。...
    【永久保存版】自家焙煎コーヒーショップ開業の準備・やり方まとめ
    【永久保存版】自家焙煎コーヒーショップ開業の準備・やり方まとめ将来、コーヒーショップや小さいカフェをやりたい方向け。 コーヒーショップ開業までの流れ・準備・やるべきことをまとめてみました。 席数少なくていいから、カフェスペースも作りたい。自家焙煎したコーヒー豆を売りたい。でも、経験も自信もないし、どうやっていいか分からない。という方は、是非お読みください。 ポイントをまとめてみました。 将来小さいロースタリーカフェをやりたい人は、 この記事をまずお読みください。 ...

    AmazonKindleより本をリリースしました。Kindle Unlimited対応。スマホでも読むことができます。

    カフェ開業したい方向け。
    3年以内に小さなカフェを開業したい人が読む本【資金ゼロ・経験ゼロからはじめる5つのステップ】 Kindle版
    副業を通じてカフェ開業に必要なスキル・お金・自信を獲得していこう、という内容です。
    >>Kindle Unlimitedとは?

    カフェ向けのコーヒー豆売りの教材はコチラ。小さなカフェ開業 コーヒー豆の売り方講座【無料部分あり】